太田知子の いきいき!健康長寿

健康医療ライターで介護予防インストラクターの太田知子が介護されない体づくり、若さと元気をキープする方法について語ります。

「認知症」をテーマに老楽セミナーを開催

2017年07月23日 | 健康 女性 介護予防

今日は、ひとりの老後を応援する団体・リリアンネットの老楽(おいらく)セミナー(7月定例会)。

暑いので、何人来てくれるだろうかと心配したが、13人も来てくれて感激した。しかも80代の女性が3人も。

 

今日のテーマは「認知症―知っておきたい基礎知識と予防のためのエクササイズ」。

医療ライターでリリアンネット副代表の前さんが講師を務めてくれた。

前さんは認知症のお母様を介護した経験を持つ。

 

認知症には、アルツハイマー型、脳血管型、レビー小体型の3つがある。

そのうち一番多いのがアルツハイマー型だ。

2025年には65歳以上の高齢者の5人に1人がアルツハイマー型認知症になるとの推計もある。

しかも、認知症患者の男女比は1対3。女性は男性の3倍も認知症になりやすいというのだから心配だ。

 

最近は認知症の進行を遅らせる薬も出てきている。

しかし、介護現場では薬の服用に消極的な傾向があるという。

前さんのお母様は認知症対応のグループホームに入所したが、そこの介護職員は「認知症は治らないから」と言って、薬の服用には否定的だったそうだ。

介護職員にも医学的な知識が必要だと思うのだが。

 

後半は、私がインストラクターになって予防のためのエクササイズを行った。

国立長寿医療研究センターは、体を動かしながら頭の運動(認知課題)を一緒に行うと、認知症の発症を遅らせることができるとしている。

そこで、ウォーキングしながら引き算をしてもらったり、しりとりをしたり。

ジャンケンゲームで、両手を使うエクササイズも盛り上がった。

 

 

来月のリリアンネット定例会は8月20日。

府中市郷土の森博物館を訪れた後、サントリービール工場を見学し、できたてビールの試飲を楽しむ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インドへの旅(下) | トップ | 高山植物の宝庫、白山に登る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL