A級順位戦最終局

2017-03-18 00:00:26 | しょうぎ
Abematvで中継を見た。10人の総当たりリーグ戦だが、訳あって4対局しか行われない。中継の画面上では4局だときちんとはまるが5局だと困るかもしれない。来年は11人で戦うので、全10回戦となる。いつも一人が空き番だ。もしこの順位戦の後行われる名人戦の前に、誰かが「カンニング疑惑」を言い出して、次の冤罪棋士が3ヵ月の対局禁止を命じられた後に疑いが晴れると、きちんと10人で最終局が迎えられるかもしれない。

9kaisen


5面では一か所にスキマがあくので、6面目として、持ち時間各30分でスペシャル対局コーナーでも作ったらどうだろう。「スキマ名人戦」と題して引退棋士8名の早指しトーナメントとか。


さて、3月4日出題作の解答。

0318k


0318kk


盤の中央に飛車が移動。5五の玉を詰めるのが都詰だが、5五に飛車が移動して詰めるというのは、首都奪取ということだ。

初手に金打ちではなく金移動でもいいのだが、ちょっと悩ましい。

動く将棋盤はこちら


今週の問題。

0318m


嫌われ者の入玉問題。といっても11手詰なので、許してほしい。入玉型なのに桂が二枚もあるが、すぐに使わないこと。

わかったと思われた方は、コメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ正誤判定します。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「日本でいちばん行きにくい... | トップ | 赤穂城を訪れる »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (市橋宗士 )
2017-03-18 11:30:32
葉一郎様
 
  「嫌われ者・・・」って、そうですかね、確かに
  一目見て「やーめた」というのはあることは
  ありますが、今回の図は、駒数も多くないし、
  右下にまとまっているので、「嫌う」ようなことは
  ありません。また、「11手」というヒントを頂けると、
  私でも解けるのでは、とやる気がでます。
  本作は「入玉」図なのに持駒に桂が2枚もある、
  という、「桂をどこに使うんだろう?」と一瞬
  不思議に思いました。まだ解けていませんが、
  5筋の竜に気をつけて詰ましたいと思います。
  桂はあとで使うということは、玉を7、6段目へ
  追うということかな。まず2枚銀を駆使して、
  2枚桂で仕留める、っという感じでしょうか。
  「手筋」モノに弱いので弱点を払拭するためにも
  頑張ります、しばし、お待ちを・・・
  (長文にて、すみませnでした・・・)
                            市橋

  
Unknown (おおた葉一郎)
2017-03-18 15:40:02
市橋様
桂があるということによる推理ですね。
もちろんその通りですが。
Unknown (市橋宗士 No2)
2017-03-19 10:45:56
葉一郎様

 ▲○○○以下▲○○桂まで。
 手数も合っているし、ヒント通りなのでたぶん
 大丈夫だと思います。勿論盤に並べて確認しました。
 九段目の銀の連打が素晴らしい、そして
 1枚目の桂の打ち込みが、痺れる「焦点」打。
 いやー、手筋とはいえ、こういう風に、連続技を
 繰り出さないと、「入玉」図は詰まないんでしょうね。
 いいなー、こんな「手順」の図が作りたい。  
 配置では「金」がちょっと気になるところ、対称的に
 したいなら「と金」の方がいいと私は思うんですが、
 自陣にでは普通はおかしいですよね。
 (すみません、解ける?と気が大きくなってしまって)
                               市橋
Unknown (おおた葉一郎)
2017-03-19 10:50:34
市橋さま
正解です。
こういう風に連続技を繰り出しても詰パラ落選作です。
攻め方の「金」と玉型の「と」の不一致ですが、「と」に統一すると、自陣の「と」という味が悪いし、玉型の「と」を金にすると。余詰発生です。桂が一枚もなくても詰みます。
あと、同一場所に違う捨て駒を放つというめったにない趣向も入ってます。
Unknown (蛇塚の坂本)
2017-03-22 20:49:08
最終手○○○の○○手詰と成りました。
と金の翻弄面白い。
Unknown (おおた葉一郎)
2017-03-22 20:49:48
坂本様、
正解です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL