藤井聡太四段は誰の後継者なのか

2017-08-05 00:00:31 | しょうぎ
加藤一二三氏が引退し「ひふみん」と改名の上、無秩序にテレビに登場。文化人枠ギャラからタレント枠ギャラに変わり、出演料が急増したとも推測される。

トークの中で、多くの将棋関係者が苦々しく感じているのが、氏のこの発言・・

「私は引退しますが、藤井君という良き後継者を得られて・・」

確かにひふみんがC2クラスを落ちて引退した頃、藤井君が同じリーグに入ったのだから、「C2クラスの後継者」と言えば文句はないが、たぶんそういう意味ではないのだろう。

本当は、藤井四段は誰の後継者なのかというと、もちろん羽生三冠(元七冠王)なのだろうか。

一方、羽生三冠は王位戦七番勝負では菅井七段に2連敗と追い詰められている。後継者が現れたので、急に老け込んできたのだろうか

ということで、各棋戦の進行状況を見ると、「棋王戦」が注目だ。次に豊島八段に勝てば、森内九段と対戦し、さらに勝つとおそらく羽生三冠と当たる。ここをクリアできれば、この後は1敗してもまだ復活権があるので棋王獲得が目に見えてくる。近く主催の共同通信社の方と会うので、棋王獲得記念パーティの無償招待券をおねだりしておくつもり。ただしタイトル戦は来年の3月になるわけだ。


さて、7月22日出題作の解答。

0805k


0805kk


盤上の味方の駒を捨てるというよりもタダ取りさせる手法。最後は遠打のミサイル発射で詰ませる。ミサイルを打つのはどちらの国なのだろうか。途中でタダ取りされたり捨てられたのはどこの国なのだろうか。

動く将棋盤は、こちら


今週の問題。

0805m


ヒントは「徘徊」。

わかったと思われた方は、コメント欄に、最終手と総手数を記していただければ、正誤判定します。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 犬山城のしゃちほこ、落雷で破損 | トップ | ヱビスビール記念館から始まった »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (市橋宗士)
2017-08-06 22:34:07
葉一郎さま

  〇不成まで、〇福人詰。
 香筋を如何に通すか、まで。
 今回もサービス問題、ありがとうございます、
 何とか解けたと思います。          市橋
Unknown (おおた葉一郎)
2017-08-06 22:35:36
市橋様
正解!です。
いくつか余詰めがありそうでなさそうな図です。
Unknown (蛇塚の坂本)
2017-08-08 16:46:00
最終手○○○○○の〇手詰み。
○○○3回面白い。
Unknown (おおた葉一郎)
2017-08-08 16:46:52
坂本様
正解です。
少し、しつこい手です。

コメントを投稿

しょうぎ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL