バッタモンのポタリング日乗

松本在住の自転車散歩日記です
  時々余計な話題も

英泉が描いた塩尻峠

2017-05-05 21:05:43 | 街道をゆく
木曾街道六拾九次旅景色は
歌川広重と渓斎英泉の二人の浮世絵師によるもので
この塩尻峠諏訪ノ湖水眺望は英泉が描いたものだ

旧塩尻峠は諏訪側は直線的な急坂で
その途中からは諏訪湖が眼下に広がり
冬の晴れた日には富士山がくっきり見える

描かれている高島城はこの時代には湖のほとりにあったのだ

            
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 街道の風景:八幡宿バス停 | トップ | アルプス絶景の村 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

街道をゆく」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL