広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◇OSS◇読みたい本:「オープンソースの逆襲」(吉田智子著、出版文化社刊)

2007-09-26 21:48:01 | IT・読みたい本
 書籍は、易しく書くと全体像がぼけたり、実像とは違ったものが出来上がったりする。この逆に正確に書くと内容が難しくなったり、無味乾燥になったりする。つまり、易しくしかも正確に書くというのは、簡単そうで難しいのである。オープンソースソフトウエア(OSS)についてもこのことがいえる。OSSの書籍は既に数多く出版されているが、技術的には正確でも理解するのには難しいか、易しく書いてはあるがいまいちピンこない本が圧倒的に多い。そんな不満を解消するのが「オープンソースの逆襲」(吉田智子著、出版文化社刊)である。

 同書の主な読者対象者は「知的好奇心を持っている一般社会人の方」である。しかし、ソフトのプロを自認している人でもOSSの一部分には詳しくても、OSSの全体像をつかんでいる人は意外に少ない。ましてや素人にOSSを簡単に説明できるかというと、自信を持って「説明できる」と答える人はほんのわずかだろう。つまり、この本はソフトのプロが読むと、頭の整理がつくというメリットが得られるはずだ。著者は前書きで「オープンソースの存在なくして、今の情報社会は成り立たない」と述べ、「この本に、その答えはすべて書いてある!」と紹介している。

 つまり、同書はOSSの初心者向けの入門書であると同時に、ソフトのプロがOSSの全体像を把握したいというときに大変有効な書である。同書の中に「オープンソース物語」が数カ所に分けて掲載されているが。これはラーメンの秘伝のスープを題材にして、素人でもOSSとは何かが分かるストーリーとなっている。素人の人にOSSとは何かを聞かれ説明に困ったことがある経験をお持ちの人は、この「オープンソース物語」を基にOSSを説明すれば、「さすがプロ」と尊敬されること請け合いだ。
(ossdata)

http://www.shuppanbunka.com/books/3689/index.html
『ソフトウェア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◇OSS◇米IBMがODF/OpenOffice... | トップ | ◇OSS◇米レッドハット、08年度... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。