バイクと写真と愚痴···

想い出の扉として···バイクとアマ野球が好きな初老オヤジの戯言。あと、酒と、猫と、息子逹と、そして妻が大好きだす。

ヤマト運輸とAmazon

2017年02月24日 05時47分22秒 | 日記
多くの方が違和感を感じていたのかな。

ヤマト運輸内での荷を減らす話しが、とても大きく報道されている。


あまりモノを知らないおっさんも不思議に感じていたのが、Amazon等の無料配送サービス。

こんな安い商品が、
こんなすごい梱包で、
無料で自宅に届くなんて。


昨夜の帰宅時、文化放送の「情報ミックスバラエティ パズル」でも話題になっていた。

✳再配達を頼んで申し訳ない
✳利用者もコスト負担を考えないと
✳利用者の意識が変わる必要がある

と、いったような内容。


ん~~😣  そういうことか?


再配達は、、、
事業者が公式に提供しているサービスに対して、なぜ遠慮する必要がある?
実際にはおっさんも極力、再配達が無いように気をつけているけど、それを公共の電波で、しかも情報番組と謳って宣う事じゃないでしょ。


コスト負担は、、、
これは当然だけど、公正な競走の中でコストダウンの努力をしている。どんなサービスをいくらで提供するかは事業者の判断なのであって、利用者が何かを慮って遠慮しなければならない事ではないと思うけどな。
ヤマトの配送問題を理由にAmazonの利用を控えるとしたら、こんな非関税障壁はないでしょ。
もちろん、従業員の労働条件が適法なものである事は絶対だけど、これは監督官庁の仕事だから。

スーパーだったら、安いモノも高いモノも選択出来る。フェアトレード商品もある。被災地支援の商品も提供される。利用者の意思で選択できるからいいよね。Amazonでも配送を選択できるようにする?
「あなたが利用するのは、この無料配送ですか? それとも有料配送ですか?」ってさ。


利用者の意識、、、
なぜこうなるのか。その前に、現場を泣かせて平気な面している経営者を糾弾する話しでしょう?
でも調査した結果、適法に労務管理がなされていたとしたら。そもそもこんなに騒ぐ事ではなくなるよね。
ヤマト運輸の労使でちきんと結論を出したら良いよ。


佐川急便のドライバーさんが荷物を放り投げる映像が流れた時、とても切なくなった。なぜあそこまで追い詰められているのだろうか、と。


おっさんは、
再配達は有料でもいいし、営業所引き取りでもいいよ。
でも、コストは低いに越したことはないのも本音。


なんにしろ、マスコミから
「空気を読め」
なんて言われる話しじゃないよ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 情報ミックスバラエティ パズル | トップ | プレミアムフライデーですか »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。