宇宙おじさん探査記録

世界は平和かい?今日も宇宙は見ているよ。

国会の茶番、デング熱とエボラ、香港、そして御嶽山と台風と、皆既月食とトルコ。

2014-10-10 14:20:20 | 日記
一体何がこの世界、日本に起こっているのか、
本当にみんな、「何も感じない」か?

本当にどれもが「偶然」で「自然現象」であり、
これらの「現象や事象」に「意味」付けすることは無意味であり、
扇動的であり非科学的で非論理的で
「デマ」を生むだけの有害無益な情報なのだろうか。

例えば「国」。
先日の国会、
基本的に私はもう政治家にも国会にも興味がない、

以前なら、それでも見ておくことは必要だと考えていたが、
今や「完全に」その必要もない、と思うほど
「国会」及び「政治」というものが
如何に茶番かということに確信を持っている。

それは同時に「選挙」や「民主主義」についても言えることだが、
今や「民主主義などどこにも無い」いや、
「そもそも無かった」のが「事実」であって、
いまだに「民主主義」だのといった
イデオロギーを楯に物を言う人間が居ること自体が笑止である。

「選挙で選ぶ権利が保証されている」のは結構だが、
では与党・野党という「選択肢」は
そもそも「選択肢」として
適正だと言えるのか。

例えば、松島なんたらという
女性大臣のウチワ疑惑を追及した野党の人間、
私は、こんな「しょーもないこと」どうでもいい、という考えだが、
少なくとも「問題」だというなら、
「しっかり」突っ込めばいいではないか。

それをこの糞女、ウチワを指して
「うちわに見えますがビラです」と嘯いた。
呆れる。
国民を馬鹿にしているとも思わないのか。

「問題」が問題なのではない。
国会という、国民に対して重要な場、とされる場に於いて、
この慇懃無礼な態度を何とも思わないのか。
誰があの「ウチワ」を見て
「うちわでない」と見える者がいるのか?

煙に撒こうというにしても
あのあからさまな態度によって
それが「成立する」、
この国会、政治、この国、
こういうものを国民は、

「何を見て」「何を考えて」
支持だ不支持だやっているのか。
「茶番」を公然と行う者が誠実な人間か?
大臣であることが是とされるのか?

一方、追求した野党の人間も、
突っ込むだけ突っ込めばまるで
「言うだけ言った」とばかりに
「では、次に」とは何事か。

追求する気が本気なら、
何故最後まで結論を出さない?
とっとと矛を収める辺りで
完全な茶番、演劇だということが判るではないか。

とことんやって破綻するまでやれ。
やれないなら初めから持ち出すな。

安倍政治、マスコミ、何から何まで同じ欺瞞と詐欺に満ちている。
そんな中で、国民には適宜に「ショック」が与えられる。
「ショックドクトリン」と言って、

重要法案を決める時、または議論が起こる時、
911テロ、震災、そういう「ショック」が起こり、
その衝撃のうちに法案が決まり、
それまでの「流れ」が変えられる。

このことはミルトンフリードマンという
シカゴ学派と呼ばれる学者達が提唱する概念であり、
実際にそれに乗じて政治は動いて来た。

その学派に追随する考えの人間が
日本の竹中平蔵であり、
安倍政権に消費増税を指南する経済学者たちである。

今、「スーパー台風」が日本に向かっている。
見事に日本を攻撃する進路を取る。
前の台風もそうだが、
「見事」である。

台風は「海水温が高い」と発達するが、
「これほど巨大な台風が出来るほど海水温が高い」
のだろうか。

日本には早々に秋が来て、
全国的に冷夏だったではないか。
御嶽にしても全く地震の予兆もなく、
「いきなり」噴火するものだろうか。

何故噴火や大地震、大事故の時には
「必ず」UFOが飛来しているのか。
もうこんなもの、
きちんと「検証」すべき段階にあると何故思わないのか。

まだ相変わらず「そんなものない」、
と何の根拠もない
「思い込み」という名の慢心を振りかざして
「煙に撒く」のか。
誰かが公然とやってみせたように。

神戸に近い西宮で、
デング熱感染者が出た。

本人はマレーシアに渡航暦があるのに、
西宮で蚊に刺されたといい、
ウイルス遺伝子も代々木公園のものと同じという。

そんなわけはないではないか。
西宮の学校に通う娘には、
気にするな、と言った。

案の定、市が採取した蚊からは
ウイルス自体1匹も検出されなかった。
デマはマスコミが流すのである。

デング熱もエボラも、
必ず裏がある。

自然発生などしているはずがない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日バッシングと日本人の愚... | トップ | 「アホちゃうか」3連発。ア... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。