歪曲される情報を見る。

日本を馬鹿(馬鹿文系)が叩く、だが、それはどの程度正しいのか?非常に疑問である。

マネーワールド〜資本主義の未来〜平昌は爆発で終わるかもしれず、その結果燃料電池車問題が浮上する?

2016年10月18日 14時19分59秒 | チョン予測された滅亡

今平昌の問題としてはコリアドカンが浮上している。

ソリの会場で氷を作るプラントの安全性が低く、同調が取れないと言うのだ。

最悪爆発するとか?

実は氷などの冷却の冷媒は、フロンがダメになって、色々と訳が分からない状態となっている。

ただ東京の地下にある集中管理エアコンシステムは冷媒が天然ガスなのである。

広大な上に強力なシステムとなると爆発を伴う。

これら問題は笑えないのが一番の問題や気鋭の経済学者とやらにはわからない問題である。

そして連中の吹聴するいのべぇションとやらの中に燃料電池車があるが、これはもっと危ない水素を使う。

この水素は電気分解で簡単に出来るが管理が難しい元素である。

何しろ超流体で、壁沿いに、上に這って上がるガスで、密封が極めて難しい。

これをシトロエンはメインに押し出している。

頭の悪いユダヤ・フリーメーソンには危険の把握能力はないのだろう。

今は、私が幾ら言っても誰も気にしないが、ガスに拠る大爆発が平昌で実現すると、今度は自動車業界の燃料電池に疑念が回るだろう。

それにしてもチョンや虫獄は爆発が好きだな?天津のチャイナボカンに続きヒラマサでコリャボカンとなって、滅亡するのか…。

火元はチョンの火病だったりして…。

毎度毎度チョンの管理能力は無いという事が分かっている。

来年には色々なプレ大会や、その準備が起きるだろう。

そして、その時に、例の爆発システムが爆発してくれると、被害者も少ないだろう。

しかし、その爆発はチョンの当然の滅亡のみならず、別の疑念をも呼び起こす。

まぁシトロエンの株価がどの程度下がるか見ものだ。

ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マネーワールド〜資本主義の... | トップ | マネーワールド〜資本主義の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。