歪曲される情報を見る。

日本を馬鹿(馬鹿文系)が叩く、だが、それはどの程度正しいのか?非常に疑問である。

「トンスランドの外交とは?何ぞや?」答えて曰く「暖簾に腕押し」「河童の川流れ」「蜃気楼」「夜郎自大」「白河夜船」曰く間抜けの極み。

2017年07月13日 23時05分54秒 | マスゴミによる日本経済破綻計画阻止委員会

寅(酒乱)の分際が、アメリカにいきなり行って「日本より対偶をよくしろ!」とほざいたとかほざかないとか?

事実だとしたら、小池ヴァヴァアと同じレベルの「キ印」だろう。

まぁ政治ド素人外交ド素人の私も、まぁ仕事で設計をする時の「プロトコール:外交的挨拶などの一連の儀礼」はソコソコ知っている。

目的=モノなので、図面とか素材とか、加工技術が「勝手な寝言」をホザクバカを「正気に戻す」そうでないと「タダで明日に納品しろ」と大阪の「自称:仕事が極めて出来る奴」はホザクのである。

まぁ営業のジャブは、部長の最長5年通い続けた結果得た仕事なんかから、分かるけど、話が「妙に、浮世離れしたもの」が「3年経って、向こう(コッチ側も)どう考えが変わった?」って、こう、ジャブの応酬が、ある訳ですよ、それが次の2年で「これは…、まぁ予算は言っていてねぇ…、稟議が通ったらだけど…」って風になって「風が吹く」のですよ。

そして、その後3ヶ月毎に、マジモードが図面にも出るわけだ。

「やれれんの?」「やる気あるの?」が「ほほう、こうなったか?」「まぁ、出来る点と出来ない点がはっきりしましたね」と話が噛みあうようになって、それから、実務を確定するために予算問題が色々なレベルで討議される。

この辺は私の業界がそうなのかも知れないが、まぁ錬金術は凄くって、アッチコッチから引き出される。

そりゃぁデカイ財閥系は、魔法のように金が出て来る。だが渋りに渋って5千万円って、財閥なのにそんなものかい!と思うのだけど、まぁ流れとして、会社と会社の大規模で前例のないシステムって、こんなものです。

それと話を関連付けると、安倍首相のやり方は、外務省や経産省などの動きが水面下であったにしても、あんなものだろうと思う。

特にトランプさんとの付き合いは、まぁ或る意味小泉より、大分上手い。中曽根さんの境地に近い。

それに比べると寅(酒乱)の分際は、まぁ思い通りにならないからとホザク自大する夜郎が、急に「トランプ!俺と会って話しせんかい!」と言わんばかりの酷内世論で、それが世界にそれとなく伝わっているにも関わらず、その辺の摺り合わせ無しに、出て行って「邪魔で臭い!チョン、出て行け!」と言われるのは当たり前でしょう。

多分、この状態が寅(酒乱)の分際の現状だと思います。

まぁ元上司の部長の扱いは「儲かるならハイハイ」と行きますが「口程にもない」と、まぁにべもないですよ「何で?何で、あんな、儲けにならない奴に付き合うの?」とまぁそんな感じです。

取り敢えず取引ってのは、商売でも政治でも、同じで「立場」と「長年の関わり」と「今のアドバンテージ」と「今のデメリット」の配分で、相殺できなくても、未来に可能性がある?って言うのを持っていると今ダメでも交渉になるんだけど。

チョンには現在・チョングソ全体が反米・親北で、寅(酒乱)の分際が親北をやりつつ、正面でサードは置けない、条約は破棄する、金がないからスワップしろと、バックもないのに要求ばかりです。

もうビジネスにならない。

4狂婆も、そうですが、もう客観的な、一般人の、一般世界の常識からすれば、それは「かなり変」「大分変」「徹底的に変」「変といえば、これ以上ないぐらい変」最後に「あんたら、チョングソ皆世界に通用せんわ」で終わりでしょう。

『事件』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豊田真由子も蓮舫も松居和代... | トップ | 思うけど「ツタヤ」チャンス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。