にゃおん's blog Ⅱ

いらっしゃいまし~♪

やまや本店 (千葉市稲毛区)

2016年09月17日 | ラーメン!(千葉)

やまや 初訪。

西千葉の千葉大前に、いー感じの 「二郎系」 が出現したとゆー情報を得た。
よしッ、発進だ
。 Goッ!Goッ!Goーーーッ!

 

8/25オープンだという。まだ、ひと月と経っておらン。
未だ断片的な情報しかないが、中々に期待出来そーな雰囲気にござる。

そーいやーあの 大久保二郎 も大学(日大) の真ん前。まさしく同じ構図。
行列シてるかもしれンナーと、11時開店の30分前に現地入り。

さすがに行列は未だなかった。ポール・ポジション。
全ての虚飾を排したスーパー・シンプルな黄色い看板は、本格二郎の証。

11時の開店と同時に店内in。シンプルで明るい店内その空気感や良し。
前夜から決めておいたボタンを、ポチポチッと。

 

■ 『ラーメン(並)』+豚2枚+煮玉子のチケットを、カウンター越しに店主へ。
奥の厨房で諾の声と同時に制作が
スタートだ。

提供の直前、カスタマイズの声が掛かった。胸を張って誇らしく伝えるべし。
全マシ(ヤサイ、ニンニク、アブラ、カラメ、インド玉)で!と^^

 

★着丼。
おおおーーッ、期待通りのカオだ。一切の手加減のない、凄まじい形相ッ!

 

攻め方を思案する。露天掘り方式に決定。
こンだけ満載だと、アタシの腕ぢゃ 「天地返し」 の自信がなくってねぇ~
^^;

美しき白雪の如く頂上に降り注がれた背脂を、心静かに左右に寄せつつ、
先ずはシャクシャクとミネラルたっぷりのモヤシで身を清める。

ドッカーン!と爆裂チャー(豚)。二郎はどこのも凄いがココのは特に凄い。
動かしてみたら、なンじゃーこの塊は!狂ってるゼぇ。

 

どこまでも柔らかくて充分に味が沁みて、しかもこの大きさ。
ったく、なんとゆー幸せだろ。ほぐし豚の方も、こんなに
大量に添えられて。

御約束の濃厚・甘辛スタイルで、思いのほかスッキリとクリアーなスープ。
件の背脂をたっぷりと混ぜてパワード二郎へ。

ココロを鎮めて、呼吸を整えて、箸入れを。 お..重いゼ Baby(ベイベー)^^;
引きずり出されてキた麺が、これだぁッ!

強い縮れ、表層はツルリと滑らか、二郎としてはやや細めの印象ながら、
デフォで固めに茹で上げられた強靭なコシの平打ち麺。

譬え今日一日の行動が制限されてもだ、コイツはマストだ。刻みニンニク。
嗚呼、無我の状態で没頭する、悪魔の作業。

面白いのはコレ。「インド玉」 だって。濃厚なカレー味の 「揚げ玉」 である。
後半戦になると、パラパラとコイツがスープに落ちてキて、

明らかなるカレーの要素が、全体を急速にカレー化し始める。
それはそれは強烈な影響力。二郎とカレーって、こんなにも相乗するのねー

煮玉子は半熟。状態をご覧あれ。この黄身をまぶしてGoッ!楽しいゼェッ!

 

この店、期待通りであった。

大久保二郎 や、ちばから のよーなレベル、とまではまぁいかないにしても、
かじろう レベルでは充分にあるといっていい。

とりわけ、ココのチャー(豚)の大きさと質は、全くもって狂気の沙汰だから、
チャーに狂ったようにまみれたくなったら、この店しかない。

   

今日は土曜だが、"同志" が後客で続々と来訪。
徐々に存在が知られつつあるようで、行列店になる日は矢張り近いかもしれン。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 直次郎(なおじろう)☆^^ | トップ | 直次郎(なおじろう)☆^^ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ラーメン!(千葉)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。