にゃおん's blog Ⅱ

いらっしゃいまし~♪

蒙古タンメン中本 船橋店 (千葉県船橋市)

2016年11月02日 | ラーメン!(千葉)

中本が遂に千葉県に進出!船橋店 初訪。

近々オープン!とゆー情報をキャッチしてからとゆーものの、
いつかいつか、と待ち焦がれてたゼ。

11/2。オープン日の翌日。 Goッ!Goッ!Goーーッ!

めっきり寒くなって、すっかり冬の空気感。
まだ夜は早いンだが、閑散とした静かな "ビビッド南船橋"

よし確かにこの先に存在してるな。逸るココロ抑えきれン。
気付けば、小走りになってる自分。

 

店舗は、あの出口を出て左だとゆー..
外へ開口したポジショニング..  うわぁ
ッ、なんだこれはぁ!

ンだぁこの大行列!皆狂ってるゼ。日本の明日が心配だ。
冷たい雨に凍えながらの外並び。でも心はアツい。

命の危険から解放されてホッとひと息、の中並び。
順に券売機でチケットを購入し、OPと共にスタッフに伝達。

■ 『北極ラー』 +半熟味玉 を、辛さは 【3倍】 で。

これまでの経験の果実なのだ。現在の自分に最も適った、
[倍数] を指定出来るよーになったのだ。

漸く着席。ずーっと先に続いてる細長いカウンターの奥へ。
すぐに着丼。早いネッ^^

溶鉱炉の如くタギリまくってる、鮮烈に真っ赤な地獄の池。
汁麺と呼べるギリギリ 【3倍】 の形相。

もやしアイボリーとのコントラストが、眩暈するホド美しい。
天才的な、"実" と "美" の饗宴である。

すべての要素を、ガシィッ!と受け止める低加水の極太麺。
この麺以外の選択など、微塵も考えられン。

半熟味玉の黄金の黄身を、たっぷりとまぶしてから口中へ。
%&×■○%&×■…!?£%ーーーーーッ!!!

 

クオリティにおいて、他店に全く遜色ないことに安堵した。
まぁ、新店は総力上げてやるからねぇ、当然か。

少し時間を置きほとぼりが醒めた頃、改めてまた来てみよう
軸足が定まるのを、是非この眼で確かめたい。

いや、行列は知名度UPで、更にエスカレートしてるだろうねぇ^^;

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 直次郎(なおじろう)☆^^ | トップ | 直次郎(なおじろう)☆^^ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ラーメン!(千葉)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。