OSQZSS

オープンソース準天頂衛星(QZSS)受信機

AndroidでRINEX

2017-09-07 08:17:51 | Android
GNSS RAWデータ対応のAndroid端末からRINEXファイルを
生成してくれるアプリが出ている.

Google Play: Geo++ RINEX Logger

Nexus 9で動作確認が取れているので,後で試してみよう.
BeiDou対応のHuawei P10を購入すべきなのだろうか.

【追記】久しぶりにNexus 9を起動.
最新のパッチで,GLONASS衛星番号のbugがfixされていた.



Geo++ RINEX Loggerは,ログの開始と停止しか機能がない.
受信している信号の強度やskyplotくらいは表示して欲しい.



RINEXファイルは問題なく生成できているようです.
Nexus 9なので,GPSとGLONASSのみ対応.



Geo++ RINEX Loggerの説明を読むと,ほぼすべてのAndroidデバイスで,
消費電力を節約するためにGNSS受信機はduty cyclingで動作しているらしい.
そのため,GPS信号を連続して追尾できず,搬送波位相にサイクルスリップが
多発するようだ.

唯一,このduty cyclingの機能を回避できるのはNexus 9だけらしい.
記録されたRINEXファイルをざっと眺めてみたけれど,搬送波位相の
cycle slip indicator flagは,ほぼ0になっている.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Command Promptの起動 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Android」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL