OSQZSS

オープンソース準天頂衛星(QZSS)受信機

フロントエンドの接続

2011-10-29 14:58:07 | FPGA
SiGe社のフロントエンドICであるSE4110Lの評価基板が
手元にあったので,とりあずDE0-Nanoに接続して信号を
取り込んでみることにしました.

DE0-Nanoに取り込んだ信号は,ラッチした後にGPIOピン
から出力し,それをカメレオンUSB FX2でPCに取り込み,
ソフトウェア受信機で受信を確認します.



数年ぶりのFPGAで,たったこれだけに一時間も掛かって
しまいました…

module signal(CLK, SGN, MAG, CLK_Out, SGN_Out, MAG_Out);
   input CLK, SGN, MAG;
   output CLK_Out, SGN_Out, MAG_Out;
   reg SGN_Reg, MAG_Reg;
	
   assign CLK_Out = CLK;
   assign SGN_Out = SGN_Reg;
   assign MAG_Out = MAG_Reg;
	
   always @(posedge CLK)
   begin
      SGN_Reg <= SGN;
      MAG_Reg <= MAG;
   end
endmodule


PCに取り込んだ信号は,ソフトウェア受信機で無事に受信が
確認できました.FPGAに信号が正常に取り込まれてさえいれば,
後はソフトウェア受信機の相関処理と同じデジタル信号処理です.

がんばってNAMURUを移植しよう.

ジャンル:
ウェブログ
キーワード
フロントエンド デジタル信号処理
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« A-GPSの特別講演 | トップ | フロントエンド基板の設計 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。