OSQZSS

オープンソース準天頂衛星(QZSS)受信機

3アンテナGPSフロントエンド

2013-12-20 12:18:13 | FPGA
ロケット搭載用のマルチアンテナGPS受信機開発に向けて,
まずは3アンテナのフロントエンド基板を設計しました.



以前は1個からでも500円ほどで購入できたMAX2769が
値上がりしてしまい,今では1個1,000円以上.

そこで,今回はSkyworksのSE4150Lを試してみます.
こちらは,1個300円程度.

基板1枚に3個搭載するので,無視できない価格差です.

インターフェイスはTerasicのDEシリーズにも,
DigilentのPMODにも対応できるようになっています.

部品実装はこれからですが,1月中には動くようにしたいな.
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Smart Prototyping | トップ | DE0-NanoでQsys »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL