OSQZSS

オープンソース準天頂衛星(QZSS)受信機

GNSSフロントエンド

2011-11-09 07:52:13 | FPGA
MAX2769は優れたフロントエンドなのですが,L1バンドにしか対応していません.
電離層遅延除去のために複数周波数に対応させようとすると,ワイドバンドの
フロントエンドが必要になります.

ソフトウェア受信機では,MAX2112が広く使われていますが,ADCは外付けに
なります.リファレンスクロックの周波数にも上限があり,ADCのサンプリング
クロックとの同期を取るために,PLLが必要になったりもします.一番困るのは
衛星TV用のチップであるため,RF入力端のインピーダンスが75Ωであることです.

Direct Conversion向けのチップが他にないものかと調べてみたら,
Linear TechnologyのLTM9004が良い感じです.
評価基板も提供されていますので,試しに購入してみようかな.

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« GPSロボットカーコンテスト | トップ | 職業病 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。