Osaka Spiritual Cares

前世療法「光との対話」を駆使して、大阪でスピリチュアル・ケアを実践しています。ご一緒に、人生を楽しみましょう。

ごきげんさん 2016.10.15.

2016年10月15日 | Weblog
今日の土曜外来は、肩こり・肩痛の患者さんが続きました。

肩こりから後頚部痛へ、そして筋収縮性頭痛へと波及する肩こりさんには、葛根湯が効きます。

しかし筋収縮性頭痛のない肩こりさんには、葛根湯は効きません。

もちろんロキソニンなどの消炎鎮痛剤も効かないですし、肩をよけいに冷やしてしまうだけです。

ここは大八木流打鍼の出番です。

鼠径部に圧痛が出ているのは、解剖学的な筋の起始停止の関係上での肩こりです。

痛い側の背筋(ヘレ肉部分)もわずかに腫れています。

治療法は、鼠径部圧痛点への打鍼です。

それもまるでホメオパシーのように、打鍼が軽ければ軽いほどよく効きます。

このタイプの肩こりの患者さんは、姿勢に問題がありますので、生活指導として、正座で書道・ダンス・仕舞をお薦めします。

普段、歩くときも、丹田にグッと力を入れて、背筋を伸ばして、COOLな姿勢を心がけていただきます。

これだけで肩こり・腰痛が治ります。

鼠径部の圧痛は、気血と自律神経系の滞りでもあるので、この滞りを解放してあげると、倦怠感、肥満、むくみ、自律神経失調症などの冷え・悪血・水毒の症状が改善していきます。

頭から足の先までの気血・自律神経が通ると、運気がアップしてきます。

目力が出ます。

頭の回転が速くなります。

やる気、元気が出てきます。

オーラが輝きます。

ワンランク上の仕事も彼氏彼女も引き寄せてしまいます。

丹田を冷やさないこと=普段の姿勢を正すべし です。

生活指導を受け入れてくださる患者さんは、素直で、意識レベルが高いです。人相も良いですよ。

生活指導など馬耳東風な人たちは、お薬が大好きです。

薬を飲んで、とりあえず症状を抑えて満足です。

その薬が冷え・悪血・水毒をどんどん悪くして、自然治癒力も免疫力も衰えてしまって、全身にさまざまな症状・病気をもたらしてきて・・・薬地獄に墜ちていきます。

最後は、高血圧薬・糖尿薬・高脂血薬・抗癌剤で薬殺されます。

私も急性期症状にはお薬を使いますが、慢性期疾患には、やはり生活指導がベストな治療だと思っています。

医者に薬をもらって治してもらう・・・な患者さんは一見さんで再診されません。

医者に生活指導・養生法を教えてもらって、自分で治す。

そんな当たり前のことに目覚めた人たちは、人生も輝いています。

ステキですね。

ほんものの健康がわかっておられる皆さんが、ゆっくりですが着実に増えてきているのを実感しています。

感謝&感謝 ありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごきげんさん 2016.10.14. | トップ | ごきげんさん 2016.10.16. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。