Osaka Spiritual Cares

前世療法「光との対話」を駆使して、大阪でスピリチュアル・ケアを実践しています。ご一緒に、人生を楽しみましょう。

ごきげんさん 2016.10.13.

2016年10月13日 | Weblog
「易経を勉強されているのですか?」とお尋ねいただきました。

易経の由来は、紀元前3000年頃の三皇時代(伏羲、神農、黄帝)の伏羲が易の八卦を作ったとされています。

では、今日、このブログと繋がった方の「これから」の卦を立ててみましょう。

震 ー ー  雷水解の初爻
  ー ー
  ーーー
扻 ー ー
  ーーー
  ー ー○

彖辞(←周の文王が64卦に辞をかけられました:紀元前1100年頃)
解は、西南に利(よ)ろし。往く攸(ところ)なければ、其れ来り復(かえ)りて吉。往く攸あれば、夙(はや)くして吉。

彖伝(←孔子が64卦の解説を書かれました:紀元前500年頃)
解は険にして以て動く。動きて険を免(まぬが)るるは解。解は西南に利ろしとは、往きて衆を得るなり。其れ来り復りて吉とは、すなわち中を得るなり。往く攸あれば、夙くして吉とは、往きて功あるなり。天地解けて雷雨作(おこ)り、雷雨作りて百果草木みな甲柝(こうたく)す。解の時大いなる哉。

象伝
雷雨作るは解。君子以て過ちを赦し罪を宥(なだ)む。

解:解く、解ける、緩むの意味。

卦:内卦は扻=水で冬、外卦は震=雷で春であり、暖かい。
外が春となり暖かくなって氷が解ける、寒気が緩むの象から、解という。

解は、解ける、解消するの意で、今までの苦労が解消したならば、平穏にしているのがよい。
解消すべき事がなければ、自分の居るところに帰って安静にしていれば吉である。
まだ解消しなければならない事があれば、早く解決するように努めて吉である。

この卦は、解ける、今までの悩みや苦労が解けて吉となる。
しかし、苦労や悩みがない場合は、今までの順調が解けて凶となる。

今まで苦労の中にあった場合は良好運で、これから苦労が解けて好転し、漸次明るくなり良くなっていきます。
これまで順調だった場合は慎重運で、これから順調が解消して次第に不調になります。
病気は快方へ向かいます。

初爻
咎なし。

象伝
剛柔の際りは、義咎なきなり。

何事も目上や上司に従えば次第に良くなる。
人の援助で苦労から脱出できる。
元気な人に従うこと。
新しい交際が芽生える時。
新たな望みが生まれる時。


このブログに繋がっている方々は、すばらしい! 吉兆だ! な方ばかりだと思います。

人は動いているからこそ、吉凶に出会います。

がんばればがんばるほど、凶事も手強く、大きな壁となって立ちはだかってきます。

でもそれは、日々、動いてる証です。

陰陽は絶えず流転しています。人も動いてこそ、この宇宙を生きることができます。

文王も孔子も、動かない人は問題外ですので相手にしていません。

動いているからこそ、今は止まれ、戻れ、今こそ行け!と示してくれます。

易経はまるでマラソンの監督ですね。

ここはペースを抑えろ! 今だ、スパートだ! と叫んでくれます。すべては優勝 栄冠のためです。

(実は、雷水解の卦で・・・ホッとしてます。四大凶卦っていうのもありますからね)

病気が治る卦ですから、最幸です。

ただし、まだ初爻ですから、回復の始まりです。

時間はまだまだかかりますが、必ず治っていきますよ。

吉を極めると凶へ向かいます。凶も極まると吉に向かいます。これが陰陽であり、この5000年あまり続いてきた陰陽宇宙の大原則です。

雷水解は、ちょうどその真ん中です。

向いている方向が春から夏へ、なのが良いですね。ワクワクしてきます。

これまでの苦労と努力が報われます。

新しい出会い、天職が待っています。

病気が治ったら、何をしましょうか? 今から計画を立てましょう。

足下の氷が解けると、一年で最も美しい春を楽しめます。

花々が一斉に咲き出すように、あなたの花も誇らしげに咲くでしょう。

そんな希望に充ちた早春の卦「雷水解」をプレゼントします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごきげんさん 2016.10.12. | トップ | ごきげんさん 2016.10.14. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。