Osaka Spiritual Cares

前世療法「光との対話」を駆使して、大阪でスピリチュアル・ケアを実践しています。ご一緒に、人生を楽しみましょう。

ごきげんさん 2017.1.25.

2017年01月25日 | Weblog
「刺絡療法」では、手・足の十井穴刺絡、頭部の経穴経絡への鍼、首周六合・眼周経穴・衞氣の打鍼の後、身体の反応経穴経絡の打鍼を施術します。

「服を着たままの上から手をかざすだけで、よくツボがわかりますね」と驚かれることがよくあります。

冬の冷たい手で触診するのも申し訳ないので、できるだけ直接触れないで「切診」しています。

反応している経穴経絡は、それなりの「氣」を発していますので、手で感じ取ることができます。

深い、強い邪気・悪血・体毒の渦巻く経穴経絡には、少しだけ軽く触れるだけでも邪気・悪血・体毒を祓い、経絡を疎通させることができます。

服の上から触れるだけでも「先生の手はとても温かくて気持ち良いです」と喜んでいただけるのは、手が温かいわけではなく、患者さんの滞っていた経穴経絡が流れ出して、新しい氣血エネルギーが循環してきたのを感じておられるわけです。

「氣」とは何ですか? と、よく尋ねられます。

氣とは波動です。光の波動にとてもよく似ています。

同じ化学構造式でも、右手・左手の関係の不斉体:キラル:鏡像体で全く作用が異なるように、

光と氣はよく似た波動ながらも、この世での作用は大きく異なっています。

この世の生物の身体を作っているアミノ酸のすべては(L)体ですが、

この(L)体の生命エネルギーとなるのが氣であり、光は鏡像関係のいわば(D)体の氣とも言えます。

朝日&夕日の光だけで(一切食事を摂らずに)生き続けている人たちは、(D)体の氣の光を体内で(L)体の氣に変換する術を得ていると推察できます。

この世は光で満ちています。

鏡の向こうから見れば、この世は生命エネルギーで満ちているように見えるでしょう。

この宇宙の95%はダークマター&ダークーエネルギーです。
(ダークマター26.8% ダークエネルギー68.3%)

この宇宙を鏡の向こうから見れば・・・この宇宙は光で満ちあふれていることでしょう。

そんな光で満ちあふれている宇宙をもう一度、鏡の向こうから見てみれば、

68%の氣のエネルギーと27%の魂の想念体が見えるのかもしれません。

何より面白いのは、そんなこの世の鏡面体、宇宙の鏡面体が、「今」この この場所、この時間、あなたと私のすぐ隣に広がっているということです。

五感を超越すると感じ取れる・・・それが鏡面体の世界なのです。そして、そこに「氣」はあります。

人が亡くなるとき、重量としては変化しませんが、抱えていると「フッと軽くなった」感覚があります。

魂に重さはあるのか? という議論がありますが、

亡くなった時、魂はスッと鏡面体の世界へ戻っていってしまいます(ダークマターへ)。

この世の「重さがないから魂はない」という議論は幼稚だと、鏡の向こうから笑い声が聞こえてきそうです。

神殿の鏡には神さまが宿ります。

あの鏡の中に入ると、そこは虚無の世界でした(入ったことのある私(;^^)ヘ..)

その虚無の世界で、確かにダークマターを感じ取れました。

縄文の日本人は、あの鏡を介して、鏡面体の世界と繋がり、ダークマター&ダークエネルギーを引き出して使っていたのでしょう。

アトランティス&レムリアでは、そのエネルギーの使い方を誤り、大陸を海に沈めてしまう結果を招いたのでしょう。

「氣」は、このようにとても奥の深いエネルギーなのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごきげんさん 2017.1.24. | トップ | ごきげんさん 2017.1.26. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。