Osaka Spiritual Cares

前世療法「光との対話」を駆使して、大阪でスピリチュアル・ケアを実践しています。ご一緒に、人生を楽しみましょう。

ごきげんさん 2016.12.7.

2016年12月07日 | Weblog
「ガンの再発を予防できますか?」

2年前にガンの3大療法を受け、以後ずっと抗癌剤を服用されている方からのご相談がありました。

体調はやはり手術後から不良のままだそうです。主治医に体調不良を訴えても、抗癌剤には言及せず、心療内科へ廻されそうになりました。

「抗癌剤をやめて再発しても・・・」との脅し文句付きです。

「刺絡療法で交感神経ー副交感神経のバランスと氣血・陰陽のバランスを整えていけば大丈夫です」とお答えしました。

ガン3大療法と2年間の抗癌剤で、自律神経は極度のアンバランスに至っていることでしょう。

氣血の流れ、経絡もいたるところで滞り、冷え・悪血・水毒・薬毒で体中がボロボロになっていると推察されます。

脳深部ー脊髄ー仙骨の冷え・水毒・薬毒もひどいものでしょう。

つまり・・・免疫力も自然治癒力も危険な状況ですので、確かに「いつ再発してもおかしくない」と言えます。

刺絡療法は、

1)手・足の十井穴刺絡

2)百会・つむじの刺絡と頭部経絡への鍼

3)躯幹ー手・足までの反応経穴経絡への打鍼

4)仙骨への手鍼

5)丹田・仙骨への灸補法 から成っています。

交感神経と副交感神経のバランスを整えると共に、
頭から足裏へ、足裏から頭頂へと経穴経絡を通じて氣血水がダイナミック&美しく流れるように整えることで、免疫力と自然治癒力を最大限に発揮できるようにします。

末期ガンを治すことを主眼とした治療ですから、ガン予防には十二分に力を発揮してくれます。

副作用は、自律神経系が復調してくる時の「ゆりもどし」瞑眩反応と抗癌剤:薬毒の排泄による瞑眩反応が考えられます。

発熱・発疹・下痢・嘔吐・痰・じんましん・脱毛・過食・多汗・頭痛・眠気・不眠・手足のしびれなどの神経炎症状などの瞑眩反応も考えられます。

刺絡療法の他には、玄米菜食・発酵食品・グルテンフリー そして小食療法も必須です。

この方には、とても納得して喜んでいただけました。
(関東の方なので、通院できない・・・そうですが)

すぐ後に、成長ホルモン療法希望の患者さんから
「ガンも若返る可能性があるってパンフレットに書いてありますが、大丈夫でしょうか?」とのご質問がありました。

成長ホルモン療法の患者さんには、月1回の薬剤交換&診察時に、刺絡療法を行っています。

「ガンが治るくらいですから、ガンになる前に予防できますよ!」

氣血水の滞りがガンの元です。これは体表観察で分かります。

十井穴刺絡をすると、交感神経の過緊張度が分かります(これもガンの元です)

PETやCT、血液の腫瘍マーカーは、検査止まりですが、

刺絡療法は検査と治療を同時に行ってしまいます。これが強みですね。

もちろん成長ホルモン療法を受けられる患者さんは、ガンに関しては100%自己責任であることには変わりありませんが、刺絡療法を毎月受けることで、どんなガンドックよりもガン予防効果がある!と言えます。

何より、20才も若返って、生きる悦びと感謝を謳歌している笑顔の人は、ガンとは無縁でしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごきげんさん 2016.12.6. | トップ | ごきげんさん 2016.12.8. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。