Osaka Spiritual Cares

前世療法「光との対話」を駆使して、大阪でスピリチュアル・ケアを実践しています。ご一緒に、人生を楽しみましょう。

ごきげんさん 2016.10.8.

2016年10月08日 | Weblog
氣血免疫療法の故 福田稔先生の遺作を読むと、

患者さんの身体を診ると、氣血が滞っている穴が見えてきて、そこを刺絡して万病を治しておられたのがよく分かります。

視覚で見ているのではなく、第三の目で感じ取って見えている境地です。

上医の境地ですね。

アイスマンの刺絡の跡から、彼は座骨神経痛だったことが分かっています。

大昔はシャーマンの時代です。

きっと氣血の滞りの穴を診て、刺絡して治していたのでしょう。

民間療法の抜缶療法も、昭和の終わりまで残っていましたが、これもまさしく刺絡&吸角療法です。

縄文時代からつい最近まで、刺絡は医療としても民間療法としても伝承されてきました。

効くものは効く。

福田稔先生は、交感神経・副交感神経のアンバランスと免疫力・自然治癒力の関係を明らかにすると共に、その治し方として刺絡に辿り着かれました。

その行程は難行苦行の連続でしたが、天恵として、氣血が見える目を開眼していただけたのでしょう。

今月から漢方診をしながら、脳氣功で患者さんの中脳~辺縁系~脳幹を診ています。

脳幹梗塞、ギランバレー、統合失調症から、ちょっとしたもの忘れ、心的ストレス、目耳鼻の病気・・・なるほど深脳部はさまざまな病態を見せてくれます。

そして、氣血水のどこから治療していけば脳を蘇らせることができるのか、に気づかせてくれます。

あるセミナー講師の先生の脳を眺め診ると、中脳がとても固くなっていました。

中脳~辺縁系~脳幹が固いのは交感神経の慢性過剰反応、弱いのは副交感神経の慢性過剰反応だと気づきました。

高次脳機能障害とまではいきませんが、ちょっそしたもの忘れ、セリフが出ない、感情面の秋風、歳を感じる・・・などの兆候の原因となります。

鍼灸刺絡でケアーすれば、これからも未病で過ごせるでしょう。

福田先生は患者さんに「医者が治すのは5%。95%は患者さんが自分自身で治していく」と強く言われていたそうです。

脳活アドバイスも自分なりに実践していただかなくては、ニャースに小判です。

福田先生の氣血免疫療法の真髄を早速、刺絡療法に取り入れました。

福田先生の経穴経絡を診る目は、鍼狂人の蓮風先生の手と同じですので、福田先生の歩まれた道の続きを、そのまま歩み始めることができます。

刺絡療法がこれからどのように進化していくのか、とてもワクワクしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごきげんさん 2016.10.7. | トップ | ごきげんさん 2016.10.9. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。