Osaka Spiritual Cares

前世療法「光との対話」を駆使して、大阪でスピリチュアル・ケアを実践しています。ご一緒に、人生を楽しみましょう。

ごきげんさん 2016.11.5.

2016年11月05日 | Weblog
「不登校は治りますか? 心療内科のお薬なしで・・・」という切実なご相談を受けました。

ジャンクフードの白砂糖・高脂肪・香辛料添加物と過保護・共依存のどれもが脳深部に冷えと悪血と水毒をもたらします。

陰陽の法則で、大脳が悪熱で覆われると、暴力と攻撃タイプになります。

副交感神経の過緊張は、虚無感と過食と自室に閉じこもりタイプを作ります。

こころも冷え切っているので、相手の痛みなど伝わってきません。

脳も脳深部も冷え切ってしまうと、爬虫類脳や魚類脳になってしまいます。

精神科・心療内科の薬は、脳・脳深部を冷やしてしまうので、おすすめしません。

治すには、まず生活を一新しましょう。

ジャンクフードは一切禁止。ごきげん小食療法を行います。

最初の1ヶ月間を乗り切れれば、大丈夫。どんどん良くなっていきます。

早寝早起きも大切です。夜9時にご家族が「百会つむじ押し&手足爪もみ」と「生姜湿布」をしてあげれば、自然睡眠ができるようになります。

治療は、もちろん「刺絡療法」です。

交感神経と副交感神経のバランスを整え、氣血の滞りを疎通させて心身を一新します。

こちらも最初の1ヶ月が大切です。最初の1ヶ月さえ乗り切ってしまえば、本人に自信と希望が出てきます。

ですから、最初の1ヶ月間は、週に数回(毎日でも可)刺絡療法に通院されることをお薦めします。

蓮風先生は癌の患者さんに十井穴刺絡を朝夕、施術されていました。遠方の患者さんは近くに宿を取って通っておられました。

本気で治す。

家族も本気なら、医者も本気。その本気の「氣」が脳・脳深部の冷えを溶かすのです。

不登校は死にません。閉じこもり・ニートの人生は本人にも家族にも生き地獄です。

どんな病でも、治る力の8割は自然治癒力です。医者ができるのは2割のサポートだけです。

本気になれば、何だってできます。どんな試練、病も乗り越えられます。

新しい人生へ向けて歩み出すための1ヶ月間の「本氣」です。

不登校も、癌も、難病奇病も、精神病も・・・ご一緒に治していきましょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごきげんさん 2016.11.4. | トップ | ごきげんさん 2016.11.6. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。