Osaka Spiritual Cares

前世療法「光との対話」を駆使して、大阪でスピリチュアル・ケアを実践しています。ご一緒に、人生を楽しみましょう。

ごきげんさん 2017.6.13.

2017年06月13日 | Weblog
ガンの3大療法(手術・抗癌剤・放射線治療)を、必死で耐えてがんばってきた患者さんが

「緩和ケア病棟へ移ってください」とか
「在宅医療に切り替えましょう」と信頼してきたガン医師から告げられた時

どんな気持ちになるのでしょうか?・・・

昨日、顧問税理士さんとの月会議で「あぁ こんな感じなんだろうな」を実感させていただきました。

こころが折れる  自己否定感  罪悪感  無力感

あきらめ  悲しみ  口惜しさ

死への恐怖感  残された日々の不安感  

それでも何かにすがりたい  それでも奇跡を信じたい  でも、でも、でも・・・の堂々めぐり

死というものはすべての人間に訪れるものだから、
例えロスチャイルドでも、この黄昏の無力感は味わわなくてはならないでしょう。

そんな時、どんな言葉をかけてほしいのか?・・・

「大丈夫」 私にはこの言葉が浮かびました。

「なんとかなるよ」とか「きっと○○だから」とかは要りません。

ただひと言「大丈夫だよ」が欲しい。

別に根拠も、新たな治療法や延命法の提案など要りません。

微笑んで目をジッと見つめて「大丈夫ですよ」 

それだけで生きるエネルギーが湧いてきます。

小さな子供や動物に癒される気持ちもよくわかります。

彼らは純真だし、素直ですもの。 根拠のない「大丈夫」のかたまりですものね。

これが「寄り添う」ということです。

光の前世療法:光との対話で、光さんは
それが今生の目的だろうと、天職だろうと、病気の治し方だろうと
「大丈夫」と口癖のように繰り返します。

神さまに「大丈夫ですよ」と言われたら、何だか元気になりますよね。

緩和ケア病棟や在宅医療に移ったら、すぐに亡くなってしまった・・・

「もうガンと闘う気力がなくなったんだね」で治療者側はかたづけてしまいますが、

実はとどめを刺したのは、治療者の寄り添う力の欠如だったのです。

こころは生命力や免疫力・自然治癒力にこんなにも大きく関わっていますから、

たったひと言が奇跡を引き寄せることもあれば、生命の糸を切ることもあるのです。

治療者は、その波動の高さはもちろんですが、波動の美しさを日々磨き上げなければならないと肝に銘じました。

ご自分がガンになったドクターは多いですが、ここまで追い詰められる体験をされた方は稀でしょう。

患者さんに寄り添える人間になりたいな。

神さまはまだまだお勉強させてくれるんですねぇ。
(もういいかげんにしてよ!・・まだまだサトヴァは遠いなぁ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごきげんさん 2017.6.12. | トップ | ごきげんさん 2017.6.14. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。