Osaka Spiritual Cares

前世療法「光との対話」を駆使して、大阪でスピリチュアル・ケアを実践しています。ご一緒に、人生を楽しみましょう。

ごきげんさん 20174.21.

2017年04月21日 | Weblog
中国人ツアーコンダクターの方がメニエル病で初診されました。

昨日から回転性めまいがひどく、小脳ー脳幹性嘔吐もともなっています。

明かなメニエル病です(突発性難聴はありませんでした)

漢方四診では、頭熱足寒がひどく、舌は湿濁・脾に邪毒・腎と下半身に水毒著明、悪血あり。

脈診も頭熱足寒・水毒湿濁ひどく、腹診では柴胡の証強く、肝火上炎・ストレス大、腎虚脾虚でした。

脳氣功では、左脳の氣ダウンでスカスカ(右脳の侵食なし)・脳幹水毒湿濁と気虚・視床下部と下垂体機能低下がありました。

安保免疫理論に基づく血液検査では、CRPマイナスで炎症反応なしですが、顆粒球がなんと87.5%!!

これまでの最高値です。超弩級交感神経過緊張状態=強大なイライラ型ストレスです。

よくこれでメニエル病で済んだね。。。

メニエル病の点滴治療とお薬を処方しました。

2週間前からメニエル病の兆候はあったとのこと・・・

これは運が良かっただけで、もしかしたら今頃、左脳梗塞や脳出血を起こしていたかもしれないよ。
運悪ければ、死んでいたかもしれないよ。
このめまいは、心身がどうしても動くな! 休め!と叫んでいる声だから、しばらく休養しなさい、とアドバイスしました。
本人もそれなりに危機を自覚されていた様子で、会社に休業の連絡をされていました。

未病ではなかったけれど、重病を防げて、よかった&よかった。

ガンの患者さんでは、顆粒球が70%を超えると、再発再燃しやすくなります。

80%以上・・・いつ 癌・潰瘍・高血圧発作・脳卒中・イライラ精神病に陥ってもおかしくありません。

逆にみれば、ガン・潰瘍・高血圧発作・脳卒中などで倒れてしまう前に、何かしらの前兆がある人も多いのです。

そこで「この症状・病気の意味は? これはイエローカードかな?」と立ち止まり、自らを振り返ってみることのできる人は、救われます。

そして、どんなに忙しくても、すごいストレスを抱えていても、

神さまに見守られ、愛されている人には、このように強い「気づき病」を授かります。

どんな人が神さまに見守られ愛されるのでしょうか?

素直な人・うそのない人・愛のある人・自立している人・世のため人のためにがんばっている人

慈愛慈悲の人・笑顔の人・目が輝いている人

私のまわりにはたくさんおられるし、奥山医院の常連さんは皆さん、そんな人ばかりだけど、

世の中には・・・稀なんですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごきげんさん 2017.4.20. | トップ | ごきげんさん 2017.4.22. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。