Osaka Spiritual Cares

前世療法「光との対話」を駆使して、大阪でスピリチュアル・ケアを実践しています。ご一緒に、人生を楽しみましょう。

ごきげんさん 2016.10.17.

2016年10月17日 | Weblog
日本のアーユルヴェーダのトップ、蓮村誠先生の脈診研修会のお手伝いをしています。

1年以上の研鑽を積んで来られた研修生の皆さんは今、脈診のとても精妙な感覚を学んでおられます。

絶対にロボット化できない超直感の世界です。

昨日の研修会では、「過去も未来も、今この時にある」というお話がありました。

アーユルヴェーダが、スピリチュアルケアにも大いに役立つ証ですね。

患者さんの脈に触れていると、深いところに潜んでいる邪を観ることがあります。

邪を観るだけで、その邪に解放のプロセスが起こります。

脈を診てもらうだけで、元気になる、調子が良くなるわけです。

脈に潜む邪は何年、何十年前のもので、患者さんはもう忘れてしまっているかもしれません。

身体的な邪かもしれないし、心的な邪かもしれませんが、脈診で見つけてもらっただけで解放されます。

「無邪気に脈に触れるだけ」

左脳を使うと、脈は観えてきません。

右脳の感覚も、脈診に限界を与えます。

左脳と右脳はもちろん大切です。それが和したところに宇宙意識との合一があります。

研修生の皆さんは今、この宇宙意識との合一の入り口に立っておられます。

ここでは、「自分を信じる」ことに向き合います。

脈の邪を観た時、「治したい」とか「これは何だ?」と思うと、邪は逃げていきます。

スピリチュアルケアの「治す」は、「愛のエネルギー」に尽きます。

治したいという思いですら、我欲となり、偽りの愛のエネルギーとなってしまいます。

脈で邪を観る。宇宙意識と和合していれば、愛のエネルギーが邪を解放してくれます。

この脈診で邪を観て解放するプロセスは、経絡鍼灸や陰陽太極鍼、気血免疫療法などにも通じます。

左脳で学ぶところから始まり、右脳で感じるところに達して、宇宙意識で観るに至ります。

私にとっては、脳氣功が正しく「宇宙意識で観る」です。

研修生の皆さんと同じように、深脳部:脳幹ー中脳ー辺縁系が「観えた」時には動揺しました。

蓮村先生のお話をうかがいながら、あらためて自分を信じることができました。

同時に、深脳部にある様々な「邪」への向き合い方も分かりました。

スピリチュアルケアはシンプルです。

素直に、無邪気に、患者さんの本質と向き合っていきます。

宇宙意識もシンプルです。それは愛です。

脈の波動も愛です。だから脈診を介して互いに通じ合えるのです。

愛は五感で感じ取れますが、五感で感じ取った愛を合計してみても100%には足りません。

その何か足りない部分に、無限の宇宙意識の愛が満ちあふれているのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごきげんさん 2016.10.16. | トップ | ごきげんさん 2016.10.18. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。