Osaka Spiritual Cares

前世療法「光との対話」を駆使して、大阪でスピリチュアル・ケアを実践しています。ご一緒に、人生を楽しみましょう。

ごきげんさん 2016.9.19.

2016年09月19日 | Weblog
スピリチュアルケアのひとつに「祈り」があります。

欧米のレポートで、ある病院に入院中の患者さんたちを無作為に2群に分けて、

片方は面識のない人たちに一定期間、決まった時間に病気平癒を祈ってもらいました。

もう片方のグループには何もしませんでした。

結果は・・・明らかに祈ってもらったグループの病気が良くなっていました。

もちろん、良くなった方のグループは、祈ってもらっていることも知らされていませんでしたので、プラセボ効果ではありません。

こういうレポートは欧米では山のようにあります。

鍼灸も漢方もプラセボ効果だ、と豪語する大先生たちもおられます。

天動説が正論だった時代も、こんなもんだったのでしょう。

子曰、加我數年、五十以學、易可以無大過矣。
孔子曰く「私がもう少し年を重ねて50歳になった後で易経を学び直せば、大きな間違いなどしなくなるだろう。」

不思議なご縁で私も易経をこの夏から学び始めました。

光の前世療法を通じて、宇宙意識・大いなる存在・創造主・・・といった高次の繋がりは強くなりましたが、ユングの「前意識」・人の集合意識といった中次への繋がりは弱かったので、その補完の意味だと感じています。

個人の金運、仕事運、健康運・・・などの運気と呼ばれているものは、この中次の意識体が主に支配しています。

霊能者やチャネラーが繋がるのが、この中次の意識体です。

末期ガンの患者さまの死運を書き換えるには、高次の意識体と繋がる必要がありますが、日常の病気から難病・奇病・普通の癌病までなら、中次の意識体からのメッセージの方が有効です。

易経は、主に中次の意識体と繋がります。

祈りも、この中次の意識体へ働きかけてくれます。

祈れば、中次の意識体から生命エネルギーが降り注いできます。

厚い雲で覆われた空から、一条の光が射し込んでくるイメージです。

素直にその生命エネルギーを浴びれば、病気は良くなります。

ところが・・・まだまだ素直でない人も多いのです。

傘をさしたり、地下に潜ってしまう人たちです。

易経のメッセージも同じです。

素直に受け取れば、易経が運気を守ってくれます。

あぁ そうだったんだな、と今の自分の立ち位置がわかります。

この難局の意味はこうだったんだ、と腑に落ちます。

その瞬間、フッと身体もこころも軽くなり、生きるのが楽になります。

易経は陰陽の宇宙です。

絶えず陰陽が流転しています。

100%の大吉もありませんし、100%の大凶もありません。

調子に乗りすぎてはいけないし、諦めてしまってもいけません。

病気も、絶対に治るもなければ、絶対に治らないもありません。

素直な患者さまは、「そうか!養生を続ければ、治るんだ!」とこころに受け入れて下さいます。

心斎橋 奥山医院に通ってきて下さる患者さまたちは、みなさん、素直な方ばかりです。

私も素直になりたい・・・大丈夫です。

待合で話の輪に入れば、素直になっていきますよ。

患者さまが他の患者さまを素直さでいやしていく。

これもスピリチュアルケアの醍醐味です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごきげんさん 2016.9.18. | トップ | ごきげんさん 2016.9.20. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。