Osaka Spiritual Cares

前世療法「光との対話」を駆使して、大阪でスピリチュアル・ケアを実践しています。ご一緒に、人生を楽しみましょう。

ごきげんさん 2016.10.29.

2016年10月29日 | Weblog
「あまりに理不尽なことがストレスとなって大食してしまったら、一晩中、お腹が痛くて眠れませんでした」と疲れきった顔の男性が受診されました。

「吐いたり下痢したら楽になれるのに、なんだか中途半端なところで痛みが固まっていて、夜のトイレでずっと座っていました」

こういうどうしようもない腹痛って、ありますよね。

腹診すると、典型的な食滞です。

痛がっているところは空気のポコポコ音がひどく、右天枢(ST25)・滑肉門(ST24)にかなりの圧痛がありました。

ストレスは右後溪(SI3)に出ていたので、まずここに鍼をすると、すぐに右半身に「響き」を自覚されると共に・・・

「あれ? お腹の痛みが消えてきました」とビックリされました。

右天枢・滑肉門をちょっと打鍼してから椀灸で温めてあげて、その場で完治です。

「先生、全部スッキリと出ちゃいました!」と、お手洗いの後にとても喜んでいただけました。

半夏瀉心湯を数回分だけ処方して、食養生を指導しました。

顔にも血色が戻ってきていたので、「もう大丈夫!」と送り出して治療終了です。

食滞は夜間救急でも、よく見かけます。

ストレス+暴飲暴食=食滞です。

これを繰り返していると、膵癌・胆嚢ガン・胃癌、脳梗塞・心筋梗塞・肺梗塞になりやすいです。

食滞の卦を立ててみると・・・

山火賁の初爻
「其の趾(あし)を賁(かざ)る。車を舎(す)て徒(かち)す」
つまり・・・自分の足で歩くべし! でした。
病占を見ても
消化機能の不調整。放置すれば長引く、とありました。

易経 恐るべし。

暴飲暴食した夜中、吐くにも吐けない・下痢もできない・お腹(胃)がギュッギュッと痛むことがあったら・・・
お腹を温めながら(ホッカイロの可ですが、最幸は生姜湿布です)、手の爪もみを試してみましょう。
(手十井穴刺絡の代わりです)

良くなっても、翌日は一日断食がお薦めです。(生姜湯、ハチミツ湯くらいは可です)

P.S.
夜間救急病院を受診したらどうなりますか? ですか・・・

とりあえず胃薬(消化薬&抗潰瘍薬)。点滴(消化管運動を止めてしまう薬)するかも。
後日の胃カメラの予約、さまざまな血液検査、腹部CT、腹部エコー・・・いやはや大変ですね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごきげんさん 2016.10.28. | トップ | ごきげんさん 2016.10.30. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。