更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

自覚が足りないって・・・

2016年12月30日 | 日記

 理代子さんからメ-ルが届いていました。「私でも外ではお婆さんって言っているよ。自覚が足りない(笑)・・・。」そうかもしれない。でも自分で言うのと違って、不意打ちで、第三者から言われるのは、ショック度が違うような・・・。昨日は、舌切り雀か、川で洗濯をする盲縞を着て、頭に手拭いをかぶっているおばあちゃんに、自分がダブってしまいました。

 しかし、昨夕は おばあちゃん を自覚せざるを得ないトチリをしてしまいました。 

 文藝春秋に「日本を「代表する女性120人」に選ばれている活動弁士の澤登翠氏から無声映画、「フアウスト」他に招待されました。年末のこととて、私の返事が遅れて、チケットは受付預けでした。会場は、新宿の紀伊国屋ホ-ル。 先月岩波ホ-ルで映画鑑賞をした私は、疑いもなく神保町へまっしぐら。10階受付でチケットの受け渡しの押し問答。受付から「こちらは映画上映ですけど・・・??」。「そうですよ。無声映画・・・」。すったもんだの挙句、手許のチラシの確認。「アツ!ごめんなさい。間違いました。」

 

 都営新宿線に飛び乗って、何とか上映に間に合う。師走の29日なのに満席。活弁は、一時期の日本独自の文化。バイオリン、パ-カッション、フル-ト等々、5人の楽団もついて、味のある懐かしい2時間でした。 休憩時間、場内に響く、「オセンにキャラメル・・・・」日本の原風景です。ひと袋、250円、勿論買いました。おせんべい、ボリボリ・・・。

 それに漠然としか内容を掴んでいなかった「フアウスト」。こう言うストリ-展開だったのですね。チョッピリ得をした気分。

今朝、澤登氏からお礼の電話がありました。お礼を言わなければならないのは私なのに。やっぱり私、おばあちゃんになっていたのですね。シュン

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウムツ!大ショック!! | トップ | 丁酉、2017年の幕開けです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。