更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

気温12度

2017年06月26日 | 日記

 先週金曜日から北海道知床、羅臼、ウトロ、野付半島を訪れました。寒い!3日間ズッ-と、雨模様。時折射す薄日。気温は12度ぐらい。オホ-ツク海の舟上は、風に煽られてもっと{{ (>_<) }}寒かったようです。夏支度の私、ブルブル。ダウンコ-トを借りて、あるもの全て着込んでも寒冷蕁麻疹に見舞われました。

 船上から見る知床半島の断崖絶壁の景色。カムイワッカ滝付近は、かって硫黄の採掘が盛んだったとのことです。今も温泉が出ます。えさを漁るヒグマが見られることもあるそうですが、今回は残念!

 

 2日目はかなり沖合まで出る。ホエ-ルウオッチングも空振り。3回目は野付半島へ向かうためにトドワラ乗船場から乗り込む。アザラシには出会えませんでした。泳ぐイルカの姿は何度か見ました。

野付半島は”センダイハギ””ハマナス”が、今盛り。野鳥の楽園。野生のエゾシカ、北キツネには何度かお目にかかれました。砂嘴でできた頼りな気な半島ですが、人の手があまり入っていない分、自然の宝庫です。

 

 枯れ枝の先は 野鳥コヨシキリ。

6月下旬から7月下旬までは、打瀬舟での北海シマエビの採取時季です。美味しい。流氷が運んでくるプランクトンが豊富で、シマエビは群生するアマモの中で生育するそうです。これは打ち上げられたアマモ。

野付半島から見る国後島は僅か16キロメ-トル。目と鼻の先。歴史的経緯からを見ても、日本の領土と私は思う。

 

  塘路湖からノロッコ電車に乗って釧路駅。空港。遅れて羽田着22:30。道東の自然は何度行ってもいいなア。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高齢者の豊かさとは・・・ | トップ | 昭和、再現! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。