更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

お腹すいた~  「ナンパ?」初体験  広島珍道中 その2

2017年03月19日 | 日記

 コンサ-トが終わって、ホットした途端、お腹がキュ-ツ。そう言えば、昼は新幹線でおにぎりひとつ食べただけ。時刻は9:00pmを過ぎている。傘寿の小父さん、喜寿近いおばさんと古稀のおばさん(理代子さん、ゴメンナサイ)三人。「ご飯食べよう!」と、取り敢えず、理代子さんの宿泊ホテルへ向かう。 「バ-しか空いていません」ホテルのスタッフの非情な一言。地方は夜が早い。ホテルを出てウロウロ、三人。

 向こうからやってくる二人連れの若者に「近くにご飯食べるところ、あります?」。私たち、三老人??を覚束なく思ったのか、地下道を通り抜け、横断歩道を渡り、信号を曲がったところの2階、お好み焼きやさんまで同行して頂いた。理代子さん、感激して「ビ-ル一杯、奢るから」。ところが、気の毒に、車とのことで、ノンアルコ-ル。

 すっかり意気投合して、名刺交換。外交郵便局員のお二人でした。仲良くして村田孝高氏の広島公演の時は、お客様を引っ張ってきていただこうと、虫の良い考えを巡らす私。二人共20代後半の独身男性。 

 そのうち、マエストロをはじめロッシ-に楽団員や榛葉氏、村田氏も合流。理代子さん、私を指して「おばさんが若い男性、二人をナンパしたの・・・・」(笑い)。私だってナンパぐらい・・・。(実際は理代子さんとの共同作業ですけどネ)。ラストオ-ダ-は9:30pm。クローズの10時を大幅に過ぎても、大いに盛り上がりを見せた一夜でした。お店も日伊の親善を配慮してか?閉店時間を過ぎてもOK。

 写真、理代子さんの手前の二人が親切な若者。広島のイメ-ジがグッとアップしました。彼らのとっても、印象に残るこの日になったことでしょう。

 傘寿と喜寿は一足早く、席を立ちました。地理、不案内なままに、夜道をANNホテル迄歩く。認知症、未だ大丈夫らしい。途中、セブンイレブンで明朝のカップヌ-ドル二個と夫用の大福ひとつ。私はサントリ-ウウスキ-500mlを仕込む。テレビを見ながら、ベットでグビグビ、至福のひと時。

 「アツ!枢機卿、村田氏、理代子さんの姿が・・・。」県庁表敬訪問の様子が放映されていました。時刻は1:00amを過ぎていました。そのうち

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広島珍道中   その1 | トップ | 温かく頼もしい枢機卿の手 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。