更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

国際交流基金授賞式

2016年10月19日 | 日記

 「場所はホテルオ-クラなの。ご一緒に如何?」理代子さんからのお誘いは、国際交流基金金賞授賞式とレセプション。一昨年についで二度目。鷹取の親友を喪って落ち込んでいる気持ちを払拭する良いチャンス。元イタリアやニュ-ヨ-ク大使を歴任された安藤国連交流基金理事長から、理代子さんへのご招待で、私は便乗です。

 受賞者は中国の現代美術家のサイ氏、ハ-バ-ド大学教授の」ス-ザン・J・フア-氏、ブラジル日本語センタ-の三氏。選考委員のお一人の永井多恵子氏は、公益財団法人世田谷文化財団理事長です。森家の早稲田大学、仏文のクラスメ-ト。偶然、クラス会が11月に企画されています。「いらっしゃいますか?」「その予定です。」

 参議院議員の中山恭子先生は、理代子さんがシンボルだった「真夏に第九を歌う会」時代、「北鮮拉致被害者家族会」を支援したことでご一緒したことがあります。

 神谷町まで、4~5分歩いて、二人して上島珈琲店で、しばし歓談。人生悲喜交々・・・。「どどめ色が好きなのね。ああいうところでは白が映えるのよ・・」次に誘われた時は、もっと華やかな色を着よう。

 

  

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鳴呼・・・・ | トップ | 「私達人間は永遠に生きるこ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。