更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

人の一生は重荷を負うて遠き道をゆくがごとし・・・

2017年09月08日 | 日記

 徳川家康の有名な言葉です。午前中は、月に一度の「歎異抄」の勉強会でした。地獄、餓鬼、畜生の「三悪道」の世界に身を置くいているのが私たちと教えられました。実にそうです。自分の都合で人を信じこみ、自分勝手に傷つけられたと思い込むが私です。厳しい道とは言え、人と関わらないで、世の中を生きていくことはできません。

 昨夕は、経済界で相当成功されているお世話になっている方から「先祖供養」を諭されました。ご先祖があって、今の自分がある。森家さんは、人のお世話をよくされるけど、自分の都合ではなく、仏の御心に従って生きていってほしい。最近、身に覚えのある私には、胸の痛い言葉でした。

 

 ロ-タリの友達に”キャピタル東急”でお昼をご馳走になりました。彼女と会うのは2ケ月ぶり。東京オリンピックを控えているせいか、あちらこちらのホテルがお洒落にリニュ-アルされています。

 82歳、暦から見ると良い相性の彼女ですが、このままうまく付き合っていけるかしら・・・?自信がなくなりました。もともとスマ-トな彼女が痩せたのに吃驚り。聞けば4キロ減とか。今回の失敗に懲りて、お節介は止めようと思えども、胃腸に効くと評判のクリニックへ連れて行く。 馬鹿は・・・?お節介は死ぬまで治らない。チ-ン

コメント
この記事をはてなブックマークに追加