更なる ときめきを求めて!


「七色唐辛子+一味唐辛子の会」は、卒業しました。

思い出・・・

2017年09月05日 | 日記

 伊予から一年に一度?上京してくるKさんを囲んでのお喋りの場。今までは神谷町の事務所でしたが、今回は目黒の自宅。目黒通り沿いのお二人にお声がけをしました。

 

 6:00pmから10:30過ぎまで、あっという間の時間でした。3年ぶりのMさんは、鷹取時代の人間関係。我が家の主治医だったご主人は早くに鬼籍に入られていますが、当時同居していた姑の持病、気管支拡張の発作が起きると、深夜1時、2時でも、先生をたたき起こし往診してもらったものです。決まって発作は深夜に起きました。未だ嫁の立場は弱い昭和の事でした。

 私の、苦難の時期でした。昭和47年~55年までの8年間、横須賀市湘南鷹取で生活しました。Dさんも一時浦賀に住んでいらっしゃたこともあり、いやが上にも話が盛り上がりました。これからの話題より、過去の話が殆どというのも、一抹の寂しさがありますが、私たちの年齢からすれば仕方ないかしら・・・。

 

「ウワツ-!懐かしいものが・・・。」大理石の彫像はM家から、パンフラワ-の作品はKさん宅から嫁いできたもの。「とっくに捨てていると思っていた・・・・」 二人共感慨深げ。

 重い大理石を一階から三階へ運び上げてくれたN氏も既に鬼籍へ・・・。たくさんのことを呑み込んで、たくさんの時間が過ぎ去ったことが実感された、しみじみと旧交を温め合う昨夜の集いでした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加