ばばの気まぐれ日記

「始める事さえ忘れなければ人はいつでも若くある」マルチィン・ブーバー (オーストリア出身のユダヤ系宗教哲学者)

50年経過したという事

2017-06-16 14:48:41 | blog

あれからと言えばあれからです、何も進歩もなしに50年を過ごしてきたような反省しなければならないことが多くて、お祝いなんて気持ちにはならなかったのですが、世間的に言えば一つの区切りのようです。

記念日は5月末だったのですが、私は忘れていました。夫は気が付いていたようです。

こちらが気が付くのを待っていたような気配です。どうしてでしょうね?自分からは言い出すことはないのですか?

健康で長生きしてここまで辿りついたわけです。先ずは健康で生きてこれたことに感謝です。先日のテレビでは女性の脳は嫌な事をされた記憶は残っているとの事、男性は忘れてしまう脳だとか言っていました。

近頃は離婚を簡単に決めてしまう方も多くなってきました。そんなに我慢をして体を壊してしまう人もいます。我慢に我慢を強いて長い年月を暮らしてドーパミンも出ないほど苦労してその結果病気になってしまって・・誰の為に生きてきたの?と問いたいような人生を送り続けている人もいます。

何はともかく50年一緒に生きてこれたことは素晴らしい事でしょう。よくまあ我慢をしてきたものです。これは相手側からも言えることかもしれません(ポリポリ)

どちらにしても50年は半端なものではありません。

50年前に分かっていたら(笑)50年も暮らすのだったら、もう少しここをこうして・・・男尊女卑はやめて貰いもう少し対等な立場で暮らして来ればよかった・・・という思いもありますが、今更どうすることもできません。

これが自分の人生の全てだったのです。計画性も何もなくただ日々を暮らしてきました。贅沢をしなければ特に生活費に困らず借金に苦労することも無く、何とか生活できて来たことだけで精いっぱいの生活でした。

自分でなにかしたければ自分で働くこともできたし良い人生だったと思います。

タイミングよく一昨日チラシがポストに入っていました。近くのホテルに入っているレストランのチラシです。近くのホテルと言うのは、お酒を飲んでもタクシー代も気にならない距離なので尚都合が良いのです。

あぁ・・これ美味しそうだから丁度いいからこれにしましょうか?いつもの通り安易な決め方です、初めて意見が合いました(爆笑)。ふかひれ三昧のディナーで子供たちも招待してお祝い会に致しましょうか?とすんなりです。

お気楽金婚祝いをすることにしましたぁ。2孫はお祝いと聞き部活も早退してでも参加してくれるとの事、あと一人はお返事が来ていませんまだ決まっていません。多分来てくれることでしょう!最終的に7名になるのかな?

42年ぐらい前の写真です。かなり表情が暗いです。(伊勢丹で撮影修正が上手ですね)

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いいたかないけど・・ | トップ | 贔屓目に見てしまう »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます! (はたやん)
2017-06-16 17:03:20
生まれも育ちも異なる人間同士がよくぞでもあります‼/本当におめでとうさんです‼

自分の場合は未だ遠い先のことではあります‼/只、我慢・忍耐あるのみでもあります‼

現役時代では25周年記念は申告すれば金一封の規定があったようですが、社内規定を全部読む人物・人格でもなかった訳であって‼・・・情報では大多数が規定を知らないままに過ぎ去ってしまったようで‼

余談ですが、社内規定を詳細に読んで理解すれば、管理職になっても時間外手当てが出る規定があったそうで、自分の職場の身近の新人管理職がお一人申請されて、それはそれは極めて希な申請であったとかでもありました‼
Unknown (May)
2017-06-16 17:31:59
金婚式おめでとうございます!!
何も起こらなかったということは平穏無事だったということで良かったのではないでしょうか。離婚に至るまでの大事件も起こらなかったというのは・・。
半世紀前からの男尊女卑の考えを今更改めるのは難しいですね。(私もそれで離婚したようなものですかねぇ~あはは。笑い事ではないですね。我慢が足りなかったですかね)

ふむ・・旦那様はsazae3が気付くのを待っておられた・・本当に無口な方なのか・・・何でしょうか・・。

写真のsazae3、お上品、お淑やかな中にも芯があるという感じです。同年代の方に比べて自立していらっしゃると思います。

私の場合はジェットコースターのように波乱万丈で(今となっては全て浅はかな自分が招いたことなのだと思いますが) 人の3倍くらい色々あったので、それはそれでぎっしりな人生だったと思います。充分すぎるようです。

50年は素晴らしいです。重ね重ねお祝い申し上げます。
皆さんでお祝い会を楽しんでください!
はたやんさんへ (sazae3)
2017-06-17 13:21:37
はたやんさんは遠い先のことなのですか?お若いんですね。
我慢と忍耐があるのみ(笑)皆さまそれぞれにそう思っているのですね。だから価値があるという事でしょうか(苦笑)

社内規定というのは普段気にしていませんが、実はよく読んでおいたほうが良いと私も感じました。いろいろと貰い損ねたものが多くて後で知って後の祭りです(爆笑)

はたやんさんの金婚式はお知らせくださいね。
Mayさんへ (sazae3)
2017-06-17 13:29:16
「上品、お淑やかな中にも芯」これこれ・・ありがとうございます。昔のこういう写真は皆さま同じような感じです。写真館の人のその時代の流行だったかもと思います。

写真は取り下げました。余りにも大きすぎて今とは差があり過ぎていますので・・・・
見ていただきありがとうございました。

私もそう順調に暮らしてきたわけではありませんが50年を振り返り押しなべてみれば小さなことは飛んでしまいました。

一先ずお祝いをしておきます。じぃじもいつ何があるかわからないという事を感じているのでしょう!

ありがとうございました。

コメントを投稿

blog」カテゴリの最新記事