ばばの気まぐれ日記

「始める事さえ忘れなければ人はいつでも若くある」マルチィン・ブーバー (オーストリア出身のユダヤ系宗教哲学者)

過酷な一日となった

2017-06-12 21:19:02 | blog

その足でオレンジ色の市の検診受信券を持ち、近くの小学校会場へと送ってもらいました。送って貰ったのには訳があります。

検査の日は前夜8時過ぎから水以外は口にしていません。早朝作業の仕事を2時間程やっつけて少々の水を飲みまして、何とか熱中症対策は致しました。しかし検診の日はまだ水は飲めません。自転車で行ける小学校でしたが、午前中といえども気温はどんどんうなぎのぼりです、体力温存のためにも車で送って貰いました。

検診を終えましてスマホを見たsazae3は青くなりました(笑)。

何故なら充電切れだったのですっ!

その場に居合わせた知り合いを探しまして男性だったのですが携帯をお借りしまして家電に電話を掛けました。迎えに来てもらわないと体力の蓄積が少ないsazae3はこの暑さの中家まで歩くのは命がけです。電話掛けても庭に出ているのでしょうか?・・・夫は電話には出てくれません。

家に帰宅してから分かったことですが、sazae3からの電話は携帯に掛かってくると決めていたようで、なにか突発の出来事があった場合には家電に・・・・という発想はなかったようです。「俺は外に居て電話は鳴っていたけど当然携帯に電話が来ると思っていたからと・・」携帯電話にかけなかったことを酷く怒られてしまいました。

融通が利かなくなってきていますね。こちらが悪かったのですが・・・つくづく考えさせられた出来事でした。

高齢化により何が起きるかわからない日常なのに、判断力に柔軟性が欠けてしまってはこの先大変だなぁと感じました。

イロイロと考えてヤオコーまで歩くことに・・・。小銭入れは持っていましたから飲み物は買えます。

スーパーまで歩きそこで友人に出会いました。もう一度友人のスマホをお借りして自宅へ電話をかけてみましたが、まったく反応はありません。

諦めました。すきっ腹で水分不足で暑さの中を歩くことは危険なので、サンドイッチとコーヒーと水を補給して(遅めの朝食を済ませてから)歩きました。

これらは全て自分が悪いのです、残念ながら夫の携帯電話の番号を覚えていません。

自分の番号は記憶していましたが・・・・

携帯電話の充電切れは前にも一度経験し大変な苦労をし(反省もして)タクシーに乗って帰宅したことがありました。・・・・懲りていないのですねぇ・・・・困ったものですっ!

街の中では公衆電話は何処にもありませんでした、携帯やスマホの充電器がどこでも使えるようにしてほしいですが無理でしょうか?緊急時の場合などは何か対応するのでしょうか?機種が違っても誰でも使える充電器が欲しかったです。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 木陰が恋しい季節となりました | トップ | 青漆爪紅糸巻二重棚 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (May)
2017-06-13 07:19:37
ひや~、他人事ではありません。
私も覚えているのは自分の携帯番号のみです。今は全部の番号が携帯に入っていますから、電話帳も無いし。
夫の携帯番号だけは、紙に書いて財布に入れています。(分からなくて困ったことがあったので、1年ほど前から)
でも、うちの夫も大体が電話に出ません。特に肝心な時に(ため息)。原因は、着信音に気付かない、充電が切れている、酷い場合は携帯を家に忘れている、です。
(まだ若いのに)メールの仕方も知らないし、ゆえに私がメールをしたとしても見ることはありません。どうしようもないですね~

こちらは日本と違って、自販機がありませんし、コンビニもそうそう無いです。なので、食事抜きの採血の場合などは、ちょっとしたおやつを持って出かけます。

携帯電話が普及して、世界的に公衆電話が激減しましたよね!

あと携帯は毎晩(充電が残っていても)寝る前に充電器にさして寝ます。(電池に良くないかもしれませんが)
それから、日本にいた時、大型家電の店で携帯用充電器を買いました。ほとんど出番はありませんが。

しかし、どのように準備しても、忘れる時は忘れるものなのですよね。
とにかくsazae3がご無事で良かったです。
Mayさんへ (sazae3)
2017-06-13 14:59:44
納得です。そういっても忘れるときは忘れますから・・・・

滅多に起きない出来事には弱いです。紙に書いてお財布に・・それは良いかもです。スマホの裏側に剥がしても貼れるシールに書いて貼りつけました。汚れたらまた貼り直します。

まだ少し残っていても充電をすることにします。

携帯用の充電器も持って出ていなければ(笑)・・・・
バックを替えた時などいろいろと不自由を感じますがそれでもうっかりという事をしてしまいます。

年齢のせいにはしたくありませんが・・・情けないです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む