ばばの気まぐれ日記

「始める事さえ忘れなければ人はいつでも若くある」マルチィン・ブーバー (オーストリア出身のユダヤ系宗教哲学者)

短歌(同好会)の日でした

2017-07-23 17:24:59 | blog

久しぶりの短歌の例会でした。

ダイソーで¥100で購入した「歌詠みに与ふる書」のお陰でしょうか?少しだけお褒めを頂きましたので、載せてみます。

☆ 「こんにちはまた会いましたね」予約して月に一度の待合室に

☆ 麻ぶきん食器拭きつつ目の先のピアノに映る夫のうたた寝

皆さまsazae3の考える状況やパターンが分かってきているのか(笑)・・・だれが歌ったかがわかるような感じです。。バレバレですっ!アハハ

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なにか書かなければと思う日... | トップ | このまま盆休みに入るのでし... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (May)
2017-07-26 18:18:39
良い趣味ですね。
短歌を作るにはユーモアのセンスも要りますね~
私は俳句や短歌や詩はまったく苦手です。
全然センスがありません。
sazae3の短歌は”ウフッ”となるユーモアがあります。

今日は2週間ぶりのバレエでした。
いつもの方々は少なく、ビギナーから上がってこられたと思う新しい生徒さんがいっぱいでした。
行くまでは腰が重いのですが、行ってしまえば・・今日は最後まで息切れせず大丈夫でした。
先生に”バレエを始めてから元気になりました”とゴマを・・(ゴマ磨ってどうする)そうしたら、先生も喜んでおられました。
バレエのお陰かどうか、この頃倦怠感が無くなって本当に嬉しいです。
何でも”もうダメだ~~”と思ってもとりあえず続けることですかね。

コメントを投稿

blog」カテゴリの最新記事