ばばの気まぐれ日記

「始める事さえ忘れなければ人はいつでも若くある」マルチィン・ブーバー (オーストリア出身のユダヤ系宗教哲学者)

青漆爪紅糸巻二重棚

2017-06-14 16:06:55 | blog

3月に茶会の予定があるという事で、sazae3もお点前を真剣に勉強し直さないといけないことになりました。人前でお点前をとなるといいかげんなことは出来ません。

結構お客様は見てないですけれど時々間違えるのを期待してくださるようなお客様も御来席頂くこともございますので、しっかりと間違えないようなお点前をしなければなりません。

社中の方々も皆さま高齢化してまいりまして、今後は無理かなと思いお受けしたのだそうです。

もうすでに高齢化は進んでいます。お茶のお道具の一つ一つをしっかりと覚えていなければなりません。お茶入れは?茶杓は?お茶名は?お詰めは?お客様とのやり取りも手慣れた人なら気軽なものですが・・・なかなかどうして…気が重いのですっ!

高齢化により正座が出来ない人が増えてきました。お点前や半東さんをするなら正座も必須科目ですっ!

困りましたねぇ・・・最近は正座をするチャンスが少なくなりまして、たまに正座すると足が攣るのでごぜいますだ・・・・お代官様ぁ・・・へへへ

要するに頭も体も付いていけない人が多くなってきて・・・・どうするんだい!

茶道も立礼ばかりになってはなんとなく風情が無いような気がして・・・身体はついていきませんが・・・・ため息が出ます・・・

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過酷な一日となった | トップ | いいたかないけど・・ »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (May)
2017-06-15 06:39:19
そうなんですね、茶道も高齢化すると大変なものがあるんですね~
という私も正座できないかも!
58歳くらいから膝がギシギシ言い始め、当時は軽いジョギングも出来たのですが、ギシギシがポキポキになり、坂道・階段が辛くなり・・・、困りました。
屈伸したところから立ち上がれないです~~

昨日はバレエの日でして、57歳の方が”どんどんしゃがんだり立ったりしないと”と言っていました。そうしないとついにしゃがんだまま立ち上がれなくなるらしい。。。
少しづつ動いて、体を温めるという機会をもっと持った方がいいな、と思いました。(う~ん、ジムは高いしなぁ)
というもの昨日もものすごく寒かったのですが、レッスンが終わった時にはポカポカしていて、体も柔らかく感じました。

分かっちゃいるけど、家で一人では何もしない私です。
もうちょっと自分を叱咤激励して、家でもバレエの練習をしないと~~
Mayさんへ (sazae3)
2017-06-15 20:13:02
分かっちゃいるけど(苦笑)・・そうですよね。誰でも分かっていても自分で自分に厳しくは出来ないのが普通です。

この先鍛えることが出来るのは筋肉だけのようです。お互いに頑張りましょう。私も昨日Lessonでした。

不思議なことにバレエのレッスンではまったく疲れるという事がありません。不思議な事です。その夜は良く眠れるからでしょうか?

コメントを投稿

blog」カテゴリの最新記事