おしる子日記

流山市限定の地域タウン情報です!!是非見て下さいネ。特ダネ満載とはいきませんが・・・?

みんなでモリモリもり上がろう! レクリエーション大会 in 森の図書館の様子が流山市HPに

2018-02-25 | Weblog

2月18日(日)に森の図書館で開催しました、こども創作教室の様子が、ぐるっと流山に掲載されました! ぐるっと流山 こども創作教室 みんなでモリモリもり上がろう! レクリエーション大会 in 森の図書館|流山市

ストラックアウトの写真こども創作教室 みんなでモリモリもり上がろう! レクリエーション大会 in 森の図書館 
平成30年2月18日、森の図書館でこども創作教室が開催されました。

 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内閣官房オリパラ事務局公式FBに「認知症とわたし~世界にひとつの手づくり絵本原画展」が

2018-02-23 | イベント

紹介されました。

流山市社会福祉協議会に後援を戴いている「認知症とわたし~世界にひとつの手づくり絵本原画展」が

森の図書館で4月30日から5月30日まで開催されます。

↓          ↓

内閣官房オリパラ事務局公式FBページ
https://www.facebook.com/oriparahonbu/



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「めぐるといいことあるのかも 七福神のひみつをさぐる」~流山には七福神がそろってる!~ 

2018-02-23 | イベント

森の図書館教養講座「めぐるといいことあるのかも 七福神のひみつをさぐる」~流山には七福神がそろってる!~ 

「七福神のひみつを探る」ポスター

「民間信仰と仏教の関係」について、また、「流山市の七福神について」のお話を聞くことのできる講演会です。

講師:流山市駒木 成顕寺副住職/流山七福神事務局長
宮崎 聖弘氏

日時 平成30年 3月3日(土)13時30分から15時00分(開場13時00分)
場所 森の図書館 視聴覚室
対象 一般
定員 70名
参加費 100円(資料代)
受付方法 2月2日(金)10時からお電話又は図書館カウンターで受付
主催 流山市立 森の図書館・株式会社 すばる

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第8回流山ジャズフェスティバル実行委員会

2018-02-20 | イベント

昨日、流山市生涯学習センターで、第2回目の実行委員会が開催されました。

6月23日流山市文化会館でオープニング「猪俣猛ジャズオーケストラ」で始まり、6月30日森の図書館で、…9月1日流鉄までの日程の確認、出演者、協賛など話し合われました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

認知症とわたし~世界にひとつの手作り絵本原画展~打ち合わせ

2018-02-15 | イベント

地域の主婦鈴木清子さんが描いた手づくり絵本「みどりのおうち」・・・是非みんなに観ていただきたいと
4月30日(月)から森の図書館ギャラリーガラスケースで「認知症とわたし~世界にひとつの手作り絵本原画展」を開催することになりました。
展示に向けて、生涯学習センター(流山エルズ)のご協力を得て、第2回目の打合せをしました。

打ち合わせは着々と進んでいます。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ポカポカ陽気に梅も満開!

2018-02-15 | イベント
 
流山七福神の恵比寿(福寿無量)を祀り札所としても知られている、 長流寺に行って来ました。
参道では梅の花の香りが出迎えてくれます。
 住所, 流山流山6-677.  

流山には七福神がそろっています。

3月3日(土)13時30分から森の図書館で「七福神のひみつを探る」講演会を開催します。

申込受付中です。

お問合せ:森の図書館 04-7152-3200

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

南流山でビリケン発見!

2018-02-13 | グルメ・レストラン

 引っ越しのお手伝いの後何処かで食事でも。と歩いていたら…

お店の入り口にビリケンさん…なんのお店?

串揚げやさんでした。

まずはお薦めの、レディースセット、ビリケンセットを

初めての紅しょうが揚げ…なかなかいけます

このきれいな色の正体は?…紅しょうが入ハイボール

私はジャスミン茶

ソースは、二度漬け×箸入れ×。スタッフの笑顔がステキ!

串かつ「さじろう」南流山4.1.18電話04.7199.8486

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森の図書館子ども向けイベント「レクリエーション大会in森の図書館」

2018-02-12 | イベント

2月18日(日)森の図書館でこども創作教室「みんなでモリモリもり上がろう!レクリエーション大会in 森の図書館」を開催します。参加ご希望の方は、森の図書館04-7152-3200へお電話にてお申し込みください。(小学校低学年以上・先着20名・無料)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

森の図書館で「七福神のひみつを探る」~流山には七福神がそろってる!~

2018-02-12 | イベント

流山七福神事務局長の宮崎聖弘 成顕寺副住職を講師にお迎えして、七福神についてお話を伺います。

3月3日(土)13時30分~15時

森の図書館視聴覚室

資料代100円

申込 森の図書館 04-7152-3200

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トボボツアー御一行様で、八重洲ブックセンターで開催中の「たちばな書店」へ

2018-02-10 | イベント

千葉と埼玉から東京駅集合で「トボボツアー」・・・今日は何処へ連れてってくれるのかしら?

東京駅で集合して「ランシタイムで混む前にまず食事を」と

ず~~~っと前に勤務で通っていた時の東京駅が大分変ってしまい・・・ワタクシは後を着いていくだけ

ツアコンのPさんから、「食事予定のホテルメトロポリタン丸の内に行きま~す。食事の前にロビーで開催中のジオラマを見学しますよ~」

うわ~よくできてる

東京駅、建物の後方にはホームがあって・・・

動く電車・・・中には乗客も・・・細かい

食事のあと、八重洲ブックセンター内で開催中の「たちばな書店」に到着

読者がお薦めの本の紹介ポップと本が置いてあり、読むことも買うこともできる

4月30日から森の図書館で開催する「手作り絵本展」の展示・・・参考に出来ないかなぁ~

たちばな書店とは…

本の魅力をたくさんの人に伝え、本を通して様々な価値観に触れることができる“場所”を作りたいという橘ケンチの思いから生まれたプロジェクト『たちばな書店』。だそうです。

気になった本が1冊・・・ISBNシャメして(笑い)

さて「たちばな書店」の見学が終わり八重洲ブックセンターの1階で開催中の「猫のつぶやき展」を観て

次は、Tさんお薦めの こどもの本専門店&カフェ「ブックハウスカフェ」へ、東京メトロで神保町へ

古書店街を歩きながら、Fさんに「神保町に来ています。」と連絡

嬉しいことに、Fさんと会うことが出来ました!

お茶なら、学生さんに人気の「さぼうる」よとMさんに案内され

地下の部屋・・・歴史を感じる建物と壁

苺ジュース・ココア・・・なみなみと・・・大満足のお味でした。

ここでツアーは終了。

ワタクシはこのあと吉祥寺シアターへとむかったのであります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今朝の朝日新聞朝刊に、認知症描いた絵本 おばあちゃんは「わすれんぼう」なんだけど「しあわせ」です

2018-02-09 | イベント

 紹介されていました。

以下本文より。

↓     ↓

180209 朝日新聞

認知症描いた絵本 元教諭創作

流山の鈴木さん「尊敬の念伝えたい」

おばあちゃんは「わすれんぼう」なんだけど「しあわせ」です

 若い頃はよく働き、草木を育てるのが好きなおばあちゃん。最近忘れん坊だけど子どもや孫たちに囲まれてとても幸せですー。流山市の元小学校教諭が、認知症のお年寄りが明るく元気に暮らす様子を描いた絵本「みどりのおうち」を作った。「長く社会を支えた人たちへの尊敬の念を伝えたい」という。

 作者は同市東深井の鈴木清子さん(61)。57歳で退職するまで柏市の小学校で30年以上教えた。この間、同居の義母きよさん(86)が義父(3年前、86歳で他界)と小学教諭の夫、2人の子どもの面倒や家事全般を見てくれたという。

 そんなきよさんも80歳を過ぎるころから物忘れがひどくなり、鈴木さんが58歳から2年間、介護した。絵本は、この時に体験した、きよさんとの関わりや自分の教員生活を題材に創作した。

 主人公は、緑色の家に独りで住む元小学教諭のおばあさん。絵本が好きで、若いときは子どもや教え子によく読み聞かせていた。

 足腰が弱り、外出することも少なくなった時に、息子一家が近くに引っ越してきた。ある日、孫のめいちゃんは、おばあちゃんのタンスの中にドーナツを見つけ、家に洋服や靴下が散らばっているのに気づく。

 「おばあちゃんは、わすれんぼうになったようです」

 めいちゃんは以前、おばあちゃんが手提げバッグを縫い、シリツメクサで冠を作ってくれたことを話した。「こんどはわたしが、おてつだいするね」。カレンダーに予定を書き込み、おばあちゃんは安心して外出できるようになった―そんなストーリーだ。

 A5判で22ページ。表紙には、緑の外壁と紫の瓦屋根の家、緑豊かな庭で花を摘むおばあちゃんが描かれている。絵本に出てくる木や花々、孫と遊ぶ風景などはアクリル絵の具で描き上げた。後書きには「おばあちゃんは『わすれんぼう』なんだけれど『しあわせ』です。思いやりの心で対応してあげれば、大切にされていることが伝わるからです」と記した。

 約2カ月かけて制作し、昨年11月中旬に1冊目が完成。これまで50冊ほどを作り、長く勤務した柏市立十余二小学校や流山市内の図書館などに寄贈した。

 きよさんは介護施設の勧めもあり、2016年5月に近くの特別養護老人ホームに入居し、元気にしているという。鈴木さんは「介護は合わせ鏡といっしょ。こちらが優しく接すれば笑顔で返してくれる。ホッとする話として子どもからお年寄りまで読んでほしい」。問い合わせは流山市社会福祉協議会の直井さん(04-7259-4735)へ。

 「みどりのおうち」の原画展が4月30日~5月30日、同市東深井の森の図書館で開かれる。原画10点と絵本の作り方の説明文が展示される。(青柳正悟)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小池博史ブリッジプロジェクト「2030世界漂流」に行って来ました!

2018-02-08 | イベント

 1月に流山市生涯学習センターで、小池博史ブリッジプロジェクト 2030世界漂流 稽古場見学会をに観て「この稽古風景に照明や音響が入った舞台を観たい。」と思っていたら、Fさんから一緒に行きませんか?と誘われ・・・だけど日程が合わない。
残念!諦めかけた時 Sさん・Oさん・Hさんが5日に行きますよ。」と教えていただき、丁度その日に東京へ行く・・・現地集合で合流しました。 

開演と同時に、私は何処にいるのだろう?雲の上?海の上?霧の中?照明の中に浮かぶ手、浮かぶ人
幻想的な始り、きびきびした動きしなやかな動き、台詞は少ないのに心に響いてくるこの感覚は何だろう?
異空間から聴こえてくるようなボイス響き渡るジャンベとサックス。最後まで何処にいるのか何処へ向っているのか問いかけられているような舞台でした。

開場した時、小池博史さんに「毎日新聞の掲載誌千葉版なので手に入らないかと思って。」とお渡しすることが出来ました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2月6日、朝日新聞に折り込まれた「定年時代」2月号に 流山の鈴木清子さん 義母の介護体験もとに絵本を手作り

2018-02-06 | イベント

 定年時代より転載させていただきました。

↓         ↓

流山の鈴木清子さん

義母の介護体験もとに絵本を手作り

図書館に寄贈

 流山市の鈴木清子さん(61)はこのほど、義母の介護体験をもとに創作した手作り絵本「みどりのおうち」(22ページ、オールカラー)を流山市立中央図書館に7冊寄贈した=写真。同絵本は、同図書館を含めて森の図書館、おおたかの森こども図書館、木の図書館など市内の図書館7館で貸し出しができる。

 この絵本は、義母の介護体験をもとに物語を作ったほか絵や製本もすべて鈴木さんが手作りした。「認知症になったおじいちゃんおばあちゃんも、昔はいろいろなことができ一生懸命子育てしてきたんだよと子どもたちに理解してもらいたいと思い、絵本を作りました」と話す。絵本の作り方は、手作り絵本サークルに入会して習ったという鈴木さん。「みどりのおうち」は2冊目の自作となる。

 かつて小学校の教諭をしていた鈴木さんは義母の介護のため離職した。その際、流山市社会福祉協議会に相談して施設を紹介してもらい、義母は紹介してもらった市内の施設で穏やかな生活を送っているという。現在、鈴木さんも普段の生活を取り戻し、地元の流山東深井で民生委員の主任児童委員として活動している。「認知症のいる家族に対して周りの人がちょっとしたサポートをしてあげれば助かることも多いのです。この絵本が認知症を理解する上で何かの役に立てればありがたいですね」と話している。

 問い合わせは流山市社会福祉協議会04-7159-4735

なお、鈴木清子さんの介護体験をもとにした手作り絵本原画展と手作り絵本の作り方の展示を、4月30日(月・振替休日)から5月30日(水)まで、森の図書館ギャラリーガラスケースで開催します。

お問合せ:森の図書館 04-7152-3200

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

富士見台の「流」でミニライブ

2018-02-03 | イベント

忘れ物を取りに来たミュージシャンに

「ちょっと聞かせてあげれば?」と言うマスターの一言で、ライブが始まり、贅沢な夜に

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

居酒屋「秋田や」へ

2018-02-03 | グルメ・レストラン

「 南流山の秋田やさんに行ったことある?」とお誘いして行って来ました。

一斗二升五合とかけて・・・

今日はカウンター席で、ひざ掛けの心遣いが嬉しい。

呑めなくても美味しい食べ物が

「風邪ひかないように」とマスターが出してくれたのは金柑の丸煮
雪の夜もマスターの心遣いで心はポカポカに温かくなりました。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加