おしょうしな満腹日記~米沢と伊豆~

米沢スキー場ペンションおしょうしな跡地です。
米沢での家族との暮らし、これからも続く伊豆でのチャレンジをご報告します。

【新撰組】【ソースカツ丼(^-^)】~会津への旅~

2009年09月29日 | おすすめ観光スポット
9月28日、月曜日

夫と二人、会津若松への日帰りドライブに行ってきました。

米沢を出発して山岳観光道路「西吾妻スカイバレー」と「磐梯山ゴールドライン」を乗り継いで一路会津へ。
山の高い所はもう鮮やかな紅葉が始まっていました~
ただ雨と霧のあいにくの空模様、、紅葉の写真を撮るのはあきらめて会津へ一直線。
会津まで約2時間ほどの道のりです。


会津若松に着いて最初に訪ねたのは、戊辰戦争の会津側本陣だった「旧滝本本陣」
新撰組の一団も、この場所から出陣しました。

戦いの最後では、ここにも官軍が攻めてきたのでしょう。邸内のあちこちの壁に、当時の弾痕や刀傷が生々しく残っていました。





次の訪問先は天寧寺というお寺にある新撰組局長近藤勇のお墓です。

実は先日このブログで、米沢にある新撰組局長近藤勇のお墓を紹介したところ、さっそく会津出身のミクシのお友達から、会津若松にも近藤勇のお墓があることを教えていただいたのです。


会津にある近藤さんのお墓は、新撰組副長土方歳三によって造られ、同士が官軍から奪還した近藤の首があるとも、遺品、遺骨があるとも言われているそうです。

写真右側が近藤勇の墓、その左には土方歳三の慰霊碑が、近藤さんのお墓から一歩下がるような位置で建っていました。




この後、会津藩最後の藩主、京都守護職として新撰組を預かっていた松平容保公のお墓に参るために、松平家代々の御廟所へ



この松平家の御廟所は、有名な東山温泉の入り口にあります。
いつかはこの東山温泉に泊まって、会津の美味しい地酒をいただきながらゆっくりするのもいいな~







次はお楽しみのランチタイム。
お目当ては会津若松のご当地グルメ「ソースカツ丼」です!

食事処「番番」さんのソースカツ丼は、見た目よりソースがあっさりしていて、衣もサックリ。美味しかったです。




「ソースカツ丼」と「煮込みソースカツ丼」、どちらもどんぶりからはみ出さんばかりの大きなカツに思わずニンマリ(^-^)v





午後、この日最後に訪ねた場所は、阿弥陀寺にある新撰組副長助勤 斉藤一のお墓です。
元々江戸に生まれた斉藤一ですが、戊辰戦争後も会津に残り、会津の女性と結婚、姓名も変え、最期は会津人としてこの地に眠っています。



もっと会津でゆっくりしていたかったけど、そろそろ娘を高校に迎えに行く時間が迫ってきたし(この日娘の高校は中間テストで、いつもより早く下校することを当日の朝まで忘れていました)、今日の会津見物はここでおしまいです。
帰路は喜多方経由で一時間半ほどで米沢に戻りました。


会津駅周辺のレトロな雰囲気いっぱいの商店街とか、、、
喜多方にある私のお気に入りの日帰り温泉とか、、
まわりたい場所がもっといっぱいあったのですが、それらはまた次の会津行きまでのお楽しみにしましょう






ランキングに参加しています
↓クリックしていただけましたら嬉しいです(^-^)
にほんブログ村 旅行ブログ ペンション・民宿・貸別荘へにほんブログ村




*******************


ペンション村キラキラ王国
味自慢の洋風民宿おしょうしな

山形県米沢市万世町刈安24156-45
tel&fax 0238-28-0447
http://www.oshosina.com
oshosina@dewa.or.jp

















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★自家製さくらんぼジャム★プレゼントキャンペーン

2009年09月29日 | イベント
期間限定キャンペーンのお知らせ!!

宿ホテルの自社ホームページ検索サイト『ホテル物語』を通じて、ただ今「自家製さくらんぼジャムプレゼントキャンペーン」を実施中です。


プレゼント内容:おしょうしなの自家製さくらんぼジャム2本セットを2名様


応募締め切りは10月7日まで。
詳細は、『ホテル物語』さんのトップページ画面左上の<プレゼントキャンペーン>の枠をクリックしてみてください。

宿ホテルの自社ホームページ検索サイト『ホテル物語』
http://www.hotel-story.ne.jp/



このような他サイトさんとの共同キャンペーンは始めての試みです。
今回のプレゼントキャンペーンの抽選、賞品の発送はすべて「ホテル物語」さんが行います。商品のさくらんぼジャムはすでに「ホテル物語」さんの運営会社に発送済みです。

どれくらいの数の応募があるか、ちょっとドキドキ。
たくさんの応募があるといいなあ~







ランキングに参加しています
↓クリックしていただけましたら嬉しいです(^-^)
にほんブログ村 旅行ブログ ペンション・民宿・貸別荘へにほんブログ村




*******************


ペンション村キラキラ王国
味自慢の洋風民宿おしょうしな

山形県米沢市万世町刈安24156-45
tel&fax 0238-28-0447
http://www.oshosina.com
oshosina@dewa.or.jp







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『とっておきの料理宿』に掲載されます

2009年09月26日 | 日々のできごと
この秋発行の旅行ガイドブック『とっておきの料理宿 北海道・東北版』(たる出版)で、味自慢の洋風民宿おしょうしなを紹介していただくことになりました。

一昨日と昨日が取材の日、出版社からライターとカメラマンがやってきて、うちに泊りがけでの様々な取材をしてくれました。

うちは料理が自慢の宿なので、やはり記事に添えるためにたくさん撮ってもらった写真も料理写真がメインになります。
私が特に気に入ったのは、一日目の夜、米沢牛と野菜を一緒に撮った一枚です。


テーブルのまんなかに米沢牛の生肉の塊がど~ん!
その周囲に自家菜園から採ってきた野菜がどっさり取り囲んでいる


いかにもおしょうしな、らしい雰囲気がいっぱいの一枚。
この場でその写真をお見せできないのが残念です。

翌朝には、私の手作りパンのある朝食風景(^-^)を撮り、その後車でうちの畑に移動。
まだ収穫が続いている夏野菜や、そろそろ大きく育ってきた大根などの秋野菜を撮影していただきました。

今回多数撮った写真のなかから、実際どの写真が記事に採用されるのかは、出版社さんにおまかせなのですが、とにかく本の出来上がりが楽しみです。


『とっておきの料理宿 北海道・東北版』は11月頃発売予定。
本が完成して全国の書店に並べられるようになったら、またこのブログでもお知らせします。






ランキングに参加しています
↓クリックしていただけましたら嬉しいです(^-^)
にほんブログ村 旅行ブログ ペンション・民宿・貸別荘へにほんブログ村




*******************


ペンション村キラキラ王国
味自慢の洋風民宿おしょうしな

山形県米沢市万世町刈安24156-45
tel&fax 0238-28-0447
http://www.oshosina.com
oshosina@dewa.or.jp





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パンの準備も着々と、、、

2009年09月18日 | 手作りパン
この週末から始まる秋の連休に向けて、朝食用のパンをせっせと焼いています。


おなじみのテーブルロールとレーズンプチパン



そして、、、
もしかしたら、この連休には手作り天然酵母パンに新メニューも登場するかも!?


予報では期間中はお天気も上々
皆さまもよいシルバーウイークをお過ごしください



ランキングに参加しています
↓クリックしていただけましたら嬉しいです(^-^)
にほんブログ村 旅行ブログ ペンション・民宿・貸別荘へにほんブログ村




*******************


ペンション村キラキラ王国
味自慢の洋風民宿おしょうしな

山形県米沢市万世町刈安24156-45
tel&fax 0238-28-0447
http://www.oshosina.com
oshosina@dewa.or.jp









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アケビの季節

2009年09月18日 | 本日の一品
親戚のK子おばさんから「庭のあけび棚のアケビが熟してきたから、取りにおいで」と電話をもらい、早速喜び勇んでK子おばの家に駆けつけました

アケビ棚には、ぱっくり口を開けたアケビがいっぱいぶら下がっていました。
美味しそう~
「たくさん持っていきな」とのK子おばの言葉に甘えて、どっさり摘ませてもらいました


ところで、アケビを食べるといえば、ゼリー質の実だけを食べて、皮は捨てるのが一般的だとか。
でも私たち山形人は、中の実よりも、むしろ皮のほうを喜んで食べます。

刻んで肉類と一緒に油炒めにしたり、中身を抜いて肉詰め(ピーマンの肉詰め同様)にしたり。

アケビの皮料理はややほろ苦くて、ちょっとオトナの秋の味です



ランキングに参加しています
↓クリックしていただけましたら嬉しいです(^-^)
にほんブログ村 旅行ブログ ペンション・民宿・貸別荘へにほんブログ村




*******************

《秋の味覚プラン》

ペンション村キラキラ王国
味自慢の洋風民宿おしょうしな

山形県米沢市万世町刈安24156-45
tel&fax 0238-28-0447
http://www.oshosina.com
oshosina@dewa.or.jp















コメント
この記事をはてなブックマークに追加