おしょうしな満腹日記~米沢と伊豆~

米沢スキー場ペンションおしょうしな跡地です。
米沢での家族との暮らし、これからも続く伊豆でのチャレンジをご報告します。

川中島の戦い~「夜の陣」

2009年07月21日 | 直江兼続「天地人」
上杉軍と武田軍が死闘を繰り広げた「川中島の戦い」を再現する模擬合戦は、春の上杉祭りのメインイベント。

それが今年は秋に再び、しかも夜、照明に照らされての「川中島の戦い」が行われます。

この「夜の陣」、出演者は公募され8月8日にはオーディションで謙信・信玄の両主役が決定するとか。
この秋、どんな謙信公、信玄公を見ることができるのか、今からとっても楽しみです



米沢上杉戦国絵巻『夜の陣』

日時:2009年9月26日 18時より
場所:最上川上流河川緑地

米沢上杉戦国絵巻『夜の陣』 公式サイト http://www.uesugi-festa.com/





ランキングに参加しています
↓クリックお願いします(^-^)
にほんブログ村 旅行ブログ ペンション・民宿・貸別荘へにほんブログ村




*******************

《天地人博パック》 チケットの残り僅かになりました


ペンション村キラキラ王国
味自慢の洋風民宿おしょうしな

山形県米沢市万世町刈安24156-45
tel&fax 0238-28-0447
http://www.oshosina.com
oshosina@dewa.or.jp












ポスター
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『直江兼続エピソード展』

2009年06月23日 | 直江兼続「天地人」

6月22日月曜日
上杉神社に隣接する「座の文化伝承館・蔵」で開催中の『直江兼続エピソード展』を観てきました。

直江兼続に関するエピソードのなかでも、史実としての裏づけのないものばかりを集め、そのエピソードの発信源となった書物などを紹介するという、ちょっと変わった趣向のイベントです。



例えば、

「直江兼続は大男で美男子だった」
「質素な暮らしぶりに徹し、直江夫妻が亡くなったあと、遺品として残されていたのはほとんど武具と書籍だけだった」

また、直江公の盟友前田慶次について
「前田慶次が、いわゆる東北の関が原『長谷堂の戦い』の際に自ら殿(しんがり)役をかってでた」

などなど、直江公にかかわる史実として確かな裏づけのない逸話と、その逸話が最初に紹介された書籍の写真などが30ほど展示されています。

展示された品々を観てまわって思ったのですが、直江兼続という人物については、実はよくわかっていない部分がとても多いのですね。
でもだからこそ、人それぞれが自分なりの直江兼続像を想像して楽しむ自由があるのかもしれません。




さて、この『直江兼続エピソード展』の会場になっている「座の文化伝承館・蔵」という建物。
私は地元民でありながら、この建物のことを今回初めて知りました。
文字どおり、昔の蔵、それも相当に立派な蔵の中をギャラリーとして改装してあります。

案内係の女性に、この蔵は誰の所有物だったのですか?と尋ねたところ

「この蔵はかつての上杉家の蔵なんですよ」

という返事に驚いてしまいました。

さらにお話を聞くと、現在上杉博物館に展示されている上杉家伝来の品々のいくつかは、昔この蔵に保管されていたとか。
そいえば、この場所はかつての米沢城のお堀のすぐ外、明治以降の上杉伯爵邸(現上杉記念館)のお隣ですから、昔は上杉家の所有地の一部だったはずですものね。



その昔、たくさんの上杉家代々の宝物が眠っていたであろう蔵に思いがけず入ることができて感慨深かったです。


『直江兼続エピソード展』は今月28日まで。入場無料です。


*******************


ペンション村キラキラ王国
味自慢の洋風民宿おしょうしな

山形県米沢市万世町刈安24156-45
tel&fax 0238-28-0447
http://www.oshosina.com
oshosina@dewa.or.jp




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紺地の日の丸

2009年06月12日 | 直江兼続「天地人」
「あやめの花とその旗の色がよく似合ってるね」

昨日たまたま遊びに来てくれた仲良しママが、うちの庭に掲げてある『紺地日の丸』ののぼり旗を見てそう言ってくれました

『紺地日の丸』は元来上杉家の軍旗の一つ。
なかでもこの『紺地日の丸』は、上杉家が天皇家から賜った大変に高貴な旗なのです。
普段は春日山城の毘沙門堂に納められていて、出陣の際にだけ先陣が背負って戦地に向かったのだそうです。

今では米沢の観光デザインの一つとして、この『紺地日の丸』の旗が主要観光スポットに掲げられ、訪れる観光客を出迎えています。


アヤメにシャクヤク、ジャーマンアイリス、西洋おだまき、、、
おしょうしなの庭も今、『紺地日の丸』の旗と共に色とりどりの初夏の花たちに彩られるいい季節になりました




ランキングに参加しています
↓をクリックしていただけましたら幸いです(^-^)
にほんブログ村 旅行ブログ ペンション・民宿・貸別荘へにほんブログ村




*******************
愛と義のまち 天地人博2009in米沢

《天地人博パック》
ペンション村キラキラ王国
味自慢の洋風民宿おしょうしな

山形県米沢市万世町刈安24156-45
tel&fax 0238-28-0447
http://www.oshosina.com
oshosina@dewa.or.jp






 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

直江博士、です(笑)

2009年05月13日 | 直江兼続「天地人」
ここ一週間ほど風邪をひいています。
咳とノドの痛みがシツコイったらなくて、、、
お客様にうつしてしまったら大変なので、接客は夫にまかせて私はもっぱら皿洗いや掃除といった裏方に徹しています。
昨日は高校の同級生、「早坂鍼灸院」の美智子先生が娘のMちゃんとご友人と一緒にお泊りしてくれたというのに、あんまり話も出来ずに申し訳けなかった~
薬嫌いな私でしたが、今朝美智子先生たちが帰ったあと、即かかかりつけのお医者様に行って薬を出してもらいました。これで早く治ってくれればいいのですが。





さて、ちょっと前の話になってしまいますが、先週用があって「米沢 愛と義のまち 天地人博」の会場、「県立米沢上杉博物館 伝国の杜」に行ったところ、ロビーに子供向けの直江兼続クイズがあるのに気が付きました。
パソコンの画面上で、米沢市のゆるキャラ「かねたん」が直江兼続に関するクイズがだいたい15問ほど次々と出題してくれ、全問正解するとご褒美がある様子。

こういうクイズは黙って見過ごせない私、大人げないと思いつつ、当然挑戦しました(笑)

この子供向けクイズに一問でも間違ったら、去年受験した「直江検定」の合格証を返上しなきゃ、、、というプレッシャーも感じつつ、なんとか全問正解。
「直江兼続夫妻のお墓があるお寺の名前は?」(正解:林泉寺)とか、米沢人にとってはわりと簡単な問題ばっかりでよかったデス。

もらったご褒美はこれ、「直江博士」の任命証。

印の代わりにかねたんの肉球が押してあるのがイイ




せっかくだから、家で改めてぬいぐるみのかねたんに授与してもらいました(笑)




*******************

「米沢 愛と義のまち 天地人博 2009」入場券パック

ペンション村キラキラ王国
味自慢の洋風民宿おしょうしな

山形県米沢市万世町刈安24156-45
tel&fax 0238-28-0447
http://www.oshosina.com
oshosina@dewa.or.jp

******************





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

新潟のお酒

2009年05月06日 | 直江兼続「天地人」
昨夜5日、新潟からおいでになったO様から、新潟のお酒をいただきました。



3種類のお酒、それぞれ大河ドラマ「天地人」にちなんだ名前がついています。






「お船の方」 中川酒造(株)長岡市
「天地人」  高千代酒造(株)南魚沼市
「兼続」   高千代酒造(株)南魚沼市

これら3本すべて直江兼続公にゆかりの深い土地の酒蔵で作られているとか。

お酒が美味しいこと有名な新潟産日本酒のセットですから、もー、ひと目見ただけでヨダレが。。。



今年のGWも今日が最後、私たちも明日から少しだけ休みがとれそう。
明日の夜、夫と一緒にゆ~っくりこの3本をいただいてみます。
O様、ありがとうございました



コメント
この記事をはてなブックマークに追加