冬は雨降り・・夏は素晴らしき・・住めば都

チャー助です。
カナダ・バンクーバーに移住して16年ほど。生活・子育て・日本について思うこと等を綴ります。

レジでのできごと

2017年01月31日 | 生活
この間、ドラッグストアで買い物をした時のこと。
私は小さいもの1点だけを購入、レジで順番を待っていた。
空いていたレジは2つ。それぞれに1~2人くらいの待っている人がいた。

私が並んだレジでは、女性がなにやら買い物をしてちょうどほぼ終わるころだった。それから次の女性が会計してもらっていた。
その人の会計が終わったところで、レシートの紙が切れたらしい。
レジの女性は、新しいレシートの筒みたいなのを出して新しくセットし始めた。
私の後ろにはどんどんと人が並び始めて、おそらく4~5人くらいになっていた。
でもレジの人は、結構のんびりと(本人としては別にのんびりやっているわけではないのだろうけど)、紙を取り替えている。最初うまくセットできず、やり直し、ごみを捨て、なにやら他の紙をどこかに移動して・・・
あのーー、そろそろレジやってくれないかなぁ・・・と思っていたのは私だけではあるまい。

私の後ろに並んでいた男性が、レジの人に向かって「あなた、ほんと仕事早いね~~」と言った。まぁ、もちろん嫌味なんだろうけど。
レジの人は「なんですか?」と聞き返す。男性は「仕事早いよね~、こんなに人が待ってるんだよー。よくこんなに素早くできるね~~」と言う。
ところがレジの人には嫌味が全く通じない。「(混んでるから)素早くやらざるを得ないのよ」とまんざらでもないような表情でいう。ほめられたとおもっているらしい・・・
ようやくレジの人は私の商品をスキャンして、支払い終了。1品だけなんですぐに終わる。
その頃にはようやくもう1つレジが開放。私の後ろに並んでいた何人かはそちらに移動した。私のすぐ後ろにいた男性はそのまま残っていたけど(私の番がすぐ終わったんで)。

日本にいったときによくいくドラッグストアは、レジに人が並びだすとすぐに「XX番レジ、開放してください」とアナウンスが流れ、誰かしらが小走り(←ここ大事)でやってきて素早くレジを開ける。
その迅速さには感心してしまうが、日本ではきっと普通なんだろう。
こっちではまずお目にかからない光景だ。
どんなに混んでいても、レジの人は増えない。レジの人、商品を出す人など、それぞれ持ち場が決まっていて自分の持ち場以外では仕事しないから、レジ打ちはレジにいる人だけがやる。またレジ打ちの人は商品を出したりする仕事はしない。
どんなに混んでいても、レジの人はあまり慌てないでマイペース。まあ、慌てて間違えられる方が困るからねー。
そして、レジの人とお客が世間話とかしたりして(もちろん知らない人同士)その間、レジの人の手が止まっていたり。
それでもみんな辛抱強く待つ。そうするしかないからね。

私が知る限り、中国系と韓国系など東アジア系スーパーは手際が良い。効率よく迅速にレジ打ちもするので感心する。やっぱりこういうのはアジア系ならではなんだろうなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寿司パーティー

2017年01月25日 | 生活
先日、友人同士で手巻き寿司パーティーをした。場所を提供してくれた友人は、寿司飯とか、ホタテ、いくら、などといった高級食材を用意してくれたほか、おしるこまで出してくれるという、素晴らしすぎるホストぶり。ありがたい・・・!

参加した人たちはそれぞれ何かしらを持ち寄り(事前に誰が何を持ってくるか決めてある)、生ハム、スモークサーモン、イカ、カイワレ、キュウリ、たまごなどなど、たくさんの具材がずらーーっと並んだ。たくさんで持ち寄るといろんな種類のものが揃うのですごい豪華。家でやろうとするとこれだけ材料を集めるのが大変、だし、お金もかかって大変。
いやー、楽しいなぁ。

実は私は、カナダに車で手巻き寿司って食べたことがなかったのだ。実家の両親はお寿司があまり好きではないため、出前の寿司はもちろんのこと、お店で買ってくるのもほとんどなかったし、ちらし寿司とか巻き寿司も家で作ったものが出た記憶はない。現在は、たまにスーパーで細巻きを買ってくるくらいだ。(太巻きも好きではないようだ)
なわけで、寿司というのは私にするとめったに食べることのない食事だった。回転ずしも、家族で行ったのはほんの数回程度。
海外に出て、日本人は毎日寿司を食べていると思っているような外国人にも会って、一般的な日本人よりさらに食べることのない私は、「めったに食べませんけど?なんで日本食というと寿司ってことになったんでしょうね?」ととても不思議だった。

数年前、友人が「うちで手巻き寿司しようー」と誘ってくれた時、おおーーついに食べる機会が!と思った。実は初めてだったので、どうやってやるのかあまりわからず、ともかく持ってきてね、と言われた食材をちょっとだけ持っていき、友人がいろいろと用意してくれたものに対しお金を支払うということにした。なにせどんなものを持っていけばいいのか見当がつかなかったので、用意してもらってあとで支払った方がいいと思ったのだ。手巻きのやり方もよく分らなかったので、見よう見まねで「要はご飯入れて具材を入れてくるっと巻けばいいのだな」と食してみる。
おー、美味しい~~
去年も同じ友人が手巻き寿司パーティーをしてくれたので、先日の手巻きパーティーが私の人生のうち3回目の体験となったわけである。

寿司はめったに食べなかった私だが、カナダに来てからはよく食べるようになった。日本食を食べるということになると、寿司を食べるという流れになる。なぜか・・・。他に頼みたいなというメニューがあまりない。なぜなんだろう??
それと、子どもが通っていた日本語学校ではファンドレイズのために寿司オーダーというのもあって、ひとつきかふた月に一回はそれを頼んでいたので、毎月1回は寿司ということになったり。
寿司が好きって訳でもないんだけど、なんかよく食べてるなぁ・・
寿司はヘルシー、と思っている外国人もいるみたいだけど、寿司飯には砂糖も入っているし、具材だってけっこうカロリーがあるものも。だからそれほどヘルシーってことにはならないんじゃないんだろうか。こっちで人気の日本食というと、天ぷら、から揚げ、テリヤキ、とかだけど、どれもヘルシーっていうんじゃない感じ。でも多くの人が日本食はヘルシーって言っているのもナゾだ。
話がどんどんずれるが、カナダで(私が知る範囲では)意外と人気なのが、ホウレンソウのごまあえ。どうしてなんだろ?シンガポールでは茶碗蒸しが人気だった。国によってさまざまだ。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

専業主婦

2017年01月19日 | 生活
私の周りの友達には専業主婦が多い。
フルタイムで働いている人はほとんどいなくて、パートで働いている人が何人かいる程度。
私自身もパートタイムで働いていて、その稼ぎは生活費の足しになっているとは言えない(せいぜい私のお小遣い程度)。

そんなわけなので、時間の余裕がある人が多い。
ある友人がよくいうことは、「人混みが嫌いだから、人が集まるところには行きたくないのよね」。彼女はそういう理由からいろんなイベント(たとえばフリーマーケット、とか、日本祭りみたいなのとか)には行きたくないという。行かなくちゃいけないところではないから、まったく問題ない。とりあえず、彼女にはなにかイベント系に一緒に行こうと誘うのは止めておいた方がいいかな、と思うくらいである。
人混みが嫌いだから、買い物も空いているときに行く。それはある意味いいことだと思う。それでなくても週末とかお店は混んでいるのだから、平日に出かけることで週末の混雑にさらに人を増やさなくてすむわけだし。
でも、「週末は混んでるでしょ、私には絶対ムリ」という発言にはちょっとモヤモヤする。
誰しも混んでいるときに買い物なんてほんとは行きたくないと思う。でも平日に働いていたら、週末しか買い物に行けないかもしれない。嫌でも行かないわけにはいかない人は多いと思う。だから「よく週末の混んでる時に買い物に行けるよね、私無理~~」という言い方は、なんかなぁと思ってしまう。

この発言は優雅な有閑マダムか!?、と思ってしまうのだけど、そんな風に感じるのって私だけなんだろうか。

ちなみに私も平日に時間がある方なので、買い物は基本的に平日、しかも通勤通学の落ち着いた10時ごろから出動ということが多い。でも週末に買い物に行くこともある。平日に車をだんなが使っちゃったりすることもあるので。件の友人は、だんなさんが会社の車を使って通勤もしているため、いつでも自分が好きな時に車が使えるのだ。やっぱり、優雅だな~(うらやましい)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪は大変

2017年01月16日 | 生活
日本は大寒波に見舞われているというニュースを見た。
私の実家は千葉で、穏やかな年明けだった、と家族から聞いた。その頃、こっちは激寒で、ほんとに羨ましいと思ったもんだ。
ニュースで見る限り、寒波に襲われているといっても千葉は最低気温マイナス1度くらいまでのようで、それほど大変ではないか・・・と思ってしまった。

こちらは12月初めに雪が降り、雨が降ったりしつつも、気温があまり上がらなかったため、雪がしっかり残ったまま。そのうちぐーんと寒くなってしまって、また雪が降って・・・なんてことを繰り返していた。うちのちかくでは、最初に降った雪は溶けずに残ったままの部分もたくさんある。寒いので雪が氷に変わっている感じなのだ。
積雪については場所によって随分違っていて、私の住む市でも場所によってはうちのあたりよりも雪が多いところもあったり、バンクーバーのダウンタウンなど「雪は降らなかったの?」って思っちゃうくらい全然残っていないところもある。
雪がたくさん降って喜ばしいのはスキー場。今年はたくさんお客さんが来ているようだ。スキーをしたことのない私には関係のない話・・・

年末に、用事があってバンクーバー東部の辺りへ行った。うちの周りの雪状況からすると、私が車で出かけても大丈夫そうな感じ・・だったのだが、私が出かけた先はここよりももっと雪が多くてびっくりした。
まず、車を停めるところが見つからない。路上駐車する必要があるのだが、路肩には雪が寄せられていてとても停められそうにないところばかり。少し小さな道に入ってみると、雪かきが全然されていないため、(大通りは雪かきされているし、車の通りが多いので自然と雪がなくなっていく)気をつけて走行しないと雪にはまってしまいそう。実際、私がすれ違った車は次に左折しようとして道路にたまっていた雪にはまってしまっていた。しばらく苦心したのち何とか出られたようだったけど・・・
これはやばい・・・しかし、なんとか停められそうな場所を見つけて路肩に寄る。その時、ずぼずぼっとハマった感覚がちょっとあり「こ、これはまずいかも」と思う。でももう停めてしまったので、まずは用事を済ませに行く。用事を済ませて、そこにいた知人には「もし出られなくなってどうしようもなくなったら、助けを求めに来るかも・・・」と言い残して外に出た。(結局、助けを求めずにすんで良かったけど)
さて車を出そうとしたら、案の定、タイヤは空回りして一向に動かない。やっぱり・・・。トランクにはシャベルを積んでおいたので、タイヤの周りを雪かきしてみる。再度トライ、動かない。また雪をすこしかいてみる。再度トライ。ちょっと無理矢理タイヤを回してなんとか出られた。あんまり勢いよく飛び出して、道路を走る車にぶつかっては大変なので、車が来ないか見ながらちょこちょこ動かし、最後はちょっと無理矢理アクセルを踏んだ感じ。これって車には良くなかったかもしれないが・・・

友達も、ゆるいけれど長く続く坂道を上がってこれなくなった車を何台も見たと言っていた。坂の下の方では雨だったのに、上に上がってきたら雪になっていたからびっくりしたという。自分の運転していた車も交差点でなかなか停まれなくて怖かったとか。停まれなかったら、交通量の激しい道に飛び出しちゃうところだったようだし、なんとか停まれてよかったけど。
そんなわけで、この1か月ちょっと、雪と凍結が心配でひやひやしていた。先にも書いた通り、自分のうちの周辺はそれほどでなくてもちょっと離れた地域(それもすごく遠いところではない)は全く違う状況だったりするのも怖いのだ。

そして車を運転するより怖い、歩道。つるつるのスケートリンク状になっているところがあちこちにあり、おちおち散歩にも行けない。しかし犬の散歩をしなくてはいけない私は毎回気をつけながら歩く。足を滑らすことは何度もあったが、転ぶことは今のところなく、なんとかやっているって状態。
私なんて転んだら怪我の危険度が高いに違いない。私の知っている人は、ちょっとした段差で転び複雑骨折をしてしまったと伝え聞いている(この人の場合、雪のせいではないのですが)。その人は私よりちょっとだけ年上というだけ。私も転んだら結構大変なことになる年代に入っているから、ひとごととは思えない。

雪も困ったけど、気温が低い日が続いたのもつらかった。
朝晩の最低気温がマイナス7度、8度なんて日があると、なんてこったー、と思う。
だんなは寒冷地の出身で、昔、クリスマスの時期に遊びに行ったとき、義母が外の寒暖計を見て「ー5℃だって、今日はちょっと温かいわね」などと言ったことがあるが、ここらあたりではありえない発言だ。
ともかく、日中の最高気温が0℃なんて日が続いて、春を飛び越えて夏になって欲しいと思った。正直、私は暑い方がまだマシと思うほうなので。
そんな寒さの中、ものすごい薄着で過ごしているのがうちの息子。どっかおかしいんじゃないか?と思うのは私だけではないようで、一緒にバスなんか乗っていると周りの人がまず一瞥・・・いやー、こんな薄着でいる人は確かに変な目で見られるだろうな、と一緒に歩いているのがちょっと恥ずかしかったり。私が息子に満足に服を着せてあげてないでヒドイ親であるかのようにみられたりしたら、理不尽でもある。私は毎日のように、それじゃ寒いからもっと着なさいと言い続けて、無理やり着せようとしたりしているのだ(それでも着ない)。
実際のところ、本人も寒いと感じてはいるようなのだが、それでも薄着で通しているその理由はまったく計り知れない。私がヒートテックに、タートルネック、セーター、ジャケット、帽子、手袋、マフラーをしている傍らで、薄い長そでシャツ一枚って・・・明らかにおかしいでしょ。(ま、私が厚着ってこともありますが)

しかし、今週から気温が上がるそうだ。その代り雨の日が続くらしい。
雨は嫌だけど、雪よりはマシ。気温が上がるという予報が外れないことを祈るのみだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーネス事件

2017年01月11日 | 生活
昨年秋から我が家のものがあれこれ壊れている。
家電なんかも1つ壊れると次々と他のが壊れたりすることがあるが、これもそんな感じ?

昨年11月はシャワー、というか、シャワーの配管がダメになってしまって取り替えることになった。
これは作業がなかなか進まず、シャワーが使えない大変なことになっていた。知り合いに頼むのは構わないのだが、きちんと仕事してほしい・・と思った一件。

ことしに入ってすぐ起きたのはファーネスの故障。ファーネスとはガスを使っているヒーターだ。こちらはセントラルヒーティング式が多く、ファーネスが一番下の階とか地下に備え付けられており、大抵リビングルームなんかにあるセンサーに設定してある温度より低くなると、ファーネスが点火、暖かい風を送り出してくるのである。
この温度の設定はもちろん自分でできる。設定温度を高くして家の中をホカホカにしている人も多いが、我が家では暖房代をけちっているので設定温度は低め。夜寝るときはさらに下げておく。ただし、あまり下げ過ぎるとさすがに寒すぎる・・・それに、かなり低くなってしまった室温を上げるためにファーネスががんがん作動してしまうため、逆にガスを使ってしまうことになる。だからほどほどの室温に保っておく方が実は節約になるらしい。

火曜日の夜、なんかファーネスが作動しないな、結構寒いのに変だな・・と思ってセンサーを見てみると、あきらかに設定温度よりも低くなっているのにファーネスが作動していないのが分る。
おかしい・・・。その後も、ファーネスのスイッチが入ったような音がしてもその後温風が出てこないというのが何回かあり、これは、壊れたな、と確信。
ただ、私にはなにが悪くなっているのかがわからない。
だんなが帰宅後、チェックしたところ、点火させるスパークが壊れているようだという。
水曜日の朝、修理屋さんに電話、木曜日の午前中に行きます、とのことだ。そっか、今日一日寒い中で過ごすってことね・・・
いつも我が家はほっかほかにしているわけではないが、それでもファーネスがないとなると、極寒である。
今冬は、雪も多く、寒さも厳しい。よりにもよって、最低気温マイナス7℃とかになるようなときに壊れなくても・・・涙

昼間は天気が良かったので日当たりのよい部屋ではそれほど寒さを感じなかったが、朝と夜の寒さには泣きそうになる。それでも吐く息がみえるわけではないので外よりは暖かいのだと思うが・・。
ホームレスの人はこんな寒い(というかもっと寒いんだろうけど)屋外で夜を過ごすなんて、ほんとうにつらかろうと思う。
子どもたちも朝起きて「さむい~~!!」。むしろ暖房の効いた学校にいたほうがマシって感じだった。

金曜日に雪が降るという予報だったので、週末にしようと思っていた買い物を木曜日に済ませてしまうことにした。
2つの店に続けて出かける。買い物ってそれだけでも結構疲れるのに普段滅多にしない2軒はしご(それも距離が結構ある)をしたので疲れてしまった。←根性なしです。
ともかくそれで午前中はほぼつぶれ、私が戻ってきたらファーネスの修理も終わったようだった。
いままで家の中がすっかり寒くなってしまったので、設定温度15度までに持ってくるだけでもファーネスが、がんがん作動。しかしその音を聞いて、しみじみと直って良かった~~と思うのであった。

こういう自分たちではどうにもできない故障があると、ひとにきてもらって、当然お金もかかる。しかし、住んでいれば老朽化してきて修理が必要なことやメインテナンスをきちんとする必要とか出てくるのは当然。だから、仕方のない経費なんであるが。
ここのところ続けて修理しているため、またお金が出るのかー、と思ってしまうのも確か。
さらに、冷蔵庫のハンドルが壊れてしまった・・・これは自分たちで修理できるだろうけど、まったくもう~~。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年あけましておめでとうございます

2017年01月03日 | 生活
あっというまに年が明けてしまった。きょうはもう1月3日とは。
冬休みが12月19日から始まった(その前に土日があるから実質的には17日から始まったようなもん)子どもたちの学校も、1月3日から開始。日本ではまだお正月気分が残っている頃であろうが、こちらはクリスマスがなんといっても一番のイベントで、お正月はそのあとにおまけのようにやってくるため、重視されてないのがよく分る。
1月1日から開いているお店も増えたし。もっともこれは日本でも同じですけどね。

冬休みというのはクリスマスやお正月やらとイベントが多いせいか、何やら忙しく、あっという間に終わってしまう。今年は旅行に行ったり、風邪ひいたりしていたから余計にあっという間に感じた。
この冬は雪も多いし、寒いし・・・ってことで、寒さに弱い私には厳しい冬でございます。まだこんなのが数カ月続くのかと思うと・・ううう・・・
クリスマスが終わったら年末に向けて、ちょっとは掃除でもしようか、とぼちぼち掃除をする。とはいっても掃除が嫌いな私のこと、大掃除というほどの念入りなのは当然しない。そして我が家のメンバーは私に輪をかけて掃除が嫌いなので誰もしない。だからこれでも私が家の中で一番掃除をしている、ということになる。なんて恐ろしい家なんだ!
家の中のことはほぼ全部私がやっているのだが(いろんなこと手抜きの私がやっているので、よくまぁこんなんで家が回っているよな・・という事態になってはいるが)、犬の散歩も私担当ということになっている。もっとも1日3回の散歩のうち、1回は他のメンバーがやってくれるのだが、それはちょっと外に連れて行くだけってやつで散歩とは言えない感じ。私は長い散歩の担当なのである。
風邪をひいて具合が悪くても、犬を連れて1時間近く散歩にも行った。他のメンバーは長い散歩をしたがらない、ということもあるが、うちの犬が変な奴で、私以外とはあまり長い散歩に行きたがらないのである。

雪が降り、雨になり、それでも気温が低いので溶けないまま、雨でぬれたところが凍っていく。雪はさらさらではなくなり、ゴリゴリと硬い氷に近い状態になっている。人がよく歩くところは踏み固められてツルツルになり、場所によってはスケートリンクみたいになっていて危険。
雨と、多少溶けた雪が舗道に流れてそれが凍り、思っても見なかったところが滑りやすくなっていたりして、歩道は危険なところがいっぱい。
高齢者など足元が不安な人は、歩道より車道のほうが滑らないということで、車道を歩いたりしてこれまた見ていると危なっかしい。うちの近所は車の通りが多くないからできることなんだろうけど。

私も犬の散歩中、何度もおっと!と滑りそうになった。転ぶところまではいってないけど、足が滑ってよろけたり。滑ってジャリ!!という音を立てると犬がそれにおびえて「なに!?」という感じで振り向く。あとよろけた時にリードを引っ張っちゃって犬が引っ張られちゃっってビックリ!ということも。すまん・・・
車道は大体きれいになっていて、特にバス通りや車の通りが多いところは、問題特になし。ただあまり車が通らない小さい道はちょっと注意が必要で、たまに滑りやすくなっているところがある。

大晦日にはまた雪が降り、道路はやや滑りやすい状態になってしまったが(いつもみんな飛ばしている道路でもちょっと用心してゆっくりめに走っていた)、夜遅くには止み、道もきれいになってきた。いつも大晦日には友人宅の近所にあるお寺に除夜の鐘を突きに行くのだが今年は行かなかった。お寺のあるあたりは住宅ばかりの車のあまり通らないところだから、雪もたくさん残っているだろうし、坂道もあるので車の運転が心配だったから。新年早々車をぶつけたりしたらシャレにならん。

そして新年。天気がいい日が続いているのだが、寒い!日中でも-2℃とか、どういうことだ。
当然雪は全然なくならないし、予報ではまた降るらしいし。もう雪は嫌だー。

ともかくも2017年も明けました。ブログを読んでくださった方、どうもありがとうございます!今年も良いことがみなさまにたくさんある年となりますように。
今年もどうぞよろしくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加