冬は雨降り・・夏は素晴らしき・・住めば都

チャー助です。
カナダ・バンクーバーに移住して16年ほど。生活・子育て・日本について思うこと等を綴ります。

日本語教育

2016年04月29日 | 子ども・家族
日本語教育講座なるものを聞きにいった。
バイリンガルに子供を育てるためには、といったテーマだったのだが、うちの子みたいなティーンエイジャーでは手遅れかな~とは思いつつ。

ここでいうバイリンガルは日英ということになるだろう。保護者が一番気にしてるのはおそらくどうやって日本語を維持させるか、どうやって日本語学校に通い続けさせるかだと思う。
小さいうちは日本語学校も結構楽しくて、そこに行かないと会えない友達なんかもいて、そのためにも通い続けることが比較的容易だと思う。
しかし、子供の年齢が上がるにつれ、継続が難しくなっていく・・・というのは多くの人が抱えている悩みだと思う。

子供も大きくなってくると、現地校の勉強も大変になってくるし、日本語の勉強内容もやっぱり難しくなってくるし、日本語なんてなんで習わなくちゃいけないの?と思うようになってくる。
実際、日本語を使う機会はすごく少ない。中国人とか韓国人のように大きなコミュニティがないので、限られた小さい範囲内(たとえば、家庭内や日本語学校のみ)でしか日本語って必要がないのだ。
漢字とか難しいのに、なんでこれを勉強しなくちゃいけないの?と聞かれれば、親としてはいろいろ理由をつけてはみても、大体は子供の納得いくものとはならないだろう。

そんなことをつらつらと思いつつ、講師の方たちのお話を聞く。結局、最終的には子供自身に日本語が大切な自分の一部であるということを認識してもらわなければ、維持していくことは難しいんだな、ということはわかった。

最後にみずからの日本語学習について話をしてくれた人の話は結構ぐっときてしまった。
両親は日本から大人になってから移住した日本人だが、家庭の事情もあって18歳まで日本に行ったことはなかったという。ただし、日本から祖父母はよく遊びに来てくれたようだが。まったく日本の人と没交渉でもなかったとはいえ、やっぱり英語の方が得意だというが、これだけ日本語を維持していったのはすごい。
日本語学校も高等科まで卒業。日本語でのスピーチも立派なものだった。うちの子たちもこれだけ話せるようになたら文句ないわ~~と思う。

親が日本語を続けさせるために努力したこともよく分るが、本人が日本語を自分の大切なアイデンティティのひとつと認識し、これからも日本語を勉強し続けたいという。
子供たちが嫌がることも多々あるだろうけど、先生や親は励ましてあげて、日本語や日本文化の良さを伝え続けてほしい、先生、親などが協力して日本語教育に携わることで、子供の心も育つだろうと。
なんかちょっとうるっとしてしまった。

うちのこたちが、いつかこういうことを言ってくれたら感動しちゃうだろうなぁ。
そのために私は種を蒔き水をやり続けなくちゃいけないんだろうけど、くじけ気味。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サイトにアクセスする場所を求めて

2016年04月20日 | 生活
息子の野球チームも試合をいくつかこなし、本格始動。しかし、3回試合やって全部負け。この前やっと4試合目で初白星であった。ここから分かる通り、決して強いチームではないな、と。
3回目の試合では点差10点でボロ負け。私はこの日は見に行けなかったのだが、帰ってきた息子がぶんむくれであった。

野球は試合の時間が長い。2時間半から3時間くらいかかる。それが見ているほうとしては結構つらい。サッカーならもうちっと短いんだけどなぁ。ただ、サッカーは寒い時期にやるので見ている方も寒くてツライ。結局スポーツを子どもがやると親は大変なんである。
あと、野球はなんかスピード感がないので、途中でだれる。退屈だ・・・早く終わらないかな・・とか思っちゃう。これってもしかして息子のチームが弱いせいだからかな?強いチームなら見ていても楽しいのかな。

さて、私、チームマネジャーなるお名前を頂いており(笑)、コーチから仕事をまたひとつおおせつかった。たいした仕事ではないので、やるのはまったく構わないのだが、この仕事が私を窮地に追い込んでいるのである。(おおげさ)

いくつかのリーグが集まって試合をしているわけだが、その共通のウェブサイトみたいなのがあるようだ。そこに試合の後にスコアを入力しなくてはならない。その作業は、ホームチームがやることになっている。
全部で20試合くらい予定されているのだが、ホームとして試合するのはその半分の10回くらい。そのスコアを入力する作業なのだ。そのサイトの「スコア入力」というアイコンをクリックすれば、入力画面に飛ぶ。そこに、チーム名や点数を入れるだけ、といたってシンプルな作業だ。

しかしここで問題発生。そのスコア入力の画面にいけないのだ~~。なんどやっても駄目。ファイヤーフォックスがダメなのかな、インターネットエクスプローラーでやってみてもダメ、クロームでやってみてもダメ。だんなのPCでも子供たちが使っているPCでもダメ。これじゃ、できないよ~~
ってことで、コーチに相談。コーチはもう一人のチームマネジャーに相談したが、彼女もできないという。
さらに私は、息子のクラスメイト(去年も同じチームだったが、今年も一緒)のお父さんにも頼んでみる。結果、X。

なんでみんなできないんだろうか・・・だんながいうには、IPアドレスがブロックされているのではないか云々。
この地域一帯がブロックされているかもしれないから、他のところに行って試してみたら?という。
とはいえ、私の電話もタブレットもWifiが使えるところに行かないとインターネットが使えないんだよなぁ。

ということで少し離れたところにある図書館へ。ここでは15分まで無料でコンピュータが使えるのだ。もちろんインターネットも。この日は車が使えずバスを乗り換えて行ってきた。結果、X。しょぼーーん。
だんなに電話したら、メトロタウン方面ではできるのではという情報。バスに乗って歩いて、30分くらいかけて到着。ここの図書館でトライしてみる。結果、X。しょぼーーん。
とぼとぼバスターミナルへ向かう途中、ティム・ホートンズ発見。ここには無料Wifiがあったなぁ、と思い入ってみる。はたして、ここでは入力サイトに入れた!が、しかし、私の電話のタッチスクリーンの具合が悪くて(いつも悪いのだけど)、途中でぶっちぎれてしまった。がーーーん。

しかし、これでできるところを発見した。ティム・ホートンズ。
でもスコア入力の度に出かけていくのか・・・
なわけで、この前の金曜日の試合の結果はちょっと遅れて日曜日にティムで入力。
日曜日の試合は、翌日月曜日に、ティムで入力。
行くたびに、やっぱり何も買わずに入るのもまずいでしょ、ということで一番小さいコーヒー買ったりして。
何で私がこんな労力+経費(っていっても1ドル程度)をかけてやらねばならないのでしょう。
でもほかに方法がないし。
実は、だんなが働いているところのコンピュータでも入力できることが発覚したのだけど、だんなに頼むとすぐやってもらえないという問題点があるのでね。

このままシーズン終わるまで私はティム通いを続けるのでしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高級(?)ドーナツ

2016年04月18日 | 食べ物
気がついたら、更新が途絶えていたこのブログ。それはなぜかというと、いそがしかったから。で、いそがしいときって、なぜかブログのネタになるようなことが起こらない。ただ、忙しいだけ・・・。
日常の出来事はあれこれあって、目が回りそうなのに、書くようなことがおきないってなんなのだか。

もう何日も前のことなのだが、ダウンタウンに用事があっていってきた。滅多に出向かないダウンタウン。用事はきっとすぐにすむことだし、せっかくだから何か買って帰ろうと思いついた。(←この思考が田舎者っぽい)

ネットで調べていてドーナツ屋さんにいきついた。カナダの有名なドーナツチェーンといえばティム・ホートンズである。数年前にバーガーキングに身売りしてしまったがそれで何かが変わるということは、外から見ているぶんには何もなく、これまでどおりのカナダのドーナツ屋さんである。ここでは、コーヒーもドーナツも、サンドイッチも売っている。スターバックスより安いコーヒーもまあまあ悪くはない。

バンクーバーにはこういうチェーン店ではないドーナツ屋さんがいくつかある。そのうちの一つに行ってみた。
おそらくカーテムズという名前なのでしょう。(よく分ってない)店の中はシンプル。奥でせっせとドーナツを作っている人たちの姿が見える。カウンターには10個くらいのドーナツが並んでいる。それは見本みたいなもんで、注文すると後ろから取ってくるようだ。

店に入る前には、思い切って12個買っちゃおうかな!とか思っていた。ちなみにカナダとかアメリカとかってなぜか単位が12個っていうのが多い。なぜ、10じゃないのか不思議なんだが。12個をDozen(ダズン)という。1ダースですね。この単位で数えることが多いんだよね。だから6個なら、ハーフダズン。
さて、店に入り、値段表を見たら12個で36ドル!げ!高すぎる。ドーナツにその金額は出せない。36ドルっていったら、DQ(アイスクリームとかが主なんだけどハンバーガーなどを売っている店舗もある)で、4人分のお得セットが買えておつりがくるぞ。
というわけで、ハーフダズンにしました。それでも18ドル。
それを箱に入れてくれるのだが・・・



この大きさ。
比較のためにティッシュの箱を隣においてみました。
そしてこの箱をビニールに入れてくれるわけでもないので、平たい状態でかかえて持って帰ったわけ。
日本のみたいに、横長の箱にしたらもっと紙も使わず、省スペースなんじゃないの?と思うのだが。

家に帰って開けてみると、



このゆったりとした入り方・・・
この同じ箱で12個入りも6個入りも対応しているんだろうね。
右端の2つはトリプルチョコレート。つまり生地も、かかっているのもチョコで、つぶつぶチョコがのっかてる。
真ん中の上のはアールグレイ。生地に茶葉が入ってた。でも食べてみてもアールグレイの香りも味もしないのはなぜ!?
下のはソルテドキャラメル。だんなにあげたので味はわからず。感想は「美味しかったよ!」だそうです。
左側上のは、ロンドンフォグ。これは、紅茶カプチーノみたいな飲み物なんだが、その味のドーナツってことらしい。なかにクリームが入っているのだけど、普通カナダのなら、極甘!で食べらんない!ってことが多いが、ここのは甘さ控えめでなかなかおいしかった。
下のは、ウィスキーベーコンなるシロモノ。ベーコンが甘いドーナツの上にトッピングされている・・・。まず見た目がいまいちなんだけど。



これはみんなで分けて食べてみようということになり、4つに分ける。
甘いドーナツにちょっと塩気のあるベーコン・・うむ・・合わないとまでは言わないが美味しいとも思わず。
子供たちは、見た目で拒否反応を示したものの一応食べてみたが、「おいしくない!」
唯一、だんなだけが「美味しいよ!」と食べていた。うーん、この人はなんでもおいしいからなぁ。

ひとつ3ドルの高級ドーナツ。感想としては、甘さは全体的に控えめなので結構おいしいのは確か。
ティム・ホートンズのドーナツなんてすっごく甘くて知覚過敏の歯が痛くなるが、ここのは大丈夫だった。
また食べたいなと思うのもあったので、結構よかったかも。
ただし、このドーナツのためだけにダウンタウンに出向こうとまでは思わないけどね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コストコはなぜいつも混んでいるのか

2016年04月05日 | 生活
私はひと月に一度くらいの頻度でコストコに行く。
トイレットペーパーを買うのが一番の目的だ。ここのトイレットペーパーはたくさんロールが入っているので、しょっちゅう買いに行く必要がない。昔は一回買うと2か月近く持っていたのに、子供が大きくなってきたらそうもいかなくなってきた。なんといっても娘がペーパーをたくさん使う。お金を払ってもらいたいもんだ。

トイレットペーパーに限らずコストコで買うものは大体いつも決まっている。くるみ(私のスナック。コストコで大袋が安い)、魚とか肉(1パックにたくさん入っているので魚1パックとひき肉1パックとかで十分)、チアバタとかいうパン、ミニチョコレートクロワッサン・・・たまに、サンペリグリノというジュース。私も子供も好きな微炭酸ジュース。サンぺリといつも略して読んでいるため、名前がうろ覚え。今回ここに書くのに名前を調べました(笑)。

1つ1つが単位が大きかったり、量が多かったりするので、7~8品買って100ドル超えなんて普通。いつも大金を払って帰るのである。

それにしてもコストコはいつも混んでいる。いちおう、ホールセール(卸売り)っていうことなので、商品の量が異常に多いのだが、一般の人も会員であれば買い物ができる。でも買っている商品を見ると、「あー、きっとこの人はカフェでもやってるかな」とか、「小規模のレストラン経営しているかな」、という感じの人もいる。営業時間が他の一般的なスーパーに比べて短いのも混んでる理由なのかな。あと、祝日は休みとか、働く人にとっては結構いい環境かもしれない。実際、働いている人の感じがいいことが多いので、給与や待遇などは悪くないのかもしれない。

私がいつも行くコストコは、平日は朝10時に開店するのだが、10時前から駐車場には続々と車が入ってくる。そして入り口に人がどっさり立っていてドアが開くのを待っているのだ。どデカいカートを押しながら店内を歩くので、通行には注意が必要なこともある。それでも平日はまだ良い方で、週末ともなると、もうすごい混雑。まず駐車場でとめるスペースを見つけるのが一苦労。やっと1つスペース発見!と停めて店内に入ると、当然だがすごい混雑。みんな大きなカートを押しているので、あちこちで渋滞が起きる。しかも、週末は試食の人が結構出ている。そうなるとその周辺がさらに混雑する。店内を移動してるだけで疲れてしまう。

日本のコストコも混んでいるのだろうか・・・・
コストコの会員カードは全世界共通ってことらしくて、カナダの会員カードでも日本のコストコで買い物ができると聞いたことがある。
一度、コストコの近くまで行ったので、「あ、そういえば・・」とその話をしたら、妹が「じゃ、行けるの?」と聞いてきた。それなのに・・・カードを持ってきてなかった。日本でコストコに行くつもりなかったので。
今度は持って行ってみよう、そして、日本のコストコも行ってみようかなと思う。
あんまり混んでたらイヤかもしれないけど。

そういえば混んでいる、と言えば、アイケア(日本ではイケア)も混んでいる。とくに週末、あと、雨の日とか、春休みや冬休みとか。混んでいるときは、広い広い駐車場の中でも停めるスペースが全然見つからないことがある。私は一度、子供と一緒に大変に混んでいるアイケアに行ったことがある。車がどんどん出入りする駐車場の入り口で、左折(日本でいうところの右折に値する)するために少し待っていたら、後ろからものすごい勢いでホンクされ(クラクションを鳴らされること)すっごく怖い思いをした。混んでいるときは、みんなイライラしているからあちこちでホンクが聞こえる。
結局、駐車するスペースが全然見つからなくて、子供たちも「もう帰ろうよ~」と言い出したので、帰ってきてしまった。
駐車場がこれだけ混んでいるとき、なんとかスペースを見つけて入ったとしても、店内もすごい混みようで、特にレストランなんて大行列になっているだろう。それを考えると、店に入る気もしなくなる。

またコストコに買い物に行かなくてはならない時がきた。私はそれでも比較的人が少ない平日に買い物に行けるからまだいいほうかもしれない。
週末の混んでいるときに行きたくなくても、その時しか行けないという人もいるのだろうから。
私の友人で、専業主婦だからいつも平日の空いているときにお店に行ける人がいる。その人は、「混んでいる週末とか絶対無理!買い物になんか行けないわ~」というのだが、週末に行くしかないという人が聞いたらうらやましいというか恨めしく思うのではないかしら。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加