冬は雨降り・・夏は素晴らしき・・住めば都

チャー助です。
カナダ・バンクーバーに移住して16年ほど。生活・子育て・日本について思うこと等を綴ります。

お勉強ができる子

2014年04月24日 | 子ども・家族
娘がセカンダリーという中高一緒みたいな学校に通っている。
私の住む市では、エレメンタリーが7年生まで(日本でいう中学1年)あり、その後12年生(日本でいう高校3年)までがセカンダリーとなる。
ちなみに他の市では、エレメンタリーが5年生まで、ミドルスクールが8年生まで、ハイスクールが12年生までというところもある。市によって違うってのが不思議でもある。私立校ってわけでなく、公立なのにね。

娘はいま8年生である。
7年生までフレンチイマージョンに通ってきて、セカンダリーでもフレンチを続けている。
娘のエレメンタリーからは6人しか今の学校に入学しなかったので、あとはほとんどもう一つのフレンチイマージョンのエレメンタリーから入学していることになる。

セカンダリーというのは、個人で選択するコースが様々で一応ホームルームはあるものの、授業はみんな一緒のものを受けるとは限らない。
ただ、9年生くらいまでは必須科目がほとんどなので、コースで別々の授業を受けるという時間はそれほど多くないようだ。
娘の場合も、9コース取っているが、そのうち選択式だったのは、1コースだけ。あともう1つは課外みたいな取っても良いが取らなくてもよい、みたいなコースが1つ。
そして残りのうち2つは前期だけ、後期だけとかになっている。
そして数週間前は、9月から始まる新学期のためのコース選びをする時期となっていた。
でも8年生の時と選択科目はほぼ変わらず。だから来年度もあまりかわらない科目を受けることになりそうだ。

これまた不思議なことであるが、娘の通うセカンダリーと、そこからほんの少し離れた場所にあるもう1つのセカンダリーとでは、学期の分け方が違うらしい。
学校ごとでそういうのって決められるの?と不思議である。
娘の学校は2学期制で、それぞれの学期の途中で中間レポートのようなものが出る。だから年間で4回通知表をもらってくるのだ。
もう1つのセカンダリーは3学期制だと聞いている。

エレメンタリーは通常3学期制で、冬休み前、春休み前、夏休み前に通知表をもらってくるので、娘の学校の学期の分け方が最初「??」であった。

娘がこのたび、3回目の通知表をもらってきた。これが思っていたよりは良かったので、私はびっくり。
娘の話にでてくる友達の話を聞いていると、時折、すごく成績がいい子のことがでてくる。
今までの通知表はいつもストレートAだったとか・・・ストレートAとはすべての科目でAを取るということである。すべてということは、たとえば音楽や美術(これはどっちかを取るという選択式)、体育なんかもAを取らなくてはならない。つまりオールラウンドに優秀でなくてはならないということだ。
小学生くらいだと、まぁ、それほどすごくもないのかもしれないが(私の尺度からするとすごい!のであるが)、セカンダリーで学年が進んでくればもちろんそれは難しくなる。

このストレートAを毎回取っているという女の子は、日本語も習っているという。たしか台湾とイギリスのミックスということだったとおもうので、英語はもちろん中国語もできるようだ。
娘もこうした子を見習ってくれたら成績も上がるのでは・・?と期待したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イースター

2014年04月17日 | 生活
すっかり、ブログの更新を怠りがち。
それというのも仕事をしているせいである。仕事をしているとなんか書くことがないんである。毎日同じことを繰り返しているだけなのでね。

この週末はロングウィークエンドである。これはいわゆる連休のこと。
イースターのお休みは、グッドフライデーという金曜日とイースターマンデーという月曜日で合計4日連休だ。
ただ、イースターマンデーはいわゆる法定祝日ではなく、休んでもいいけど、というような日なのである。法定祝日に働くと、時給でもらっている人は時給の1.5倍の金額がもらえる。
だから、多くの会社がグッドフライデーは休みでもイースターマンデーは開いているってことがおおい。
イースターマンデーに確実に休みなのは、学校や政府関係、郵便配達とか。

私は通常、木曜日が休みであるが、今週は金曜日が祝日のため、会社はお休み。だから代わりに木曜日に出勤する。
月曜日は、本来会社は休みではないのだけど、今年はなぜか社長が「お休みにしてもいい」と言い出した。
仕事がほかの曜日にうまいこと振り分けられるなら休んでよいという。
本人も「私も休みたいしねー」とのこと。最近、社長は心身ともに疲れるような事態にあったので、このように感じるのも確かにわかる。

休んでもいい、と言われれば、そりゃ、休みたいので、みんなで仕事の振り分けを考え、木曜日に頑張ってやりましょう・・となった。
それでもどうしても週明けでないと無理な仕事もあって、やっぱり火曜日はすごく忙しくなりそうなのは仕方がない。
そんなわけで図らずも4連休がもらえた。

イースターといえば、うさぎ、たまご、チョコレート。私のイースターに対するイメージはそれである。キリスト教徒の人にとってはクリスマスに次ぐ大事な祝日であるが、私にはそうした宗教的側面がないので。
うさぎもたまごもかわいらしい見た目なので、イースターのものは私も大好きである。

子どもが小さい頃は、エッグハントなんてのにも連れていったものだけど。
いろんなところで行われるエッグハントは、大抵卵の形をしたチョコレートをあちこちにかくしておき、それを子どもたちが探して拾っていく。バスケットを手にせっせとチョコレートを探し、たくさんもらって大喜び。
とくにうちの息子なんてお菓子大好きだから、すごく真剣に取り組む。この熱心さをほかに活かしてくれればよいものを、と思うくらいだ。
チョコレート屋さんは、バレンタインやクリスマスに負けないくらいの稼ぎ時。

イースターは毎年日付が変わるが、春の訪れを感じさせる、という行事だ。
キリストの再生ってことで、新しく何かが始まるというような気分の春というのにもぴったりって感じだ。
あいにく今週末はあまり天気が良くないらしい、という予報。ただし、こっちの予報って当たらないから、外れてくれるといいけどね。
もっともどこにも行く予定がない私、きっと、犬の散歩と、掃除と洗濯と食料品の買い出しと、来週のためのご飯の下ごしらえ、といつもと同じ週末になりそうだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終わったけど・・子どもの春休み

2014年04月09日 | 子ども・家族
もうとっくに終わったのだが、3月の最後の2週間は学校が春休みだった。
私の住む市では去年まで春休みは1週間だった。何年か前から、近隣の他の市が春休みを2週間に延ばしたのだが、ここでは1週間のままできていた。
2週間休むことによって、学校の電気代とか暖房代の節約になるとも言われている。が、この市ではそれは大した節約にならない、と試算していたらしい。
それから、2週間休みとなると、一番困るのは両親ともフルタイムで働いているような家庭だろう。ティーンエイジャーならともかく、小学生くらいなら家に子供だけで残していくわけにはいかない。となると、誰か面倒を見てくれる人が必要になる。当然、そのためにお金も払わなくてはならない。終日子どもを見てもらうデイケアは結構高いのだ。

そんなこんなで、2週間の休みをためらっていたわが市であるが、今年からついに2週間の休みになった。
去年のうちからアンケートが配られて、春休みを向こう2年間は試験的に2週間にしてみることに賛成か反対か、というようなものである。
我が家は反対、として出したけど、「周りの市がみんな2週間にしているんだから、どうやったって2週間になるだろう。ただ、一応、市民の意見も聞きましたよ、民意を反映しているんですよ・・・って示したいだけに違いない。」と思っていた。
案の定(?)春休みは2週間となった。今年と来年の2年間は(それとも3年間だったっけ?忘れちゃった)試験的にやってみるとかいっているけど、2年が過ぎたらもう2週間の春休みは定着して「なかなかいいから、このままにしちゃうね!」となるのは目に見えている。

2週間に春休みが延びても正直なところ、うちにはあまり関係がない。
春休みにどこか旅行でも行くならいいかもしれないが。
子どもたちはやっぱり休みが長くなるのは嬉しいらしい。

楽しみにしていた春休み、うちの子どもたちはほんとだらだらと過ごしていた。
私は仕事に行くので、週に4日は9時ごろ出かけていく。帰りは5時過ぎになるとき、4時過ぎ、3時過ぎとまちまち。日々、子どもたちは実にのんびりと過ごしていたようだ。
まぁそれはそれでもいいのだが。
私のほうは、子どものお弁当作りがなくて楽だった。お昼御飯用にちょっとしたものを用意して置いておいたが。
また子供の送り迎えがないのも楽だった。
そして、道路もややすいているのも良かった。
これは、春休みに合わせて会社のお休みを取る人がそれなりにいるせいだと思う。

そんな春休みの一日、私の仕事が休みの隙に、子どもの歯の検診に連れていった。それがすこし時間が遅れたため、そのあとの予定が思ったより忙しくなった。
そこから電車でダウンタウンへいき、息子のパスポートを取りに行ったのだ。パスポートの受け取りには本人が出向く必要がある。私の仕事と子どもの学校の休みが重なるのはこの日しかない。
駅についたら、12時15分前・・・領事館は12時から1時まで昼休みになってしまう。そこで・・・
「走るよ!」
私と子どもたち、領事館を目指して走る!ダウンタウンの町中、昼時で人も多いってのに。
駅から領事館までは結構遠い。普通に歩いていたら間に合わない。
そして、11時55分に滑り込みセーフ。無事にパスポートを受け取ったのでした。

考えてみれば、1時間どこかでお昼ご飯食べて時間をつぶすという手もあったのだが。
しかし、うちの子たちは、あっという間に食べてしまい1時間も時間をつぶすのは無理かも・・・
そうしたら残りの時間をダウンタウンで何をして過ごすというのか。
「ねー、まだー」「ねー、早くー」などと、うるさくいう子どもと一緒にうろうろするのも嫌じゃい。

のんびりすごせた子どもたちとは対照的に私の束の間の休みは、あわただしく過ぎ疲れが残ったのであった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加