冬は雨降り・・夏は素晴らしき・・住めば都

チャー助です。
カナダ・バンクーバーに移住して16年ほど。生活・子育て・日本について思うこと等を綴ります。

大きなゴミ箱

2017年05月26日 | 生活
うちは集合住宅で、ごみは緑色のダストボックスが備え付けられている。基本的にいつでも捨てに行けるのが便利。マンションのようなところだと、こうしたごみ箱を設置しているのが建物の地下だったりするので、住民以外は入れないようになっていることが多い。が、うちはゴミ箱のあるところに鍵がかかる柵みたいなのがあるとかはなくて、誰でも捨てに来ようと思えば来られる。とはいっても、うちの周りは集合住宅が集まっているため、それぞれゴミ箱は設置されているし、ちょっと離れた1軒家の人がわざわざ捨てに来るってことはないけどね・・・(たぶん)
ただ、犬の散歩の途中でゴミ箱に立ちより、フンの入った袋を捨てていくなんて人は多少いるような気がする。いちおう、集合住宅地は私有地であり、関係ない人は入ってはいけないことになっているけど、門があるわけでもないので実際は通行自由。でも普通の常識では、私有地に自由に入って犬の散歩をするってことはまぁあまりないようだ。

さて、1年に1度、うちの住宅では大きなコンテナが来る。もちろん住民が毎月払っている管理費からお金は出てるんだけど。
春は大掃除の季節ってことでそれに合わせてやってくるのだ。このコンテナが来ると待ってましたと言わんばかりに、どさどさとゴミが運ばれてくる。椅子とか、ベッドのマットレス、タンス、などといった家具から、なんかの置物だとか、とにかくいろんなのが捨てられる。毎年、このように捨てるものが出るとは、みんないろんなものを抱えているのだなぁ、と感心してしまう。
いろいろ買ってきては、ごみとなって出ていく・・・そんな感じ。

私はこのコンテナが来るというお知らせを見て、張り切った。
今年こそはいつもより精を出して一番下の階にため込まれているものを整理して、どっさり捨てたいのだぁ~~~
だから早いうちからだんなにワイワイと言い続けてきた。
とにかく、片付けることは嫌い、だが、ため込むことは大好き、捨てることは大嫌いという人間なので、その気にさせるのが大変。
息子が下の階が片付いたら自分の部屋として使いたい・・・などと言うが、そんなのは夢語りのように聞こえる。それを実現させるのは本当に、本当に、本当に大変なことなのだ。部屋が片付くよりも子どもが独立して家を出るほうが早いんじゃないか・・?

コンテナが到着。待ってましたとどんどんゴミが運び込まれた。感心するくらいどっさりと。そしてあっという間にコンテナはいっぱいになってしまった。去年もそうだったから想定内だ。そして去年同様、コンテナ第1号は到着した2日後にはいっぱいになって運び出された。すぐに第2号が到着。第2号のほうは比較的ゆっくりといっぱいになっていくが、設置期間の終わるころにはもちろんいっぱいになっている。

私も、全くやる気のないだんなをけしかけて、今年はいつになく頑張った。私に任せるとなんでもかんでも捨ててしまうので、自分で捨てるものとそうでないものを仕分けるという。それだと、ほとんどが捨てないものになりそうなので、私が横で監督する。大変な作業だ。ストレスフル・・・
かなりのものを捨てた。それでも、捨てても捨ててもまだいろんなものがある。これは無限地獄?!(←造語です)
今年だけでは終わらないなぁ、ともちろん思ってはいたけど、考えていた以上にすごい。
息子が「なんでこんなになるまでほっておいたの?」というが、なんでなんだろう・・・? 一応、いろいろと言い続けてきたけど、だんなは言われたとおりにしないで、捨てない、片付けない、持ち込み続けるというのを続けてきた。言って言ってもダメなのだ。本当に、頭を抱えたくなるほど、言うことを聞かない。
で、だんなが言うのは「仕事で必要だから」。出た!なんにでも通用する(と本人が思っている)文句が。
実際、それを言われちゃうと、「は!?ほんとか?」と思っても、こっちとしてはそれ以上何も言えなくなってくる。

それに移住してから2年もしないうちに子育てに追われるようになって、カナダでの生活に慣れるようにしつつ、子供の世話をして・・・という生活で、正直なにがなにやらわからないうちに日々過ぎていたところもあったから、気がついたら、あのような大変な状態になっていた・・・ってところなんである。

とにかくたくさん捨てた。だんなは断腸の思いで(?)どんどん捨てた。私は、もっと捨てろ、捨てるんだ~~と鬼の形相になりながら。
それでもまだまだたくさんある謎のモノたち。と、私からするとなぜ取っておく?というモノたち。そうしたものが捨てられずに残っているのを見るのはストレスだ。

来年もまた大変な思いをしそうだ。来年までにまたモノが増えているっていう可能性もかなり高いし(泣)。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルバイト | トップ | 初夏 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生活」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。