冬は雨降り・・夏は素晴らしき・・住めば都

チャー助です。
カナダ・バンクーバーに移住して16年ほど。生活・子育て・日本について思うこと等を綴ります。

カナダ150周年

2017年06月20日 | バンクーバーとその周辺
今年は、カナダ建国150周年だそうだ。
150年って、改めて聞くと、そんなもんしか経ってないんだと思い、やっぱりカナダは新しい国だなぁと思う。
ちなみに今年はいろんな記念年でありまして、カナダでの新移民政策が実施されて50年とか、戦争中日系人が強制収容所に送られてから75年、とか。

150周年ということで、今年のカナダデー(建国記念日、7月1日)はいつも以上にお祭りムードになること必至である。
すでにあちこちで150を冠したグッズが売られている。
カナダの国旗は白地に赤い縦線が両端にあり、真ん中に赤いメープルリーフがあるので、カナダの色っていったら赤である。そしてモチーフはメープルリーフ。英国連邦として独立するまでは英国の一部だったわけなので、その当時はイギリスの旗を国旗として、「God Save the Queen(その頃はKingだったか)」を国歌としていたようだ。その後、カナダ独自の旗が作られるけど、そのデザインもいろいろ案が出たりしてたらしい。ということは、ソーシャルスタディーズという日本で言うなら社会の授業で習った。
現在の国歌は「オー・カナダ」であるが、その前に実は「メープルリーフ フォーエバー」(どんだけメープルリーフ好きなんだか)という国歌があったそうだ。だからカナダの歴史上、3曲の国歌があったことになるそうな。

私が見た150周年グッズで気に入ったのは、ティム・ホートンズの150周年記念デザインだ。





ちょっと写真はぼけ気味だが、カナダのあちこちのランドマークだとか、メープルリーフ、ビーバー、カナダギースなんかが描かれている。そんな中に、ドーナツや、ティムビッツ(小さいボール状のドーナツ)の箱、ティム・ホートンズと書かれた紙コーヒーカップといった、ティムを象徴するようなグッズも描きこまれている。
このデザインが私のツボにドハマり。絵の感じがなんかとってもかわいいし、さりげなく入ったティム物にもグッとくる。(私だけか?!)
コーヒーカップや、スリーブにこのデザインが施されているし、冷たい飲み物用の透明プラスチック容器には白いペンタッチで描かれているのも(やや見づらいのだけども)お気に入り。
すっかり気に入っちゃって、必要もないのにギフトカードを買ってしまった私。もちろん自分用にだ。
ギフトカードもこのコーヒーカップのような赤地に白のペンタッチで描かれている。だが、スペースの都合上、カップほどの絵柄がのってないのでいまひとつ満足いかない感じ。

ああ!可愛すぎる!と私一人で盛り上がっているのだが、それを見た娘が「かわいいことはかわいいけど。そんなに萌え萌え~なのはお母さんだけだよ」と一言。
え?え?そうかな・・・(汗)
そういえば私の萌えモードはけっこう変なところがある。ずいぶん前になるが、Tシャツのミリタリーロールに以上に萌えてたし(息子も萌え萌えになっていたが)。
これ↓



いまのところ、150周年グッズで私の心をいたく刺激するのは、このティムしかないのだが、もうすぐ7月1日でありこれを過ぎれば記念グッズは出てこないだろう、ということを考えると、この先も気に入ったのはこれしかないって具合になりそうだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏のコンサート2 | トップ | お仕事中 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

バンクーバーとその周辺」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。