教えて!ウォッチャー

注目記事

2010-07-24 17:00:00
生活お役立ち
コメント
(2)
「寝ようとすると眠れない」人は多いカチ、カチ… やけにうるさい時計の音。ボンヤリ天井眺めたり、しつこく寝返りを繰り返したり、落ち着こう。そう考えれば考えるほど、心臓はバクバクバク。いつの間にか窓からは朝日が差し込み、外からはチュンチュンとスズメの鳴き声が…。

眠れないというのは、嫌なものですね。特に夏場は熱帯夜も増えて、眠るにはさらなる困難を伴う季節。眠れない時、みなさんはどうしているのでしょうか。教えて!gooで、対処法を探してみましょう!

「夜なかなか寝られない時って、どうしてますか?」

ひつじを数えるのは無意味

   「無理に寝ようとせず、本を読んだりして目を疲れさせます。羊を数えるというのは、英語のSLEEPとSHEEPが似ているからで、日本語で数えても意味はありません」(s-401さん)

目を疲れさせると良いみたいですね。しかし羊を数えるという最も伝統的な対処法は、実は日本語では意味がない様子。残念…。気を取り直して対処法を探してみますと「映画を見る」「運動する」「アロマオイルをたく」「酒を少量飲む」「睡眠導入剤をのむ」などいろいろな方法が出ています。なかでも興味深かったのは、この意見。

   「私はガリガリ歪曲したディストーションサウンドのデスメタルを聴ききながらすぐに寝られます。ポイントは癒しの音楽ではなく、自分が気に入っている音楽です」(machongolaさん)

デスメタルなんて聴いたら目がギンギンに冴えてしまいそうですが、そうでもない様子。好きな曲ならば、激しい曲でも眠れるものなのですね。

熱帯夜で眠れない時の対処法

また、夏場は暑さとも戦わねばなりません。

   「冷たいところを探して、寝ようとする。でも自分の体温で暑くなるので、移動しながら寝ています」(wakarimameさん)

   「これから暑くて寝苦しくて、ついクーラーなんて… 夏風邪になります。窓を開けて扇風機をタイマーで回しながら保冷枕をして、リラクゼーション系の音楽をスリープタイマーかけて寝るのは、いかがでしょう」(t7148さん)

やはりクーラーに頼りすぎると夏風邪や電気代が心配です。それよりも私は、t7148さんがアドバイスするように『保冷枕』をおすすめします。額に当てる細い保冷枕をタオルで巻いて、枕と首の間に挟んで眠っていたことがありますが、これは快適でした。

眠れなくても大丈夫!横になるだけで「睡眠に近い回復効果」が

やはり眠るには「リラックス」することが大事。とはいえ、眠れなければ焦りは募っていくもの。しかし、

   「『たとえ睡眠の状態にならなくても、暗い所で眼を閉じて横にしていれば、睡眠に近い回復効果が得られる』と聞いてから、寝られなくても体を横にしています」(fuzikisekiさん)

という意見もあります。たとえ眠れなくても、横になっているだけで“睡眠に近い回復効果”が得られるのならば、少しは気が楽になるのではないでしょうか。“とりあえず横になって、眠れなかったら起きていよう”というくらいの心構えが大事なのだと思います。ちなみに私は、絵を描くとなぜか異様に眠くなります。普段全然使ってない右脳を酷使するからでしょうか…。

長浜十矢(Nagahama Jyuya) →記事一覧

■関連Q&A
眠れない夜には何をしますか?
どうしたら、眠れますか??

■関連記事
知っておきたい!快眠テクニック
どうしても眠いときに眠気を覚ます方法
コメント
(2)
 
コメント
 
 
 
ありがとうございます (いぬ)
2011-06-09 17:34:15
私は小学生で、3DSからみています。
このサイト、と~~~っても役に立ってます。
ありがとうございます



              いぬ
 
 
 
Unknown (もとぴぃ)
2011-08-26 21:12:44
私も最近寝られないで困ってたんですょ(TAT;
役に立ちます^^

ありがとうございます(^^)/
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。

携帯で読む

QRコードより
ケータイ版へ
アクセス!

URLをメールで送信
        するURLをメールで送信する

提供先

dメニューニュース

gooニュース

アメーバニュース

exciteニュース

ニコニコニュース

ネタりか

mixiニュース

livedoorニュース

goo
        ビジネスEX

教えて!gooウォッチとは

教えて!gooウォッチとは、「教えて!goo」に寄せられた、3000万件以上のQ&Aと、「おしトピ」に寄せられた回答を元にコラムを配信しているコーナーです。もっと読む>>

お知らせ

10/13をもってコメントはTwitterなどのソーシャルボタンでのみ受け付ける形へかわりました。コメント欄からの投稿ではなく、今後は記事上下にあるツイートボタン等を利用してつぶやいてください。