教えて!ウォッチャー

注目記事

2009-06-30 10:00:00
結婚
コメント
(2)
マッチ・ドットコムで結婚できますか?「恋と仕事のキャリアカフェ」を訪れる方の中にも、ネットでの出会い活動に取り組む方が増えました。恋愛・結婚マッチングサイト界でここ数年急激に利用者を増やしているのがマッチ・ドットコム(goo恋人探し)です。

世界中で1500万人が利用、日本でも2002年のサービス開始以来、利用者数は100万人を突破。そのメジャー感≒安心感と海外ともコミュニケーションできる点が人気の秘密のようです。

ある在米日本人女性が、マッチ・ドットコムを利用してさまざまな出会いを重ねた経験をつづった「ドットコム・ラヴァーズ」も話題になりました。先日、ついに「結婚」に特化したサービスも開始され関連記事参照、マッチングサイトや結婚情報サービスなど、“ネット婚活”はますます勢いを増しています。

出会いを目的としたものではなくネットゲームや趣味の掲示板で出会っての結婚、mixi婚も増えているようです。私の友人は、今のブームに先駆けること7~8年前に、ネットを通じて今のパートナーと知り合い結婚。披露宴でのなれそめ紹介においても「ふたりはインターネットを通じて知り合い・・・」ときちんとアナウンスされていました。

ネットでの出会いあれこれ

教えて!gooには、ネットでの出会いについてさまざまな質問が寄せられています。

「ポータルサイトの恋人紹介は信用できますか?」

「ネットで好きになった人が、他のサイトでも登録しているのを見つけた」

「『ネットで知り合った』と親や友達に言いにくい」

「ネットで人から好かれるには?」

「リアルで会ったら一気に冷めてしまった」

「みなさんが実際に出会えたサイトを教えてください」

決意としてのネット婚活

本気の婚活には決意が大切です。婚活や出会いの場面を楽しめる人はいいのですが、そうでない人にとっては、「慣れない」「怖い」「めんどくさい」「まだしなくてもいいかな」などなど、くじけそうになることが多々あります。そういうときこそ「どうしても結婚する」という、決意、決心、覚悟、コミットメントが大事になってきます。

実際、結婚相談所に登録した人は、すぐに別の出会いで結婚が決まるというケースが多いそうです。登録という第一歩を踏み出すには相当の覚悟と開き直りとお金が必要だったはずで、その決意が普段の行動にいい影響を与えるからでしょう。

ネット婚活は他のサービスに比べて、始める障壁が比較的低いのが特徴です。向き・不向きということで言えば、「意外に合コンよりも向いていた」「異性とコミュニケーションすることに慣れた」「少しだけ自信がついた」という感想も聞きます。結婚相談所への登録という「決意の1歩」が難しければ、「0.2歩ぐらい」から始めるのもいいでしょう。ものは試し。あくまで景気づけ、ということでネット婚活にトライしてみるのもありではないでしょうか?もちろん、その際、安全面には十分に気をつけるようにしましょう。

五百田達成(Iota Tatsunari) →記事一覧

■関連記事:
もう婚活、やめたい・・・
学歴が低いと結婚できない?
お見合いはコース料理みたいなもの!?
結婚式はしなきゃだめ?
コメント
(2)
 
コメント
 
 
 
マッチの結婚専門サービス (どう)
2009-07-01 17:23:30
マッチ・ドットコム マリッジ使ってみました。

最初はネット経由で紹介されるというのがピンときませんでしたが、やってみるとなるほど~という感じ。

ネット時代の婚活ってこうなんだ!と実感しました。
 
 
 
私もmatch.comで彼氏ができましたが。。。 (N子)
2009-07-01 17:32:17
まわりでも、結構match.comで相手を見つけたという人がいます。

サイト上でも、うまくいった人の話が紹介されています。

初デートからプロポーズまでわずか10日のケースなどもあり、びっくりです!



 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。

携帯で読む

QRコードより
ケータイ版へ
アクセス!

URLをメールで送信
        するURLをメールで送信する

提供先

dメニューニュース

gooニュース

アメーバニュース

exciteニュース

ニコニコニュース

ネタりか

mixiニュース

livedoorニュース

goo
        ビジネスEX

教えて!gooウォッチとは

教えて!gooウォッチとは、「教えて!goo」に寄せられた、3000万件以上のQ&Aと、「おしトピ」に寄せられた回答を元にコラムを配信しているコーナーです。もっと読む>>

お知らせ

10/13をもってコメントはTwitterなどのソーシャルボタンでのみ受け付ける形へかわりました。コメント欄からの投稿ではなく、今後は記事上下にあるツイートボタン等を利用してつぶやいてください。