教えて!ウォッチャー

注目記事

2011-05-17 07:00:00
恋愛
コメント
(3)
面倒くさい男女が増殖中?恋愛や結婚に対して後ろ向きな人が増え、恋愛ドラマも昔ほどヒットしない現在、「恋愛」は昔ほど「流行って」いない印象。恋と仕事のキャリアカフェにも「なかなか気持ちが恋愛に向かない」という悩みが多く寄せられます。そんな中、教えて!gooでも、

恋愛が面倒くさい

というQ&Aを見つけました。

「一人が気楽で良い。もう慣れたし」

質問者は男性で、気になる女性(25歳)がいます。ある日彼女から「もう2年ぐらい彼氏がいない。なんか面倒くさくて。一人が気楽で良い。もう慣れたし」と言われた彼は、「どうゆう心境なんでしょうか?」とショックを隠せません。

これに対しては、

   「私も時期によっては恋愛が面倒だな…と思うときがあります。彼氏がいなくても毎日楽しくやれているときとか」(hoo3rty99さん)

   「今、恋愛面倒くさいと思っている22の女です。彼氏いなくても毎日楽しいんです。土日は趣味で忙しいので、それを置いてまで、わざわざデートに出かけるほど、ひかれる人もいない。デートするということは、着飾らなきゃいけない。相手に気を遣わなきゃいけない。趣味を楽しんだほうがずっと楽しい」(yappazuraさん)

   「めんどくさい気持ち何となくわかります。時間の束縛やお金の使い道、お互いの気持ちの重さ・ズレとか。あとは傷つきたくないとか」(high002さん)

と、「私もめんどくさい」「分かる」という意見が多数。いっぽう、

   「あなたに対し、自分は今こういう状態の気持ちなんだ、って、無意識のうちにアピールしたいのかもしれません」(Us-Timooさん)

と、「その気がないのでは?」という指摘も。

いずれにしろ、

   「お相手の状況・状態・お気持ちをよく見極めて、動いていくのは、他の女性相手の恋愛と変わりないと思います。がんばってくださいね」(pink_010さん)

   「誰にでも一人になりたい時期ってあるものだと思いますよ。彼女の場合、それが今の時期なのかもしれないですね。まぁ、焦ったら負けですよ」(hu-shanさん)

と、声援を送る回答が多くなっています。

激しい恋愛はめんどくさい

現在、恋愛の旗色が悪くなっているのにはいろいろな要因があります。

娯楽や情報が充実し、恋愛よりも楽しいことが増えたことは大きな一因。また、コミュニケーションがどんどん希薄化・簡便化する中で、エネルギーを必要とし、傷つくリスクも高い恋愛は、文字通り「めんどくさい」ものとして見られがちです。

小説や映画の中のような燃えるような恋愛が復活することはなく、むしろ静かで低体温でゆるゆるとした恋愛が、今後ますます増えていくことでしょう。

五百田達成(Iota Tatsunari) →記事一覧

■関連Q&A
23歳男です。人付き合い、恋愛が面倒に感じます
22歳の女です。最近、恋愛は面倒だと思いだしました

■関連記事
彼氏がいない時期をどう楽しんでる?
女性が一人でごはんを食べる姿はどう映っている?
コメント
(3)
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2011-05-18 08:38:21
恋愛というか恋愛に付随する商業主義が面倒くさくて仕方がないですね。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2011-05-18 08:39:46
相手との関係が段々上手く行かなくなって、別れに至るまで過程が、なんとも言えず辛いんですよね。

相手の思いが醒めてきたり、浮気心が働いたりしているのは、いくら隠しても伝わってくるもの。
もうこれに耐えるのがイヤなので、恋愛とはご無沙汰しています。

最近もアメリカの某州の元州知事が、自らの浮気によって長年連れ添ってきた妻と別れたニュースがありましたが、他人のこういう話を聞くと、益々自分も恋愛や結婚をする気が失せます。

一人でいるときの方が自由だし、自分にも自信が持てるし、何より上記のことで悩まなくていい。
これからもずっと一人でいるつもりです。
 
 
 
邪魔くさぃ (ロミオ)
2011-06-07 00:04:35
同じかも知れません。居てると互いに多少なり気を使ったり、
たまに一人になりたいときとか

でもつねに一緒だと苦痛になるとき有るかもですo(^-^)o

今ゎ一人がたのしぃし充実してるし
それなりに居てなくても大丈夫って感じになりましたわ(笑)
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。

携帯で読む

QRコードより
ケータイ版へ
アクセス!

URLをメールで送信
        するURLをメールで送信する

提供先

dメニューニュース

gooニュース

アメーバニュース

exciteニュース

ニコニコニュース

ネタりか

mixiニュース

livedoorニュース

goo
        ビジネスEX

教えて!gooウォッチとは

教えて!gooウォッチとは、「教えて!goo」に寄せられた、3000万件以上のQ&Aと、「おしトピ」に寄せられた回答を元にコラムを配信しているコーナーです。もっと読む>>

お知らせ

10/13をもってコメントはTwitterなどのソーシャルボタンでのみ受け付ける形へかわりました。コメント欄からの投稿ではなく、今後は記事上下にあるツイートボタン等を利用してつぶやいてください。