教えて!ウォッチャー

注目記事

2009-11-10 10:00:00
社会
コメント
(4)
最近の女性誌の付録がすごいのはなぜ?ここ数年、女性ファッション誌の付録が注目されています。以前はそれほどクオリティの高くないものが多かったのですが、最近ではブランド各社やメーカーとのコラボレートにより、そのアイテムの種類は増え、クオリティも高くなるいっぽう。ポーチやミラーはもちろんのこと、トートバッグ、タイツ、ビーチサンダルと、いまや何が付録についていても驚かなくなりました。

そこで出てくる素朴な疑問が、なぜこんなことになったのかということ。教えて!gooにも

「最近の女性誌はなんでこぞって付録がついているの?」

という質問が寄せられています。回答者のひとりで、実際に化粧品メーカーに勤める女性は、

   「これは付録の広告主の宣伝が目的です。広告主は、たくさんの人に付録を手に取ってもらい、広告主の製品やサービスを認知してもらう。雑誌社は、雑誌がたくさん売れる…という訳です」

と、分かりやすく付録の仕組みを解き明かしてくれています。さらに、

「雑誌の付録が豪華すぎて心配になる」

という質問では、付録DVDのあまりの豪華さに「どちらが付録なのか分からない程。嬉しいけれど大丈夫なのでしょうか?」と心配する質問者に対して、

   「雑誌は、実売ではなく広告収入で成り立っています。女性ファッション誌1冊が獲得する広告収入は、雑誌によっては何億円もの額にもなるのです。その中から雑誌制作に必要な経費や流通経費等を差し引いても、充分利益を得られます。ですのでご質問者様が心配なさる程ではありません」

と、これまた明快な答えが寄せられています。その他、

「付録はファッション誌を選ぶ決め手になる?」

「付録のミニバッグの使い道は?」

「買う店によって付録が違うなんてことある?」

などの質問も寄せられています。

出版不況を打開できるか?

出版社やメーカーの思惑通り、実際に付録目当てで雑誌を購入する人は増えていますし、付録を起爆剤に急激に部数を伸ばした雑誌も登場するなど、「出版不況」「雑誌が売れなくなった」と言われる現代では珍しく、明るい話題を提供してくれています。

いっぽうで、「肝心の誌面は読まずに、すぐ捨ててしまう」という、昔の「お菓子とオマケ」のようなエピソードも聞かれるようになりましたし、「PINKY」「シュシュ」と付録が大活躍するはずの女性誌・ファッション誌の休刊も相次いでいます。

この付録ブームは果たして出版業界を救えるのか?これからも見守っていきたいと思います。

五百田達成(Iota Tatsunari) →記事一覧

■関連Q&A
ファッション雑誌の付録のみを安く欲しい。
雑誌の付録についていたエコバッグ使ってたらダサイ?
コメント
(4)
 
コメント
 
 
 
付録いらない…から安くして (nobodyknows)
2009-11-10 12:05:56
正直、付録なんていらないですね…
あまり使い道のあるものって個人的にはないですし。
結局ごみを増やすだけ…申し訳ないけどやっぱりチープに見えてしまいます(当然といえば当然ですが)
たまにつく程度なら良いですが毎号なんていりません。
その分安くしてくれよ…というのが本音。
そのせいか徐々にどの雑誌も値上げしてきてますよね。
 
 
 
なるほど (air)
2009-11-10 12:26:24
付録は広告商品なので、価格には影響しないってことですね!
私個人は、ペットボトルについてくるノベルティの方が気になります。雑誌付録とは違う(つまりコスト)になっている気がします・・
 
 
 
いりません! (sui)
2009-11-10 22:11:23
ブランド名を強調してるけど、やっぱり質は良くない。中途半端で使い道もない。
値段も高くなってるし。

雑誌の内容をチラッと見て買いたいのに、
付録万引き防止のゴムがかかっていて、
中を見られない。

とにかく、いいことないです!。
 
 
 
自分バージョンに (おまけ好き)
2009-11-11 09:49:54
 昔からおまけが好きだったので購入することが多いのですが、イマイチバッグの取っ手の長さが気に入らなかったり中袋が欲しかったりで自分で使いやすく縫い直して使っています。バッグインバッグにしたりするとそれなりに便利ですよ。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。

携帯で読む

QRコードより
ケータイ版へ
アクセス!

URLをメールで送信
        するURLをメールで送信する

提供先

dメニューニュース

gooニュース

アメーバニュース

exciteニュース

ニコニコニュース

ネタりか

mixiニュース

livedoorニュース

goo
        ビジネスEX

教えて!gooウォッチとは

教えて!gooウォッチとは、「教えて!goo」に寄せられた、3000万件以上のQ&Aと、「おしトピ」に寄せられた回答を元にコラムを配信しているコーナーです。もっと読む>>

お知らせ

10/13をもってコメントはTwitterなどのソーシャルボタンでのみ受け付ける形へかわりました。コメント欄からの投稿ではなく、今後は記事上下にあるツイートボタン等を利用してつぶやいてください。