教えて!ウォッチャー

注目記事

2011-10-01 16:00:00
学問・教育
コメント
(1)
正しい日本語なのか「最近の若者は言葉遣いがなっとらん!」というセリフは、ドラマやマンガなどでもおなじみのもの。しかし最近は、年配者も怒るにも怒れない「?」な日本語が一つ登場しています。それは「なるほどですね」というもの。

顧客に『なるほどですね』という営業の人

質問者のrodo7777さんは、仕事で接する取引先の人たちに「なるほどですね」という言葉を使う人が多いことに、最近気がついたとのこと。しかも業種や男女を問わず、この言葉はかなり一般化している実感があるのだとか。筆者も、取材先の企業で何度かこの言葉を耳にしていて、以前からとても気になっていました。

そしてrodo7777さんは「これは共感を表す『なるほど』の丁寧語なんだろうか…」と首をかしげつつも、公の場で使われるのには違和感があるとのこと。しかし、あまりに多くの人が使っているので、「この言葉はもはや主流?」と疑問を投げかけています。

「なるほどね」を丁寧語にした表現だった…!?

回答を見ると、やはりこの言葉を実際に耳にして、違和感を感じていた人が多数いるよう。しかし、それを注意すべきかどうかは、意見が分かれるようです。

   「おそらく『なるほど…』と言い捨てると、ぞんざいな気がした人たちが、敬語をかぶせて作った造語だと思います。しかし、こうした『独りよがり敬語』が変な雰囲気を醸し出すことを、言っている本人は気づかないんだと思います。時には指摘して、注意を促すのも良いと思います」(oozora2000さん)

   「おっしゃるとおり通り、これを言う人が増えてきました。私も『なるほどですねー』は嫌です。(中略)…その人にとっては会話の潤滑油として癖になってしまったのかもしれません。どんなに一般的になっても、違和感のある言葉は自分では使わないようにしよう。お互いそんな感じでどうでしょう?」(noname#91724さん)

さらには「違和感なし」という人も。

   「何とも思わないです。自分でもきっと使っていると思います。(中略)…相手も自分の発言を否定されるのではなく、認められたことになるので、その後は話がより弾む感じがします。丁寧語とは思っていなくても、悪い言葉だと思っていないから、使う人が多いのかも」(hms1533さん)

丁寧にしゃべろうとしているんだなという雰囲気は伝わってくるので、「間違いだ!」と断罪しにくいのが、この言葉の難しいところ。しかし、「不快感」はなくとも「違和感」を感じている人が多いのは確かなので、社内で後輩などが使っていたら注意してあげたほうがいいかもしれません。

そして国語的に解釈すると「間違いは間違い」との指摘も。

   「『なるほど』は相手の説明に合点がいった時の感嘆詞。活用せず、単独で文になり得る。『です』は体言について指定の意味を表す丁寧語、助動詞。『ね』は相手に念を押す間投助詞。『なるほどです』自体が国語的に誤りですが、『なるほどね』は別に誤りでもありません。『なるほどですね』は『なるほどね』を丁寧語にした表現だと思います」(topy7014さん)

思わず「なるほどですね!」と相槌を打ちたくなる見事な分析!あ、こういう時に使うのか…。

古澤誠一郎(Furusawa Seiichiro) →記事一覧

■関連Q&A
「なるほどですね」違和感ありませんか?
「楽しかったです」「美味しかったです」って正しい?

■関連記事
「ら抜き」言葉って気になりますか?
男性の「普通にかわいい」って、ほめ言葉?
コメント
(1)
 
コメント
 
 
 
Unknown (花田)
2011-10-02 02:00:14
「なるほどですね」はおかしいのではないでしょうか。

それにしても言葉遣いがなっとらんのは私たち若者だけですか?歳をとった世代はどうなんでしょうか?
変なカタカナ語、誤った用法、簡単な字を使おうとの当て字・・・こういうのをメディアで広まったのはどういうことでしょう。

年齢が上の管理職などが社内できちんとチェック機能を果たしていなかったのではと思っています。
客に物を宣伝する広告に「お求め安い」なんて変な日本語が当たり前のように使われるんだから。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。

携帯で読む

QRコードより
ケータイ版へ
アクセス!

URLをメールで送信
        するURLをメールで送信する

提供先

dメニューニュース

gooニュース

アメーバニュース

exciteニュース

ニコニコニュース

ネタりか

mixiニュース

livedoorニュース

goo
        ビジネスEX

教えて!gooウォッチとは

教えて!gooウォッチとは、「教えて!goo」に寄せられた、3000万件以上のQ&Aと、「おしトピ」に寄せられた回答を元にコラムを配信しているコーナーです。もっと読む>>

お知らせ

10/13をもってコメントはTwitterなどのソーシャルボタンでのみ受け付ける形へかわりました。コメント欄からの投稿ではなく、今後は記事上下にあるツイートボタン等を利用してつぶやいてください。