教えて!ウォッチャー

注目記事

2011-01-26 07:00:00
社会
コメント
(2)
店を出ると傘が…ない!雨の日に入ったコンビニ。買い物を済ませ傘立てを見ると、さっき入れたはずの自分の傘がない…! こんな経験ある人、結構いると思います。こういうとき人はどう行動するのか? 教えて!gooのQ&Aからそんな問題を探ってみました。

傘立てに入れた傘、間違えて持っていかれたら

こちらの投稿者localtombiさんは、傘を間違えて持って行かれたが、傘立てにはたくさんの傘がある…雨はまだ降り続いている…そんな状況の時どうするかと、質問を投げかけています。これについて寄せられた意見は大きく2つに分かれました。

   「濡れて帰る」(dell_OKさん)

   「あきらめて濡れて歩くか、ビニール傘を買います」(k-josuiさん)

という意見の一方で、

   「とりあえず、別の人の傘を持っていっちゃいます」(kyht1126さん)

   「適当にいっぱいある傘の中から1本抜いちゃいます」(marucheeseさん)

と、ほかの傘を持って行くという意見が多く寄せられました。

ビニール傘は見分けが付きにくい?

ただし、他人の傘を抜くといっても「盗む」という感覚ではなく、

   「間違えられたのが明らかであれば、間違えられたほど似ていたのでしょうから、似ている傘を失敬する」(keirimasさん)

というように、おそらくはビニール傘限定で「間違いをリレーする」という感覚のようです。そうはいっても、

   「仕方が無いのでダッシュします。濡れるのは仕方ありません。持っていかれたから、自分も…と言う事はしたくないので」(sukekenさん)

   「最安のビニール傘なら、自分も間違わない自信がありません。見分けつかないし。だからって自分も勝手に持ち去ったら同罪か、確信犯故それ以上の罪になるので、多分買うと思います」(motacillaさん)

これらコメントの通り、ビニール傘は見分けが付きにくいので、間違って違う傘を持っていってしまうことはありそうです。しかし気付いた時点で過失とはいえません。そんなシチュエーションに至らないためにも、

   「間違えて持っていかれない、盗んだとしてもすぐバレバレになりそうなハデハデな傘を使っています」(amekichiさん)

   「店内に持って入れる場合には、持ち込みます。持ち込めない場合は、わざと傘立てに入れずにその近くに置きます。そうすれば、人が『間違える』可能性は、かなり低くなると思います。故意に盗るのまでは、防げませんが」(-Lorenzo-さん)

結局、誰かに持って行かれないよう自分で工夫するしかなさそうです。また、こんな意見も寄せられています。

   「職場の仲間が買ったばかりの傘を駅に置き忘れたかなにかして、駅の職員さんと30分近く探し回ったことがありました。それはもう、すんごい量だったらしいですよ。結局見つからなかったそうです。これをリサイクルすれば立派な『エコ』だと思うんですけどね~」(noname#102281)

ちなみに1年間に警視庁に届けられた傘はなんと37万本(2008年)。なんらかの方法で傘を公共物としてシェアできれば、これも立派なエコ対策となるかもしれません。

Photo by june29

三枝大介(Daisuke Saegusa) →記事一覧

■関連Q&A
傘盗むのなんか何でもないですか?
助けて!!傘を盗られない方法教えてください!!

■関連記事
社内で窃盗事件! でも会社は動いてくれない
勝手に他人のゴミ袋を開ける人、どう思う?
コメント
(2)
 
コメント
 
 
 
by井上揚水 (傘がない)
2011-02-01 00:28:20
リーマンの集う居酒屋でそれなりの傘をパクられて以来、傘立てに居れなくなった私。
世の中にはどうしようもなくどうしようもないクズ共で溢れかえってるから仕方ない。
パクられるリスクを店が保障しかねる以上、個人での管理に対する文句の云われはない。
世のゴミ共の存在を正しく評価し、店は傘立てを全面撤去すべき。
傘立てが軒先にあったとしても、客はそれを利用しないべき。
 
 
 
Unknown (Unknown)
2011-02-06 13:29:38
良い傘は10年20年もちます。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。

携帯で読む

QRコードより
ケータイ版へ
アクセス!

URLをメールで送信
        するURLをメールで送信する

提供先

dメニューニュース

gooニュース

アメーバニュース

exciteニュース

ニコニコニュース

ネタりか

mixiニュース

livedoorニュース

goo
        ビジネスEX

教えて!gooウォッチとは

教えて!gooウォッチとは、「教えて!goo」に寄せられた、3000万件以上のQ&Aと、「おしトピ」に寄せられた回答を元にコラムを配信しているコーナーです。もっと読む>>

お知らせ

10/13をもってコメントはTwitterなどのソーシャルボタンでのみ受け付ける形へかわりました。コメント欄からの投稿ではなく、今後は記事上下にあるツイートボタン等を利用してつぶやいてください。